もけの囲碁日記


[ホームページ][一覧表示][文字検索][編集画面]

1ページに一月分の日記を表示します。
2003 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月

2003/11/22(土) 職場の上司と [ ]

ジュニア囲碁十傑戦の前哨戦として(?)、ときどき打ってもらっている私の職場の上司と息子が対局しました。
いままでずっと置き碁だったのですが(ついこの前まで3〜4子くらい置かせてもらっていたと思う)、明日の試合はたぶん有段者の子ばかり出場してくるだろうから、上司とも思い切って互い戦で対局してもらいました。そうしたら、なんと息子の快勝!
まあ、上司は自称2級だと言っていたので、1級の息子が勝てるはずではあるのですが、この前まで置石置いてやってたのはなんだったんだろう!?って感じかもしれませんが。

2003/11/22(土) 対局時計 [ ]

明日にジュニア囲碁十傑戦を控え、今日の碁会所レッスンは対局時計に息子が慣れるためのレッスンをしていただきました。
家にも対局時計はあるんですが、ずっと使ってなかったので、押し忘れの多いこと!あと、序盤からいつもの調子で責め合いにしちゃったこともあり、時間切れになるわ、碁の内容も手が荒れるわで散々だったようです。先生から、対局時計を使う試合の場合のアドバイスをいろいろいただきました。
そのあと、念のために十傑戦の事務局に問い合わせてみたところ、本戦で対局時計は使わない予定って。…ガク!

2003/11/20(木) ふれあい囲碁その2 [ ]

同じ囲碁クラブに参加している中学生のお兄さんも参加していましたが(でもそのお兄さんは普段はテニス部なので忙しくて滅多に囲碁クラブには顔を見せません)、他の生徒たちは少し碁を打ったことがある程度だったみたい。講師が慣れない説明をしてくれたけど、専門用語入ってたし、みんな理解できてるのかなぁ?と心配になってしまった。
その後、向かいの席に座っている者同士で、19路盤対局を行いました。私の相手は中学生の女の子。布石や死活が分かっていないようで、あっさり圧勝してしまいました。ふと、隣でやってる息子の対局を覗いてみると、もっと容赦のない(相手の子はほとんど全滅)碁になっていました。あとで息子は「だって、相手が弱いからって甘く打ってあげるのは逆に失礼かと思って。全力で対局させてもらったんだよ」と弁解?していましたが。次の対局では9子置かせてあげたそうでしたが、それでも話にならなかったらしい。まあ、二眼とか死活が分かっていないと無理もないよなぁ。
最後には、参加者全員で連碁をやってみました。時間切れで途中までしかできなかったけれど、ハラハラドキドキの連碁で面白かったよ。

2003/11/20(木) ふれあい囲碁その1 [ ]

日記に書くのを忘れていました。16日(日)に娘が通っている中学校で「ふれあいサンデー」という行事がありました。日曜参観みたいな感じで、いろんな体験コーナーがあって地元の方が各コーナーの講師になって生徒に教えてくださるというものでした。
娘はアートフラワーを体験するというので、私と息子は囲碁のコーナーを覗いてみることにしました。息子は中学生じゃないけど混ぜて教えてもらうことになり、私もしばらく様子をみてから娘のコーナーへ移動しようと思っていたら、生徒の対局相手が足りないということで急遽受講生として動員されてしましました!
囲碁の講師に来られたのは、息子と私が参加している囲碁クラブの方でした(笑)。

2003/11/19(水) 先生に中押し勝ち! [ ]

息子が小学校の学習発表会があったため、碁会所に着いたとき疲れていたので、今日は私が先にレッスンを受けました。
今日は我ながら上出来の6子局でした。最後の小ヨセの段階で、数えても私が勝っていたところ、右上隅から右辺にかけての白地がコウかセキになる妙手を発見。結局コウになったけれど、白には良いコウ材がない状態だったので先生が投了しました。その妙手をよく発見したと、褒められました!中押し勝ちは気分が良いものですね。
息子は私のレッスン中お昼寝モードでした。たたき起こして息子のレッスンの番になりましたが、疲れがとれていないので試験碁は次回に先送りして、今日はただのレッスンということで指導碁してもらいました。固く打って、息子の7目勝ち。「試験碁にしてもらってればよかった〜」と後悔していました。次回はジュニア十傑戦の前日にレッスンがあるので、対局時計に慣れるよう時計を使ってのレッスンをしてもらえるそうです。

2003/11/16(日) 特訓の成果!? [ ]

今週半ばから、ジュニア十傑戦に向けて息子に囲碁の猛勉強をしろとやらせていた成果なのか、今日の碁会所レッスンは好調だったようです。(「ようです」というのは私は仕事で付いて行けなかったため息子からの伝聞情報のみなのです。)
レッスンを二局やって、どちらも息子が中押し勝ちしたらしい。次回試験碁だそうです。
まー、特訓と言っても、私が見てなきゃすぐさぼって漫画ばかり読んでいるし、やってることは詰碁・棋譜並べ・ネット碁・布石の本の勉強くらいなんですが。自分でやると決めたからには、言われなくてもやって欲しいところなんだけど、息子の決意はすぐに忘れ去られるからなぁ…。

2003/11/12(水) 久しぶりのネット碁 [ ]

息子にはえらそうなこと言ってる私ですが、実践不足は否めません。いつも棋書や詰碁や棋譜並べはやってるんだけど、久しぶりにKGSで打ってみました。
ネット碁やるならKGSなんですが、たま〜にしか打たないので未だに15K?のランク。今日は16Kのロシア人の人と、私が白番コミ0.5目でチャレンジ。しかーし、最後の小ヨセで大ポカをして大石取られちゃって(つないでおけばよかっただけなのに)中押し負けの結果となってしまった!あとで棋譜をダウンロードして、ちゃんとつないでおいたらどうなってたか計算してみたら半目勝ちになるはずでした。ああ、悔やんでも悔やみきれない!
対局相手の方が申し訳なさがってundoしましょうかと言ってくれたけれど、自分のミスはミスなので(狙いがあったので、アタリにされたらついでその後切るつもりだったのに、アタリにされたときに考えていた狙いの手を先に打ってしまった)潔く負けを認めました。
これでまた17K?にランクが下がっちゃったよ。とほほ。

2003/11/12(水) 今日の碁会所レッスン [ ]

息子も私も惨敗でした。
息子は中央の攻め合いで見損じがあり、13目負け。私は、手抜きしていた(二眼作るか、まだ逃げ出せると思っていたため)大石が死んで40目くらい大負け。手抜きしないで手を入れてたら勝ってた碁だったみたい。
なんか、二人して冴えないなぁ。帰宅してから、息子には囲碁の勉強をさせました。自分で「十傑戦まで頑張る」と言ってたくせに、やっぱりせかさないとやらない。この一週間半でどのくらい棋力アップできるか、限界に挑戦してみて欲しいんだけどな。十傑戦はツワモノ揃いのはず。覚悟して挑んで欲しい。

2003/11/12(水) ジュニア囲碁十傑戦 [ ]

今年から「ふれあい囲碁」が主催で小中学生対象の「ジュニア囲碁十傑戦」が催されることになったそうです。岡山の大会の案内が昨日届きました。
級位認定大会も一緒にあるみたいだけど、息子はもちろん十傑戦の方へ参加させます。もちろん、と書いたけど、実は息子に最初尋ねたときは、棋力認定戦の方に出たいとか言ってたんですよ。しかもBクラス(3〜4級)でと。1級の認定証持ってるのに、なにふざけたこと言ってんの!
十傑戦は有段者の強豪が参加するだろうから、息子にとっては厳しい戦いになるでしょうが(オール互い戦なので)、出るからには精一杯頑張ってほしい。ということで、今日から十傑戦の日(11月23日)までわずかしかないけど、死に物狂いで頑張ってみようってことになりました。ほんとに頑張れるのかな?頑張ってほしいな。

2003/11/11(火) 先週末の碁会所レッスン [ ]

日記書くのを忘れてました。
先週土曜日の碁会所レッスンでは、息子はやっと4目勝ち。内容は布石段階でまた白地を荒らしに行っちゃって、白石を強くしながら黒地になるはずの予定地を逆に荒らされて…って感じでした。残っているとは思わなかった。布石感覚を磨けば、5子局卒業どころか一気に3子局まで上がれそうな棋力はあるのに…と先生のお言葉。
私の6子局レッスン2回目は、中盤しくじって20目くらい負けちゃった。

2003/11/06(木) 息子、流血!! [ ]

息子もレッスンを受けましたが、最近不調なのか、また序盤から形が崩れて負けてました。布石の段階でいきなり相手の石を攻めに行き、自分の地を確保しないでひたすら攻め(?)続ける最悪の内容でした。布石をもっと大切にしろ!
碁会所から帰宅した息子に、そのあと更なる悲劇が待ち受けていました。お姉ちゃんと、ガラス戸ごしに喧嘩して、ガラスをぶちやぶり、左手首に大きな切り傷(10cmくらい)2本作って流血騒動!噴出すほどではなかったけれど、なかなか血が止まらないので、私もパニックぎみ。夜だったので、近所の整形外科に駆け込んで無理を言って処置していただきました。幸い傷は浅くて縫うほどではなかったそう。血に弱い私は、その処置を見ているうちに急に血の気が引いちゃって気絶しそうになっちゃったよ。なんとか休み休み家にたどり着きました。
まったく、もう!おかげで、ひきかけの風邪が一気に悪化してしまったよ。

2003/11/06(木) 6子局に昇級して初レッスン [ ]

昨日、6子での初レッスンを受けました。天元の石がなくなって不安…と思いながらも何の対策も考えずにレッスン日を迎えてしまった。
ところが思いもかけず、結果は9目勝ち!やったー!この調子でいけば次の昇級は早いかも?でも7子になったばかりのときも出足好調だったけどなかなか上がれなかったからなぁ…。
このままの調子を崩さず、昇級を目指したいです。

2003/11/02(日) 囲碁クラブの続き [ ]

そのあと、そのおじさん、息子とは4子で打ってた。息子と私では5級くらい違うのに…。
次に対局した人は1級だと分かっていたので6子置かせてもらっていい勝負でした。終盤で相手の欠陥をついた手がうまくいって、囲碁クラブで久しぶりに勝つことができました。やはり適正な手合い割りだといい勝負ができるんじゃん!とちょっと気持ちが持ち直しました。
息子は今日は連敗だったみたい。かなりガックリきてました。でも、息子の場合は十分張り合えるはず。惨敗を続けたことで、肝心なところでよく考えないで打ってしまうのが結果として致命的なミスになっている、という自分の欠点が見えてきたそうです。負けをバネに頑張れ〜!

2003/11/02(日) 下手いじめ? [ ]

今日は囲碁クラブの日。先週もけはサボってしまったので今日はまじめに行きました。
最初に打ったおじさんには手も足も出ず玉砕!「私(もけ)は7級くらいなんですけど何子置かせてもらえばいいですか?」「では5子で」と5子局で打ったんですが、厳しく責められて辛かった。あとで本当の手合い割りは9子だったらしいと分かった(「9子置かせたら辛いと思って」と言っていた)。なら、5子で勝てるわけないじゃん!
囲碁クラブでは厳しく責められて負けっぱなしという感じで、行くのが憂鬱になることもあったんですが、手合い割り違いが多いんじゃないかなぁと思いました。これって一種の下手いじめ?
そういえば、同じ碁会所レッスンを受けている高校生の男の子も、最近囲碁クラブには顔をみせなくなってる…。碁会所レッスンは続けてるのに。

2003/11/01(土) 息子はというと… [ ]

息子は序盤から白の大石を攻め立て殺しに行ってしまったので、その白石に生きられて大損!白石が逃げながら黒の地になりそうだったところに進入、逆に周辺の黒石が攻められて大石殺されてノックダウンでした。
黒の地を固めながら白石を逃がしてやればよかったのに。ちゃんと地合を計算して構想を練らないと、地合が足りたくなると注意されていました。まあ、いつもの悪いパターンですね。布石や序盤の打ち方を勉強しろと言ってるんだけど、なかなか勉強してくれません。依田名人の「依田ノート」なんかは、分かりやすく解説してるのになぁ。最近は序盤がうまい依田名人の棋譜並べをさせているんですが、サボリがちなのでなかなか効果が現れません。今回の名人戦など、依田名人の華麗な打ち回しを参考にしてほしいな。

2003/11/01(土) 試験碁昇級したよ! [ ]

今日の碁会所レッスンは、もけは7子局の試験碁。結果は3目負けちゃったんだけど、次回からは6子でいいってことになりました!
8目くらい勝っている碁だったのに、終盤ヨセでミスって3目負けになっちゃったのです。手拍子で打ってしまった終盤のヨセのミスは凡ミス、置石をうまく利用して勝ち碁の内容だった、との講評でした。
次回から6子。天元の石がなくなるのはちょっと不安だけど頑張りま〜す!

2003/10/29(水) もけの試験碁は次回 [ ]

もけのレッスンは、17目勝ちと快勝でした。白は下辺くらいにしか地ができず、あとはやっとあちこちに二眼をかろうじて作った状況。白地削減成功でした。息子の碁より固いって言われました。
次回は試験碁にしてくれるって。息子も私も試験碁になると肩に力が入って負けてしまうので、次回はそうならないよう祈ってます。

2003/10/29(水) 息子の試験碁 [ ]

今日の碁会所レッスンは、息子一局目中押しで快勝。中央の攻め合いがうまくいき、白の要石をとったのでした。二局目を試験碁にしてくれるっていうので、間に私のレッスンをはさんで試験碁に挑んだ息子。大模様の碁になりそうでしたが、打ち込んできた白石をうまくとがめられず生きられてしまい(というか、息子が受け損ねた)、地がなくなってしまい黒投了でした。もう一手、手入れしていたら大きな地ができていただろうに。一局目と二局目の落差が大きかったです。碁の内容が悪かったのもあるし、試験碁がパーになってしまったので息子はがっくり肩を落としていました。

2003/10/26(日) 序盤のレッスン [ ]

息子と碁会所レッスンに行きました。
息子は苦手な序盤の打ち方をこれからしばらく重点的に教わるようです。悪い手を先生に直してもらいながら置き碁を打つと、序盤でつけた20目くらいの差をキープしたまま終局できていました。
私のレッスンは終盤にコウで失敗して隅の地をセキにされてしまって負けました。無難に打っておけば黒勝ちだったのに。つめが甘い。
夜は、息子と五子局の早碁をしましたが、あっけなく投了させられてしまいました。タネ石をぼこぼこ取られちゃったよ。ちょっとは情け容赦しろよなー!

2003/10/22(水) 一人でレッスン [ ]

今日は息子が修学旅行中なんで、私一人で碁会所レッスンを受けてきました。
先週土曜日の結果を書き忘れていましたが、せっかくの試験碁は8目くらい負けてパァになりました。今日は細かい碁になってしまい、結果は7目負け。序盤に損をしたのと、中盤に白地を荒らしにいったのが踏み込みすぎで生きるのにいっぱいいっぱいになって他の黒字が減ってしまった。
目算ぜんぜんしてなかったしなぁ。ちゃんと数えてないと難しいですね。
[前の20件] [次の20件]
[1][2][3][4][5][6][7]

mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)