もけの囲碁日記


[ホームページ][一覧表示][文字検索][編集画面]

1ページに一月分の日記を表示します。
2003 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月

2003/12/30(火) 碁会所で打ち納め [ ]

今年最後の碁会所は、私も含めてその碁会所で習っている子供たちが常連さんたちに混ざって打たせてもらいました。
息子は6戦全勝で快調。いままで負けてばかりいた高校生のお兄さんにも互い戦で2連勝できて上機嫌。先生とのレッスンも中押し勝ちだったそうです。この調子でいったら年明けに昇級できるかな?
私は2勝3敗。全部置き碁だったけどね。息子と私の手合い割りが5子というのは、先生に言わせれば手合い違い(もっと少なくていい)だそうです。私が息子と打つときには息子の手に惑わされているんだろうということでした。そうかなぁ?

2003/12/30(火) 今年最後の碁会所レッスン [ ]

先週土曜日、今年最後の碁会所レッスンに行ってきました。
息子は12目負け。大ヨセが、先生は自分の地を拡大しつつ息子の黒地を狭めていってるのに比べ、息子は相手の白地を狭めてはいるけど自分の地には得になっていない手を打っているのが目立った内容でした。でも先生からは「この子は強くなる。他のレッスンしている子達と比べても」って言われました。
私のレッスンは3目負け。ヨセで効き筋があるのを二箇所見逃していて、もったいなかったなぁ(先生に教えてもらって「なるほど」だったんでしょうがないですけど)。
先生に出題した例の詰碁問題は、時間かかったけれど解けたそうです。今日はその碁会所でレッスンを受けている他の子達も集めてミニ碁会があるので、またこの問題出題してみよっと。

2003/12/24(水) 碁会所にて [ ]

レッスンついでに、碁会所のお客さんや先生に、例の難解詰碁を出題してみました。お客さんはギブアップ、先生には次回レッスンまでの宿題にしておきました。ほんとは私たちのレッスン前の中学生のお兄さんに出題したかったのだけど、入れ違いになって今日は会えませんでした。
レッスンの方は、息子の一局目、先生に見損じがあり息子が先生の大石を撲殺して白投了。でもこれは先生のミスなので息子の勝ち数には入れてもらえませんでした。二局目はどちらも手堅く打って地合勝負となり、息子の14目勝ち。今日の息子は調子よかったみたい。
私は中盤大ポカやって、大石死んじゃって投了。切られてはいけないところを切らせた上に、渡りの手もあったのに打たなかったからでした。うまくやれば白の大石撲殺できてたのに。くやし〜!

2003/12/21(日) 難解詰碁 [ ]

今日囲碁クラブがあったので、クラブ内で最強の人に出題してみました(問題は囲碁掲示板No.288に掲載しているので見てね)。結局解けないで時間切れになったので、お正月の宿題としてお持ち帰りしていただきました。難しい問題なので、次回のクラブ囲碁大会でも紹介してみようかという話になりました。ノーヒントで解けたらすごいですよね。
対局の方は、息子は同じ1級の人と互い戦やってましたが、地合が足りなくて負けたそうです。前回の囲碁大会のときはその人に撲殺されたとか。
私は詰碁を紹介した最強の人(6段)に8子置いて約30目負け。息子もその人には8子なのに、私が8子なのは無理ですよね。でも序盤から中盤にかけて、けっこういい手を打ててたんで白は困ってたんですが、私が先の先まで読みきれずに甘い受けをしてしまい負けてしまった。そういう所が何箇所かあったので惜しかったなぁ。

2003/12/21(日) 詰碁合戦 [ ]

数日前、本に載っていたプロ棋士が解けない詰碁というのをメル友のプロ棋士さんに出題してみたら、あっさり解かれて逆に別の手順ではなぜダメなのか考えさせられるハメになってしまいました。
別の詰碁も出題されて、その詰碁も息子と数日頭をつき合わせて考えることに。結局第一手目を教えてもらってその後の手順を考えることによって、なんとか正解にたどりつくことができました。この問題も、棋力が強い人ほどなかなか解けないという難問だそうです。この問題、囲碁掲示板の方に紹介していますから、挑戦してみてくださいね。

2003/12/21(日) 今日のレッスン [ ]

時間がなくて、息子だけしか今日はレッスンを受けられませんでした。
一局目は、序盤に近い中盤に隅の大石を殺されて中押し負け。無駄な手や小さい手も序盤にいくつかありました。二局目、気を取り直して打ちましたが、13目負け。先生が、息子が強くなったのに応じて打ち方を変えたのに、今日はなぜか息子の打ち方が弱気すぎて戦いを仕掛けるべきところで引いてしまっていたのが敗因のよう。
あともう一息、頑張れ息子!

2003/12/17(水) 今日の碁会所レッスン [ ]

息子は四子局で7目勝ち、もけは6子局で5目負けでした。
息子の前にレッスンを受けている中学生のお兄さんが、息子が4子に昇級してるのを見て「追いつかれた」と驚いて悔しがっていました(そのお兄さんは先々週から定期テストのため碁会所レッスンを休んでいたので知らなかったみたい)。今日のレッスンでは、息子は危なげなく序盤を打てたので褒められていました。
もけは中央の傷をとがめられて、そこが白の逆転の一手となってしまいました。傷に気がついてなかったんで仕方ないですね。あと、ヨセでサルスベリを3箇所も打たれたのが痛かった。

2003/12/14(日) 三地区合同囲碁大会 [ ]

囲碁クラブの交流大会がありました。息子は1級で参加(前回は5級)、もけは6級で参加(前回は5級←たぶん7〜8級だったのに5級にされててボロボロだった)。棋力別にA〜Hクラスに分かれて、息子はGクラス(1〜3級)、もけはHクラス(2〜6級)でした。
息子は全勝を目指してたけれど、三勝一敗でGクラス第三位。惜しい!もけは二勝二敗で選外でした。
写真を「もけの携帯日記」にアップしてるから見てね。

2003/12/10(水) 息子の悪い癖 [ ]

なかなか治りません。日曜の囲碁クラブも、今日の碁会所レッスンでも、序盤から準備工作なしに相手の陣地に攻め入って玉砕投了パターンが続いています。特に今日のレッスン碁は、かかられた隅の星を大ケイマ受けしたままずっと放置していて、封鎖されて活きがなくなってから逃げ出そうもがいたもんだから、めちゃくちゃになってました。手抜きしてたんだから他でかせいでいればまだしも、小さなヨセを打ったり、相手の陣地にただ単に持ち込みになる石を打ったりと、棋力の低い私から見ても疑問手が多かった。
私も毎日言ってるんですが、先生からも「相手が有段者になると、相手のミスで勝とうとしては駄目。序盤はじっくり力をためて打たないと」と息子の打ち方は下手にしか通用しない手だと言われてました。
私のレッスンはヨセで失敗して6目負けでしたが、息子の碁よりは私の碁の方が褒められる内容だと言われました。息子よ、いつになったら一皮むけてくれるんだ。

2003/12/03(水) 手筋の勉強 [ ]

今まで詰碁はやっていたけれど手筋をやっていなかった。それで中盤以降の攻め合いに弱いのかも?と、これからは勉強に手筋問題も加えることにしました。少しは強くなれるかな。
さて、今日は碁会所レッスンの日。もけは6子局で、今日はちょっと冴えない打ち方になってしまい4目負け。しかし、もっと冴えなかったのは息子です。二局レッスンをしてもらいましたが、どちらも序盤から攻めすぎで形も悪く、ボロボロの内容でした。布石段階では落ち着いて打つようにと何度も言われているのに、急に攻めすぎで、自分の弱石を守ることもせず、駄目詰めのような手ばかり打って、投げるしかない碁になっていました。攻めるのはいいけれど準備してからでないと、といつも注意されているのに直らないのは、悪い癖がついてしまってるんでしょうか?


mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)