もけの囲碁日記−一覧表示


[ホームページ][基本表示][文字検索][編集画面]

全ての日記を表示します。

2003/02/12(水) 碁会所にて [ ]

今日は息子の碁会所レッスンの日でした。7子置きで先生に2連勝できたので、次回は昇級試験だって。私も昇級したいよ〜(って見学してるだけなんだけど)。
先生に褒められて、おまけに先生の奥様からバレンタインチョコをいただき、得意満面の息子でした。ホワイトデーにちゃんとお返ししなよー。

2003/02/11(火) またもや大敗? [ ]

この前の日曜日、職場で囲碁を打つおじさまにお相手になってもらうべく、碁盤と碁石を持参して息子と出かけました。
おじさまは碁会所2級くらいの腕前らしい。私と息子が囲碁を始めたばかりのとき、9路盤で数回対局してもらったことがあります。それから大分腕を上げたところを見てもらおうと参上したのでした。
結果は、息子は4子置きで一勝一敗。私は5子置きで大敗してしまいました(涙)。やはり、囲碁の勉強をまじめにしないと伸びないですね。次こそは、職場のおじさまに勝てるよう頑張ろう!

2003/02/03(月) ヒカ碁スクール特別授業 [ ]

昨日の夕方、プロ棋士の安田泰敏九段を迎えての特別授業があったので息子と一緒に参加してきました。
お話のほか、囲碁パズルを出題してくれたり(このパズルは囲碁掲示板で紹介してるから見てね)、目隠し碁で安田九段vs子供たちの九路盤対決をしたりと、内容豊富で面白い講義でした。息子はみんなの前で囲碁パズルを解いてみせて、安田九段から「天才だね」と褒められてご満悦の様子でした。
最後に子供達は一人づつ握手してもらって(いいなぁ…)、息子はちゃっかりサインもいただきました。私がちょうどカメラ付き携帯電話を持っていたので息子に「記念写真を撮ってあげようか?」って聞いたけど、息子は「いや、いいよ。帰ろうよ」。で、写真は撮れなかった。残念。
プロ棋士に会って話が聞ける機会なんて田舎では早々ないだろうから、私にとっても息子にとっても貴重な体験だったと思います。

2003/01/18(土) ヒカルの碁スクールにて [ ]

今日は欠席の子供が多かったらしく、子供達の対局相手として付き添いで来ていた保護者に参加要請がありました。
私も動員されて、息子とは別グループの子供達と対局しました。結果は3連勝!って、入門の子供(といってもヒカ碁スクールは昨年7月開校なんで、入門して半年は経ってるわけだけど)相手じゃ自慢にならないか。
そのうちの一人が19路盤なのに石取りゲーム感覚ですぐ石をくっつけて取りにこようとするので大変でした。「そこは2眼できてるから、もう殺せないよ」と教えても石を眼の中に放り込んでくるし、「2眼作らないと生きれないよ」と教えても私の石を囲うのに夢中で眼を作らずに追いかけてくるし。結果、その子は全滅でした。2眼の意味は9路盤で習ってるはずなのになぁ。
でも私も最初はきっとこうだったんでしょうね。そんなえらそうなこと言ってる私も、基本死活がまだまだなので危うく大石取られるところでした!(他の子との対局で。)相手の子も死活が分かってなかったから命拾いしたんですよね。やっぱり詰め碁いっぱいやんなきゃ!

2003/01/13(月) 囲碁大会 [ ]

息子と一緒に見学に行ってきました。リーグ戦参加者のうち、一番強い人が6段、一番弱い人が3級でした。
私と息子は対局の合間に手のあいた3級の人に相手になっていただきました。私は棋力が不明だけど、息子とこの日対局して1勝1敗だったので、息子と同じ棋力(6級)ということで3子置きで対局してもらいました。結果は約20目負け。
息子は4子置いて約30目勝ち、3子置いた早碁で10目負けでした(これは、こう争いでミスったから。ミスってなかったら互角だったのに惜しいなぁ)。
思っていた以上に楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。
囲碁って、棋力が違ってもハンデつけたら互角に戦えるし、子供も大人と同等に戦える面白いゲームですよね。

2003/01/12(日) 息子の棋力 [ ]

碁会所の際に、先生に息子の棋力はいまどのくらいなんでしょう?と聞いてみました。「5〜6級くらいでしょう。初段の人には5子で打ってみなさい」と言われました。何時の間にか、そんなに上達していたのか。
息子が通っているヒカ碁スクールには、一人5級の認定を受けた子がいるんですよ。で、他のスクール生はその子と対局する際には5子置かせてもらいなさい、と言われてます。息子はまだその子と対局したことがないんだけど、どうなっちゃうんだろうね!?

2003/01/09(木) 囲碁大会の誘い [ ]

同業の知人からTELがあり、13日に同業者の囲碁大会をやるから来ないか?と誘われました。
リーグ戦を行うそうですが、私は初めてなので今回は見学だけにさせてもらいました。対局の合間に手があいた人がいたら指導をしてくれるらしいので、息子と一緒に楽しみにしてます。
どんな顔ぶれが集まるのかは知らないけれど、囲碁を通して知り合いが増えるのも嬉しいですね。

2003/01/06(月) 棋譜並べ [ ]

みなさん、やってますか?もけは、たま〜〜に息子につきあって一緒に並べることがあるくらい。
息子が通ってるヒカ碁スクールでは宿題として棋譜並べが出されてます。プロの対局100局を、毎日やったら10級認定だそうです。息子はクリスマス頃から風邪で寝込んで中断してましたが(年末には治ってたんだけどサボってた)、今日から再開しました。
囲碁って奥が深いから、強くなろうと思ったらけっこう時間かけなきゃならないですよね。それでもついついのめりこんでしまう面白さ。

2003/01/05(日) 今年最初の碁会所 [ ]

といっても、私はつきそい。息子が碁会所で個人レッスンを受けてます。私は送迎する役で、息子が指導を受けている間、横で観戦させてもらってます。
昨年末に昇級試験(?)で8子置きを卒業できた息子。今日は7子置きに初挑戦でした。結果は1勝1敗。もっと大差で負けるんじゃないかと思ってましたが、意外に固く打ってました。1戦目は三三に入られた応手を誤り10目以上損してましたが、2戦目は快勝。
もう息子に勝てないかも…。ここ半月くらい私は囲碁の勉強やってないからなぁ。

2003/01/03(金) 明けましておめでとう [ ]

今年になってこのサイトを初めて立ち上げ、この日記も初書き込みです。
囲碁は、昨年6月末に子供にせがまれて「ヒカルの碁」単行本を買わされたのがそもそもの始まり。息子(当時10歳・小5)と一緒に「囲碁やってみたいね!」。
まずは碁石と碁盤を用意しなくちゃ…確か数年前に亡くなった父が碁好きで碁盤や碁石を持っていたはず…と家中を探してみたけど見つからない。母に尋ねると、時すでに遅く形見分けで親戚にあげちゃったとか。父が生きてた頃は囲碁に興味がぜんぜんなかったからしょうがないか。で、おもちゃ屋で、桂の折りたたみ碁盤とプラスチック碁石を購入。
息子は、碁会所で個人レッスンと日本棋院の「ヒカ碁スクール」に7月から通い始め、私は書籍で独学中です。
[前の20件]
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]

mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)