もけの囲碁日記


[ホームページ][一覧表示][文字検索][編集画面]

1ページに一月分の日記を表示します。
2003 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月

2004/12/18(土) 久々の囲碁日記です。 [Windows/XP]

碁会所レッスン続けてます。日記はさぼってたけど…。

あいかわらず息子は3子局、もけもけは5子局でレッスン受けてます。うう、なかなか昇級しなくなってきてます。

息子の今日のレッスンは、序盤に形が崩れて後をひきずり中押し負け。最近の息子、あいもかわらず序盤が苦手です。

急戦をしかけたがるので、先生が「序盤はもっとじっくり打つように」と再三注意してるんだけど、なかなかじっくり打てないんですね〜。もけもけの目から見ても、大場が見えてないっていうか。急戦をしかけるから、序盤で形勢が決まってしまい、大負けか大勝ちか極端なんですよね。

かといって、気をつけすぎると序盤に緩着を打ってしまう。すると、地合いが足りなくなって、結局相手に戦いを挑まなければならなくなり、上手相手だと撃沈してしまうんですよね。う〜む。

もけもけは久しぶりのレッスンでした。なかなか予定が合わず、このところ1ヶ月に1〜2回くらいしかレッスン受けれてないんじゃないかな。

でも今日のレッスンでは3目勝ちしました。序盤で見損じから大損しちゃったんで、そこを間違ってなかったら白は形勢が悪くて一発勝負の戦いを挑まないといけない碁だったそうです。

もけもけの序盤感覚、息子の攻め合いの力がミックスできたら、最強になれそうなんだけどなぁ。

2004/10/13(水) 先週と今日の碁会所レッスン [Windows/XP]

先週末にあったレッスンでは、ヨセでうまい手筋(というほどのものでもないかも)があったのを見落として8目負けでした。
先生に「ここに気づかれると思ってたのに」と言われたけど、ぜんぜん気がついてませんでした!

今日のレッスンでは、右辺で終盤にたくさん持ち込みしちゃったのが敗因で4目負け。なんか手がありそうだったんだけど、うまく立ち回れなかったのでした。

息子は先週末は中押し負け。序盤に形が崩れて苦しい内容でした。でも、今日は先生に中押し勝ち!快勝譜だったと思います。
先生からも「もうこれからは地合いでいかないと、無理すると咎められてしまう。まいった」と言われ上機嫌の息子でした。

もけもけがレッスン中、以前息子が4子置かせてもらってたおじさんと息子が再戦。今日は2子局だったのに1勝1敗だったんだって。

2004/10/07(木) 息子が初段の免状をいただきました [Windows/XP]

まだ手元には届いてないんですが、息子が初段の免状をいただくことができました。
数週間前、日本棋院岡山支部であった棋力認定大会に出場し、6勝1敗という好成績を修められたためです。
東京本部に成績を送って裁定待ちだったのですが、昨夜連絡があったのです。よかったよかった。

昨日は碁会所レッスンもあって、息子ももけもけも先生に勝ちました。
お互いがレッスンを受けてる間、碁会所のお客さんにお相手していただきました。そのお客さんには、もけもけは中押し勝ち(もけもけの先番コミなし)、息子は1勝1敗(相手に二子置かせて)でした。

お客さん相手の碁は、中盤にもけもけの中央の上辺よりの大石を追いかけられてしんどかったんだけど(1眼しかなかったため)、上辺の白地にうまく逃げ込んで、反対にそこにあった白の大石を殺して圧勝。
先生とは1局目は大きな模様の碁になっちゃって地合いがだいぶ足りなかったんです。でも2局目は細かい碁になって、右辺の白石を殺し、下辺もコウになったのですが、コウ材に使われた左上の大石を捨ててコウに勝ちました。白は振り代わりでもけもけの左上の大石を取ったことになったのですが、もけもけが取った右辺から下辺にかけての儲けの方が大きくて、結果はもけもけの5目勝ち!
攻め合いやコウになるとヒヤヒヤしちゃって目算どころじゃなくなっちゃうんだけど、今回は大きい方を取れてよかった!

2004/09/29(水) 近況 [Windows/XP]

ずっと日記をさぼってました。
この間もちゃんと碁会所レッスンには通ってますよ♪
息子は3子、もけもけは5子のままですが、特に息子は最近調子いいみたいです。
今日も3目差でしたが先生に勝ってました。

先日、息子は子どもだけの段級位認定大会に「初段」で出場して、6勝1敗の好成績でした。
いま、日本棋院本部に成績を送っていただいて裁定待ちなんですが、うまくいけば「二段」の免状をもらえるかもしれないそうです。

もけもけも、囲碁クラブの三地区合同囲碁大会で、初めて全勝して優勝することができました。(一番下のクラスですが。)
いままで2勝がやっとだったんで、ちっとは進歩してるってことですよね。うれしいな!

2004/09/01(水) ずーっと日記をさぼってましたね [Windows/XP]

東京旅行前からバタバタしちゃってて、ずっと書いてませんでした。帰ってきたらきたで、オカヤドカリに夢中になってて書く気がどうも起こらなくて。

とはいえ、ちゃんと碁会所レッスンには通ってますよん。
先週は先生に2目勝ちできたのに、今日はボロ負けでした。終盤あちこち失敗しちゃって。嗚呼、やはり終盤力が…。

息子も今日は5目負け。先週のレッスンも負けてます。東京で緑星学園で鍛えてもらったのですぐに昇段できるかと思ってたんですが…。
緑星学園では好調で腕を上げたと思われたんですが、緑星の子どもと碁会所の先生では打ち方が違うため、あいかわらず先生には苦戦するようです。

2004/08/10(火) 碁会所一人レッスン [Windows/XP]

日曜は、もけもけ一人で碁会所レッスンに行きました。息子がいないと寂しいなぁ…。いたらいたで、うっとおしいんだけど(笑)。

時間があったので2局レッスンしてもらいました。
1局目はお互いに大模様の碁になって、5目負け。隅を荒らされたのが痛かった。
2局目は細かい碁で、中盤、もけもけの中央の大石があわやセキにされるかと肝を冷やした場面もありましたが、慎重にしのいで15目くらい勝てました。5子局で久々の勝利です。やった!

息子は東京のおじいちゃんに二子置かせてもらって二連敗したらしい。
この夏の間におじいちゃんをやっつけられるよう、頑張れ!

2004/08/07(土) 息子の夏休みの予定 [Windows/XP]

今日の碁会所レッスンはお休みです。息子が東京のおじいちゃんちに遊びに行ってしまったので。
さっき空港まで見送りに行ってきました。

息子の東京滞在期間は2週間。その間に、緑星学園に参加、プロ棋士さんの指導碁も受ける予定です。
東京のおじいちゃんも碁打ち(三段くらいらしい)なので、息子と手合わせするのを楽しみにしてくれてます。

もけもけは1週間おくれで息子たちに合流します。楽しみだなぁ。


2004/08/04(水) また日記をさぼってました [Windows/XP]

先週の碁会所レッスンの日記をつけるのを忘れてた!

先週水曜は、息子がレッスン受けている間、もけもけはお客さんにお相手していただきました。
四段の強い人に6子置きで。ん? 四段に6子ってことは、もけもけは2級ってことになっちゃうんですけど…。思ったとおり、惨敗してしまいました(涙)。

息子のレッスンは「これに勝てたら2子に上がっていいよ」と、せっかく先生がチャンスをくださったのに、いつものように序盤を大事に打たなくて負けたそうです。あ〜、もったいない。

土曜のレッスンでも、2局とも、序盤で無理したり、石の方向感覚がおかしくて投了した息子。
「布石や序盤を勉強しなおさないと、この先、伸び悩むよ。期待の星なんだから頑張れ」と先生にカツを入れられてしまいました。
だから棋譜並べの勉強をしなよって言ってるのに、これまたやらないんだよね〜。
ってか、学校の夏休みの宿題もぜんぜんやらないし。どうするんだ、息子よ!

2004/07/27(火) 第49回本因坊秀策囲碁まつり [Windows/XP]

因島に行ってきましたよー。
一泊二日で、囲碁まつりを堪能してきました。
詳細レポはblogの囲碁コラムに書きました。
まとめるのが大変だった力作です。
読んでみてくださいね。

2004/07/17(土) 今日の碁会所レッスン [Windows/XP]

今日は息子も、もけもけも勝てました!

とはいえ、息子の碁は「内容が悪かった」と評され、レッスン3連勝目だったけれど昇段は無しでした。
序盤に弱石を作って放置してたのがなぁ…。なんとかしのげたからよかったけど危ない所でした。

その後、息子が3子置かせてもらって、お客さんと2局打ってましたが、形勢判断や作戦の立て方がまずくて中押し負けしてました。
1局は観戦したんですが、序盤に相手の大石を取って圧倒的に優勢で、あとは地をかせぎながらじっくり堅く打ってれば優位は変わらなさそうだったのに、相手の手に惑わされて方向違いの受け方をしたり、カナメ石がアタリにされたのを見落としてたり。
あとで聞いたら「だって、今日は頭が回らなくて、2、3手先も読めなかったんだもん」と言い訳してました。

もけもけのレッスンは2目勝ちの碁でした。中盤にもけもけが放った、上辺の白の一等地を荒らす手が決まり、白地を大きく削減し、黒は左上隅の地が大きくふくらみました。
先生は、そこで投げようかと思ったくらい痛手だったそうです。
その後、白の猛攻をあちこちで受け、コウもバンバン発生して、しんどかった〜。
そのうち一つのコウ争いのとき、もけもけの右上隅の黒石を殺されても、先生の左辺の白の大石を振り代わりで殺せる手があったそうで、それには気がつかなかったよ。その手にもけもけが気がついていたら圧勝だったみたい。
でも、2目勝ちと僅差の碁だったけど、内容はよかったと褒められちゃった。うれしいな。

2004/07/15(木) 息子は快調、もけもけは不振 [Windows/XP]

昨日の碁会所レッスンでは、息子が絶好調って感じでした。

先生に中押し勝ち、ライバルで同じくらいの棋力の一歳年上のお兄さんには2連勝、碁会所のおじさんたちにも2連勝。「今日は絶好調だ!」と本人も言ってました。

対するもけもけは、先生にも負け、碁会所のおじさんにも負けて、いいところなしだったよ。
現実は厳しいなぁ。

2004/07/10(土) 今日は二人とも快勝! [Windows/XP]

碁会所レッスンの日でした。今日は息子も、もけもけも、快勝でした〜!

息子の碁は、終盤近くに先生が息子の左辺の地に打ち込んで荒らそうとした手が無理で、打ち込んだ石が全部死んだだけでなく、中央下辺よりで生きていた白の大石まで死んでしまいました。
先生、その大石が死んでると気がついてなかったみたいで、ヨセで手入れしようとして、ハッと気づき、投了されました。

もけもけとのレッスン碁も、先生がミスって、30目くらい勝ってしまった。
終盤近くに、先生の上辺の大きな地の中にダメもとで打ち込んだんです。その石、単独での生きは難しかったのですが、その石たちを利用して右上隅の白石を大きくえぐり取れたのが勝因。

二人とも、先生のミスで大差で勝てた碁なので、素直にそのまま喜んでちゃいけないんだろうけど、快勝ぶりが気持ちよかったんですよね。
次回は、相手のミスでなく、自分の好手で勝てるよう頑張ろう!

2004/07/07(水) 碁会所レッスン [Windows/XP]

最近の碁会所レッスンは、息子ももけもけも、あいかわらずの感じです。

息子は3子局で受けてますが、どうしても序盤に戦いを仕掛けていく、大石を殺そうとする癖が抜けません。うまくいけば大勝なんですが、失敗するとボロボロになって中押し負け。
そういう碁は、勝率が悪いから、じっくりと我慢する碁を打ちなさいと毎回言われているのにできません。

私は5子局で受けていて、終盤に弱いのです。中盤まではいい勝負してるようなんだけど、中盤後半から終盤にかけて、無理な手を打ってしまって大損して大破というパターン。
打ち始めるまでは「今日は慎重に」って思うんだけど、終盤近くなると目算ができていないために、「このままでは足りない」と思ってしまって突撃しちゃうんだよね。
あとで先生に聞くと、「いい勝負だったのに、ここの手で無理しすぎて数十目損をしたね」って言われる。うむぅ…。

2004/07/07(水) ずっと囲碁日記をさぼってましたね [Windows/XP]

少年少女囲碁大会の県予選大会の日から、ずっと日記をつけてませんでしたね。
忙しかったのもあるけど、息子の結果があまりにも悪くて書く気が起きなかったというのもあります(汗)。

遅まきながら、6月最後の日曜にあった、県代表選抜戦の結果は、息子は全敗して最下位の成績でした。

前回の団体戦予選のときに勝てた子にも負けてました。その碁は勝ち碁だったのに、終盤に肝心のところを手抜きして大石をとられてた。
他の碁も、相手の強さに気後れしてか、最初から無茶な手を打ったり、味を消してしまったり、悪手で序盤から苦しくなって大差で敗北。

スタッフの強い人が検討してくれたら、じっくりと正しい形でやっていれば息子がまだまだやれたり、息子の方が優勢だったという碁もあったのに、あせったへんな手(相手の石にすぐにつけて、相手を強くして味を消し、自分が薄くなるというような手)を打ったために、苦しくなってるという、まあ、いつも碁会所の先生から注意されている「じっくりと打て。序盤から相手の大石を取りに行くな」という点が、本番でも守れなかったという碁だったわけです。

優勝は無理だと思ってたけど、せめて1〜2勝、それがダメでも、健闘した内容の碁が打てればいいと思っていたのですが、それもできなくて残念でした。

2004/06/23(水) 今日の戦績 [Windows/XP]

息子がレッスンを受けている間、もけもけは碁会所のお客さんと打つことに。
三子置かせてもらって打ちました。結果は惜しくも4目負け。中央に黒模様を作らせまいと進入してきた白石をほおっておきすぎました。数えてみると、中央の白地は意外と大きく、20目くらいありました。もう少し、小さく生かさせればよかった。
でも、お相手してくださった方も、観戦していたおじさんたちも「強い」と言ってくださいました。あとでお相手してくださった方の棋力を尋ねると「2段」だそうでした!2段に3子で4目差なら上出来だったのかな。

その間、息子のレッスン碁は二局目の中盤戦に進んでいました。序盤から戦いに入ったらしく、あちこちの大場が残ったまま、右辺の黒と白の大石同士が攻めあい中。でも、黒の手数の方が足りず、黒石撲滅で息子投了。
その碁も、一局目のレッスン碁も、息子の方から序盤に仕掛けて玉砕の碁だったそうです。あいかわらず、じっくりと布石を打ててないみたい。先生からも「3子局で、4子局と同じように打っていてはだめ」と注意されていました。

もけもけのレッスンは、息子の戦闘的な碁を見たあとだったので、今日は白が黒模様を消しに来た手にことごとく反発して厳しい手を打ってみました。
結果的にはうまくいかなかったけれど、「白も危ういところがいくつもあった。応手を間違えればやられるところだった。こういう碁もヨミの練習になるからいい」と評されたよん。
攻め合いに弱いんで、またレッスンでは試してみようかな。レッスン碁だと勝敗をあまり意識しなくていいので、いろんな打ち方を試してみれますもんね。

2004/06/19(土) 息子の必殺の手 [Windows/XP]

今日の碁会所レッスンは息子だけやってもらいました。
中盤に、息子の大石と先生の大石が攻め合い・シノギ合いになり、それにコウ争いも加わっておもしろい碁でした。

攻め合いで負けて、息子の大石が死んだばかりか、コウで黒地を荒らされて地合い負けしそうになりました。ところが終盤近くに息子が必殺の一手、放り込みが勝敗をひっくり返しました。息子の死んだはずの石が復活し、結果は20目勝ち! その放り込みの手には、先生ももけもけも気がつかなかったのでした。

勝敗とは別に、もうすぐ少年少女囲碁大会の県代表選抜戦なので、それに備えて対局時計を使ってのレッスンにしてもらってたのですが、息子の押し忘れがひどかった。まあ、持ち時間以内には打ち切ってたのですが、十数手忘れたまま、なんてこともしばしば。
来週のレッスンも対局時計でやってもらわなくっちゃ。

2004/06/17(木) 昨日の碁会所レッスン [Windows/XP]

ああ、急いで書かないと「おとといの」になってしまう!

昨日のレッスンでは、また息子が序盤から仕掛けてしまい、撃沈してしまいました。ん〜、ニ連勝後だったので、勝てば4子→3子→2子とスピード出世になれたのになぁ。惜しい!
序盤に仕掛けたところでコウになり、そのコウは白にとっても黒にとっても譲れないコウだったのに、わりとあっさり引いてしまったんだよね。それが敗因。まだ大場はたくさんあったし、黒は自分の弱い石から仕掛けたのが悪かった。「もっと辛抱して打てるように」といつも言われてるのに、息子はこらえ性がないんでしょうか。

もけもけのレッスンも悔いが残る碁でした。優勢だったのに、左上隅の石にダメを詰められたとき「まだ大丈夫だろう」と安易に手を抜いて、他のヨセにまわってしまったがために、その左上隅の黒が死んでしまって20目以上の大損!逆転されてしまいました。一手、手入れしておくだけで生きてたのに!あ〜、ばかなことをした。
前回のレッスンから5子になり、前回は10目以上負けたので5子では辛いのかなとちょっと自信喪失だっただけに、2回目の今日は優勢を保てて調子よかったから自信もちなおしかけたのに…。

2004/06/12(土) 世界アマの記念イベント「縁台囲碁1000人打ち」 [Windows/XP]

参加してきましたよー。息子と一緒に。楽しかったです!
詳細レポートを囲碁コラムに写真つきで書いているので読んでみてくださいね。

とうとう世界アマ関連イベントが終わっちゃった。待つのは長かったのに(SARSで延期されて2年近く待った!)、始まってしまうと「あ!」っという間に終わってしまった気がします。
楽しいことはすぐ時間がすぎちゃうよね。

今日の碁会所レッスンでも、先生に昨日のイベントの報告しちゃいました。

レッスンは今日は息子だけやってもらったんですが、前回に続き中押し勝ちした息子。3子にあげてもらって間もないのに、絶好調みたいです。ニ連勝しちゃったから、次回はもう試験碁!? 今日の碁も囲碁コラムで載せちゃってるので、よかったら見てやってくださいね。

2004/06/09(水) 置石がひとつ減って始めてのレッスン [Windows/XP]

息子は今日から3子、もけもけは5子でレッスンです。

息子の一局目は、左上の白のコモクに一間とびでかかったところをミスして形がくずれ、息子の中押し負けになりました。でも、気をとりなおして二局目は、終盤に白の大石の目をつぶして中押し勝ちしました。最後の方は、碁会所のお客さんたちがいっぱいギャラリーになって「おもしろい」と観てました。

もけもけはというと16子負けで、冴えない碁でした。その間、息子は碁会所のお客さんと一局お手合わせしてもらってて、息子がかなり優勢だったらしいのですが、終盤にお客さんが一か八かで打ったところを息子が見損じでミスし、大逆転されたそうです。でも、お客さんたち口をそろえて「強くなった」と関心してくださってました。

2004/06/08(火) ちょっと残念だったこと [Windows/XP]

息子は忘れ物等多くて、いつも学校の先生に迷惑かけてるんで、先日のこども大会準優勝という明るいニュースを先生に届けようとしたんです。

賞状をコピーしてやり、担任の先生は囲碁を知らない先生らしかったので、大会の説明もしてあげたら?と息子にアドバイスして送り出したんですが…。

学校から帰ってきた息子に「どうだった?」と訪ねたら、先生は「ふ〜ん」と興味なさそうに返事しただけで、賞状もちらっと見ただけで返されたのだそう。

いくら囲碁に興味なくても、子どもが課外活動で頑張ったことをもうちょっと認めてくれてもいいんじゃない!? いい先生だと思っていただけに残念です。

これって、親ばかじゃないですよね? 昨日まであんなに喜んでいた息子が、先生の反応を語るときは元気なさそうで不憫でした。
[次の20件]
[1][2][3][4][5]

mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)