もけのペット日記−一覧表示


[ホームページ][基本表示][文字検索][編集画面]

全ての日記を表示します。

2003/08/25(月) 帰ってきました [ ]

2週間強、東京に行っている間、愛犬くっぽはペットホテルに、ハムスターのパルは友人に預けていました。
パルは昨夜、友人宅へ引き取りに行きました。友人いわく「威嚇するので怖くて触れなかった」そうです。ケージの入り口を開けて手を差し出すと自分から乗ってくるはずなんだけどなぁ。
くっぽは今朝ホテルへ迎えに行ったのですが、ちゃんと覚えていてくれて嬉ションでお出迎え。私や子供たち一人一人の匂いをかいで、あいさつしてくれました。帰宅中の車内でもはしゃいで興奮ぎみ。車から降りると一目散で家の中へ入りました。かわいいやつよのぉ。

2003/08/08(金) ダンボールの中身は… [ ]

今朝、東京旅行の荷物をあらかじめ宅急便で送っておこうと、大きなダンボール箱に詰めて車に積もうとしていたところを隣のおばさんが目撃して「くっぽの屍骸を運んでるの?」と声をかけてきた。目が点。
大きな重いダンボールをわっせわっせと運んでいたからって、そりゃないよ。くっぽはまだ2歳で元気ハツラツなのにさ。

2003/08/07(木) くっぽとの最後の散歩 [ ]

9日からしばらく東京へ遊びに行きます。くっぽはその間ペットホテルに預けます。
明日は台風10号が通過するそうなんで、今夜の散歩が東京行きまでに散歩してやれる最後の散歩だったかもしれない。
パルは友人に預けて行く予定でーす。

2003/08/06(水) ダイエット散歩 [ ]

くっぽの散歩は普段は娘の役目なんだけど、今週からもけもやってます。なぜかというと、部分痩せダイエットができるからなんでーす。
TVで観たところによると、やせたい部分をよくマッサージして10分以内にウオーキングなどの軽い運動を15分以上すれば、その部分だけ痩せられるそうです。これを1日2回やればいいらしい。お腹がぷっくり気になるもけは、これを実践してみることに決意しました。ただウオーキングするだけだとすぐに飽きそうなんで愛犬との散歩がてらやることにしたのです。一石二鳥でしょ。
日中は猛暑なんで早朝と夜にやってます。早起きもできるようになって一石三鳥かもしれない。

2003/07/22(火) ヤモリくん [ ]

あー、びっくりしたなー、もう。
布団に寝転がろうとしたら、先客ヤモリくんがもけの布団で寝ていたよ。大急ぎで息子を呼んで、つかまえてもらいました。ヤモリくんには庭へ矯正退去してもらいました。
もけの布団、居心地よかったのかなぁ…。

2003/07/13(日) おすわりハムスター [ ]

ジャンガリアン・ハムスターのパルが、おすわりしたまま居眠りしているのを発見!
以前「ハムスター倶楽部」というハムスターマンガに、オスのジャンガリアンが足を投げ出しておすわりしている姿がよく描かれていたんですが、そんなハムスター今まで見たことありませんでした。ついにおすわりハムスターを目撃できたという感じ。
オスはタマタマがあるので、おすわりしやすいんですかね!?今度また目撃できたら激写に挑戦してみますね。

2003/06/04(水) 犬の爪切り [ ]

くっぽの爪切りをしてやりました。散歩で爪は自然に削れるんだけど、狼爪だけは切ってやらないと。なんだけど、爪きりのとき娘と二人掛かりで、片方がくっぽを動かないように押さえ、もう一方が爪切りをするというやり方でも、くっぽに激しく抵抗されてしまうのだぁぁ!獣医さんからやり方を何度教えてもらっても、家に帰ると忘れちゃうんだよう。
狼爪って先祖返りなんだってね。くっぽに狼爪がなければ、こんな苦労はしないのにー。

2003/05/13(火) 神経質なハムスターのその後 [ ]

随分慣れたのに、いまだに気に入らないことがあるとジージー鳴いて抗議するパルくんです。寝てるところを起こされたり、回し車を楽しく回しているのを邪魔されると、うるさいうるさい。
これはもう、パルの性格の問題なんでしょうね。今まで飼ったハムスターの中で一番うるさいヤツです。神経質ってことは、臆病者ってことなのかな。それともオスのジャンガリアンは、こういうものなのかしら?

2003/04/06(日) 手乗りパル [ ]

ハムスターのパルくんが、手の上に乗ってくれるようになりました。でも、緊張するのか、手の上に乗せてやるとウンチをプリプリするんだよねー。豆粒のようなウンチですが、続けざまに5個も6個も出てくるので「よくそんなに貯めてたなー」と驚きます。
今日はハムスターボール(透明なプラスチックの球にハムスターを入れて部屋を散歩させるもの)に入れて、携帯電話のカメラで撮影してやろうとしたら、おしっこまで漏らされてしまいました(涙)。ちょろちょろ動き回るので、追従性の低い携帯電話用カメラだと上手く撮れない!ムキ〜!

2003/04/02(水) 神経質なハムスター [ ]

我が家にパルがやってきて4日目ですが、いっこうに鳴れる気配がありません。ケージのそばに人が近づくだけでジージー鳴いて威嚇してます。今まで飼った歴代ハムスターの中で一番神経質君かも?
ジージーと威嚇しているパルの写真を撮ったら、笑ってるように見えるんだけどね…。

2003/03/30(日) ハムスターを買いました [ ]

大雪師走のマンガ「ハムスターの研究レポート」第7巻が発売されたので、買って読んだら子供たちが無性にハムスターを飼いたくなったらしい。昨年末無くなったジャンガリアンハムスター・ぷーたんのケージをきれいにし直して、今朝、新しい家族を迎えにペットショップへ行きました。お店のジャンガリアンハムスター(パールホワイト)のケージで共食い事件が発生していました。餌がなくて空腹のため、死んだ仲間を食べ始めたらしい。子供が発見して店員さんにすぐに教えましたが…他のケージでも共食いの残骸があったりして、ひどい店だなーって思いました。子供がこの店からハムスターを救出したいって泣いて、共食いしていたパールホワイトからあえて一匹を購入することになりました。
我が家の一員になったのはオスのジャンガリアンハムスター。名前は安直に「パル」と名づけられました。

2003/03/21(金) くっぽと散歩 [ ]

今日は天気もよかったので、近所の公園にくっぽと遊びに行きました。その公園に行ったのは久しぶりだったので、くっぽも満悦だったようです。長く伸びるリードに付け替えてやると走りまわったり、草に体をこすりつけて転がったり。ボールなど遊び道具も持っていってましたが、それには見向きもせず自然を満喫していました。午前中には一緒にお墓参りにも行ったんだよね。お寺の入り口でちゃんと待てができていました。

2003/03/21(金) ペット思い出話(ウズラ後編) [ ]

ある日のこと、土間の扉を開けたままうっかりその場から離れた一瞬の隙に、野良猫に一羽連れ去られてしまいました。オスの方だったかメスの方だったから記憶は定かではないけれど、ショックでしたね〜(涙)。その後後を追うように残った一羽も息をひきとってしまいました。寂しかったのかなぁ。

2003/03/12(水) ペット思い出話(ウズラ前編) [ ]

もけが小学生のとき、ペットショップで見つけたウズラを猛烈に飼いたくなって父に買ってもらいました。ツガイで飼ったんですが、オスの方はおっとりお人よしタイプ、メスの方はじゃじゃ馬タイプで、性格の違いが明確な二羽でした。普段は鳥かごに入れてましたが、うちには土間があったので、よくその土間に放し飼いにしてやってることもありました。あるときは裏の田んぼの中へ逃げちゃって探すのに苦労したり(稲が生えてたため)、またあるときは私の後を追ってきていることに気がつかずに扉を閉めたらクチバシをはさんで鼻血(?)をださせてしまったことなど、いろいろなエピソードを思い出します。交尾のときにオスがメスの上に乗ることがよくあり、落ちないようにオスがメスの頭の羽毛をくわえるもんだから、メスの頭がハゲてかわいそうなこともありました。この二羽のおかげで、当時はよくウズラの卵を食させていただいてましたね。つづく→

2003/03/09(日) ペット思い出話(ジュウシマツ編) [ ]

もけは小学生の頃ジュウシマツのツガイを飼ってました。子供も増えてにぎやかになっていたんですが…ある日のこと、ジュウシマツたちが大騒ぎしている声と物音がするので「なにごと!?」と見に行ってみたら!!鳥かごの中に蛇が侵入してジュウシマツを食べているところでした!何羽か食べてしまったようで、蛇の胴体がふくらんで鳥かごの隙間から出られなくなってひっかかってました。
も〜、怖いのもあったけど、ジュウシマツを食べられてショックだったよ〜(涙)。その蛇は父に捕まって、風呂釜で焼かれてしまいました。それもちょっとショッキングだったなぁ。

2003/03/06(木) ペット思い出話(金魚編) [ ]

一昨年のことなんですが、息子が金魚を飼い始めました。その金魚、飼い始めたときは金魚すくいの金魚くらいの大きさだったのに、ものすごい勢いで成長して半年後には手のひらサイズくらいの巨大金魚に!あまりの成長ぶりに、ちょっと怖かったよ。そして一昨年の猛暑の夏、息子が夏休み旅行で不在中、金魚の世話をもけが任されたのですが…猛暑のせいか金魚が瀕死状態になってしまいました。もけは大慌ててペットショップで薬を買ってきて入れたり、室温を調整してやったりしてやったのですが、その甲斐なく金魚たちは昇天してしまいました。旅行から帰ってきた息子が大泣きしたのは語るまでもない…。息子よ、申し訳ない!

2003/03/01(土) ペット思い出話(ピヨ編後編) [ ]

ある日曜日、突然ピヨの姿が見当たらなくなりました。どこに行ったのか、両親に尋ねてみたら衝撃の事実が!!なんと、父の同僚が食べるためにピヨをもらって帰ってしまったそうでした!ペットを食用にするなんて…。ほんとに唐突だったんでお別れもしてないし、ショック大きかったですよ〜(涙)。その後、ピヨの奥さんたちもよその農家に引き取られていきました。奥さんたちは採卵用にだったらしい。それ以来、ヒヨコを飼ったことはありません。

2003/02/27(木) ペット思い出話(ピヨ編前編) [ ]

ピヨは縁日で買ってもらったニワトリです。売られていたときはヒヨコだったから「ピヨ」と名づけられました。縁日で買ったヒヨコでニワトリになるまで成長したのは、ピヨが最初で最後でした。巨大・凶暴ニワトリで(マンガ「動物のお医者さん」に出てくるヒヨちゃんそっくり!)、庭に放しておいたら野良猫も避けて通ってました。近所の子供を追い掛け回して泣かせたこともあり、私も追いかけられて竹箒で殴ってやっと諦めてくれたこともあります(竹箒が折れた!でもピヨは無傷!)。
このピヨ、大人になってからは大きなニワトリ小屋を父に作ってもらい、3羽のチャボを奥さんにもらいました。子孫も増えて、休日には庭を悠々と闊歩していたのですが…→つづく。

2003/02/20(木) キッチンの扉が直った! [ ]

くっぽに割られたキッチンの扉をやっと修理してもらえました。ガラス交換するだけだとまた割られるかもしれないので、ガラスの代わりにアルミ製の板をはめこんでくれました。
くっぽもこの間、割れたガラスに近づけないようリードを短くされて不自由な生活だったので、元に戻してもらえてやれやれと思っていることでしょう。リードを短くされているときは、ケージの奥までリードが届かなかったので、入り口に首を伸ばして眠るという不憫な格好をしていたから(その姿がいかにも反省してシュンとしているように見えて、あわれさを誘ってた。でも自業自得なんだけど)。

2003/02/19(水) ペット思い出話(パピー編) [ ]

ペットの思い出の中で一番古いのが、もけが幼児の頃我が家で飼っていたスピッツ犬のパピー。庭の犬小屋で暮らしてた。はしゃいで姉の周りを走りまわり、姉のあしにパピーの鎖がからまって泣いていたのを覚えています。当時はスピッツが流行っていた頃だったのかな。両親が知り合いのスピッツ飼い主から、生まれた子犬を譲り受けたんだって。もけはあまりに幼かったためよく覚えてなかったんだけど、にぼしをおやつにやってた記憶はあります。パピーは若くして亡くなったようだけど、今から思えばフィラリア感染だったのかも。たぶん予防薬なんかやってなかっただろうし、調子悪くなったときに咳をしていたように思います。死んだパピーを泣きながらダンボール箱に入れてやり、父と一緒に近くの大きな川へ流しにいったんだよね。いまはそんなことしちゃいけないと分かるんだけど、当時はそうやって弔ってやるものなのかと思ってました。現代はペットの葬儀だとかお墓だとか、いろいろペット産業が流行ってますよね。でもペットの弔い方は、飼い主によっていろいろなんだろうなぁ。
[前の20件] [次の20件]
[1][2][3][4]

mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)