もけの囲碁日記


[ホームページ][一覧表示][文字検索][編集画面]

1ページに一月分の日記を表示します。
2003 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月

2004/07/27(火) 第49回本因坊秀策囲碁まつり [Windows/XP]

因島に行ってきましたよー。
一泊二日で、囲碁まつりを堪能してきました。
詳細レポはblogの囲碁コラムに書きました。
まとめるのが大変だった力作です。
読んでみてくださいね。

2004/07/17(土) 今日の碁会所レッスン [Windows/XP]

今日は息子も、もけもけも勝てました!

とはいえ、息子の碁は「内容が悪かった」と評され、レッスン3連勝目だったけれど昇段は無しでした。
序盤に弱石を作って放置してたのがなぁ…。なんとかしのげたからよかったけど危ない所でした。

その後、息子が3子置かせてもらって、お客さんと2局打ってましたが、形勢判断や作戦の立て方がまずくて中押し負けしてました。
1局は観戦したんですが、序盤に相手の大石を取って圧倒的に優勢で、あとは地をかせぎながらじっくり堅く打ってれば優位は変わらなさそうだったのに、相手の手に惑わされて方向違いの受け方をしたり、カナメ石がアタリにされたのを見落としてたり。
あとで聞いたら「だって、今日は頭が回らなくて、2、3手先も読めなかったんだもん」と言い訳してました。

もけもけのレッスンは2目勝ちの碁でした。中盤にもけもけが放った、上辺の白の一等地を荒らす手が決まり、白地を大きく削減し、黒は左上隅の地が大きくふくらみました。
先生は、そこで投げようかと思ったくらい痛手だったそうです。
その後、白の猛攻をあちこちで受け、コウもバンバン発生して、しんどかった〜。
そのうち一つのコウ争いのとき、もけもけの右上隅の黒石を殺されても、先生の左辺の白の大石を振り代わりで殺せる手があったそうで、それには気がつかなかったよ。その手にもけもけが気がついていたら圧勝だったみたい。
でも、2目勝ちと僅差の碁だったけど、内容はよかったと褒められちゃった。うれしいな。

2004/07/15(木) 息子は快調、もけもけは不振 [Windows/XP]

昨日の碁会所レッスンでは、息子が絶好調って感じでした。

先生に中押し勝ち、ライバルで同じくらいの棋力の一歳年上のお兄さんには2連勝、碁会所のおじさんたちにも2連勝。「今日は絶好調だ!」と本人も言ってました。

対するもけもけは、先生にも負け、碁会所のおじさんにも負けて、いいところなしだったよ。
現実は厳しいなぁ。

2004/07/10(土) 今日は二人とも快勝! [Windows/XP]

碁会所レッスンの日でした。今日は息子も、もけもけも、快勝でした〜!

息子の碁は、終盤近くに先生が息子の左辺の地に打ち込んで荒らそうとした手が無理で、打ち込んだ石が全部死んだだけでなく、中央下辺よりで生きていた白の大石まで死んでしまいました。
先生、その大石が死んでると気がついてなかったみたいで、ヨセで手入れしようとして、ハッと気づき、投了されました。

もけもけとのレッスン碁も、先生がミスって、30目くらい勝ってしまった。
終盤近くに、先生の上辺の大きな地の中にダメもとで打ち込んだんです。その石、単独での生きは難しかったのですが、その石たちを利用して右上隅の白石を大きくえぐり取れたのが勝因。

二人とも、先生のミスで大差で勝てた碁なので、素直にそのまま喜んでちゃいけないんだろうけど、快勝ぶりが気持ちよかったんですよね。
次回は、相手のミスでなく、自分の好手で勝てるよう頑張ろう!

2004/07/07(水) 碁会所レッスン [Windows/XP]

最近の碁会所レッスンは、息子ももけもけも、あいかわらずの感じです。

息子は3子局で受けてますが、どうしても序盤に戦いを仕掛けていく、大石を殺そうとする癖が抜けません。うまくいけば大勝なんですが、失敗するとボロボロになって中押し負け。
そういう碁は、勝率が悪いから、じっくりと我慢する碁を打ちなさいと毎回言われているのにできません。

私は5子局で受けていて、終盤に弱いのです。中盤まではいい勝負してるようなんだけど、中盤後半から終盤にかけて、無理な手を打ってしまって大損して大破というパターン。
打ち始めるまでは「今日は慎重に」って思うんだけど、終盤近くなると目算ができていないために、「このままでは足りない」と思ってしまって突撃しちゃうんだよね。
あとで先生に聞くと、「いい勝負だったのに、ここの手で無理しすぎて数十目損をしたね」って言われる。うむぅ…。

2004/07/07(水) ずっと囲碁日記をさぼってましたね [Windows/XP]

少年少女囲碁大会の県予選大会の日から、ずっと日記をつけてませんでしたね。
忙しかったのもあるけど、息子の結果があまりにも悪くて書く気が起きなかったというのもあります(汗)。

遅まきながら、6月最後の日曜にあった、県代表選抜戦の結果は、息子は全敗して最下位の成績でした。

前回の団体戦予選のときに勝てた子にも負けてました。その碁は勝ち碁だったのに、終盤に肝心のところを手抜きして大石をとられてた。
他の碁も、相手の強さに気後れしてか、最初から無茶な手を打ったり、味を消してしまったり、悪手で序盤から苦しくなって大差で敗北。

スタッフの強い人が検討してくれたら、じっくりと正しい形でやっていれば息子がまだまだやれたり、息子の方が優勢だったという碁もあったのに、あせったへんな手(相手の石にすぐにつけて、相手を強くして味を消し、自分が薄くなるというような手)を打ったために、苦しくなってるという、まあ、いつも碁会所の先生から注意されている「じっくりと打て。序盤から相手の大石を取りに行くな」という点が、本番でも守れなかったという碁だったわけです。

優勝は無理だと思ってたけど、せめて1〜2勝、それがダメでも、健闘した内容の碁が打てればいいと思っていたのですが、それもできなくて残念でした。


mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)