もけの囲碁日記−一覧表示


[ホームページ][基本表示][文字検索][編集画面]

全ての日記を表示します。

2004/06/19(土) 息子の必殺の手 [Windows/XP]

今日の碁会所レッスンは息子だけやってもらいました。
中盤に、息子の大石と先生の大石が攻め合い・シノギ合いになり、それにコウ争いも加わっておもしろい碁でした。

攻め合いで負けて、息子の大石が死んだばかりか、コウで黒地を荒らされて地合い負けしそうになりました。ところが終盤近くに息子が必殺の一手、放り込みが勝敗をひっくり返しました。息子の死んだはずの石が復活し、結果は20目勝ち! その放り込みの手には、先生ももけもけも気がつかなかったのでした。

勝敗とは別に、もうすぐ少年少女囲碁大会の県代表選抜戦なので、それに備えて対局時計を使ってのレッスンにしてもらってたのですが、息子の押し忘れがひどかった。まあ、持ち時間以内には打ち切ってたのですが、十数手忘れたまま、なんてこともしばしば。
来週のレッスンも対局時計でやってもらわなくっちゃ。

2004/06/17(木) 昨日の碁会所レッスン [Windows/XP]

ああ、急いで書かないと「おとといの」になってしまう!

昨日のレッスンでは、また息子が序盤から仕掛けてしまい、撃沈してしまいました。ん〜、ニ連勝後だったので、勝てば4子→3子→2子とスピード出世になれたのになぁ。惜しい!
序盤に仕掛けたところでコウになり、そのコウは白にとっても黒にとっても譲れないコウだったのに、わりとあっさり引いてしまったんだよね。それが敗因。まだ大場はたくさんあったし、黒は自分の弱い石から仕掛けたのが悪かった。「もっと辛抱して打てるように」といつも言われてるのに、息子はこらえ性がないんでしょうか。

もけもけのレッスンも悔いが残る碁でした。優勢だったのに、左上隅の石にダメを詰められたとき「まだ大丈夫だろう」と安易に手を抜いて、他のヨセにまわってしまったがために、その左上隅の黒が死んでしまって20目以上の大損!逆転されてしまいました。一手、手入れしておくだけで生きてたのに!あ〜、ばかなことをした。
前回のレッスンから5子になり、前回は10目以上負けたので5子では辛いのかなとちょっと自信喪失だっただけに、2回目の今日は優勢を保てて調子よかったから自信もちなおしかけたのに…。

2004/06/12(土) 世界アマの記念イベント「縁台囲碁1000人打ち」 [Windows/XP]

参加してきましたよー。息子と一緒に。楽しかったです!
詳細レポートを囲碁コラムに写真つきで書いているので読んでみてくださいね。

とうとう世界アマ関連イベントが終わっちゃった。待つのは長かったのに(SARSで延期されて2年近く待った!)、始まってしまうと「あ!」っという間に終わってしまった気がします。
楽しいことはすぐ時間がすぎちゃうよね。

今日の碁会所レッスンでも、先生に昨日のイベントの報告しちゃいました。

レッスンは今日は息子だけやってもらったんですが、前回に続き中押し勝ちした息子。3子にあげてもらって間もないのに、絶好調みたいです。ニ連勝しちゃったから、次回はもう試験碁!? 今日の碁も囲碁コラムで載せちゃってるので、よかったら見てやってくださいね。

2004/06/09(水) 置石がひとつ減って始めてのレッスン [Windows/XP]

息子は今日から3子、もけもけは5子でレッスンです。

息子の一局目は、左上の白のコモクに一間とびでかかったところをミスして形がくずれ、息子の中押し負けになりました。でも、気をとりなおして二局目は、終盤に白の大石の目をつぶして中押し勝ちしました。最後の方は、碁会所のお客さんたちがいっぱいギャラリーになって「おもしろい」と観てました。

もけもけはというと16子負けで、冴えない碁でした。その間、息子は碁会所のお客さんと一局お手合わせしてもらってて、息子がかなり優勢だったらしいのですが、終盤にお客さんが一か八かで打ったところを息子が見損じでミスし、大逆転されたそうです。でも、お客さんたち口をそろえて「強くなった」と関心してくださってました。

2004/06/08(火) ちょっと残念だったこと [Windows/XP]

息子は忘れ物等多くて、いつも学校の先生に迷惑かけてるんで、先日のこども大会準優勝という明るいニュースを先生に届けようとしたんです。

賞状をコピーしてやり、担任の先生は囲碁を知らない先生らしかったので、大会の説明もしてあげたら?と息子にアドバイスして送り出したんですが…。

学校から帰ってきた息子に「どうだった?」と訪ねたら、先生は「ふ〜ん」と興味なさそうに返事しただけで、賞状もちらっと見ただけで返されたのだそう。

いくら囲碁に興味なくても、子どもが課外活動で頑張ったことをもうちょっと認めてくれてもいいんじゃない!? いい先生だと思っていただけに残念です。

これって、親ばかじゃないですよね? 昨日まであんなに喜んでいた息子が、先生の反応を語るときは元気なさそうで不憫でした。

2004/06/06(日) やったー!一子減りました! [Windows/XP]

いつもは土曜日に碁会所レッスンを受けるのですが、昨日は一日中、世界アマの記念イベント・こども囲碁大会があったんで、今日にレッスンを振り替えてもらってました。

息子は昨日の余韻から、張り切って試験碁に挑戦しましたが、序盤に形が崩れてずっと尾を引き、あえなく投了。先生が検討を加えてくださったのですが、それも聞こえていないのではと思うほどの落ち込みようでした。

ところが、先生「もうコモクの定石も覚えた方がいいから、次回から3子でいいよ」とのお言葉。それを聞いて、息子は復活してました(笑)。

もけもけは今日は好調で、右辺から大模様をはって思惑どおりの碁が打てました。12目勝ちの快勝で、先生からも「内容もいい碁だった」と褒められました。前回に続いての連勝になるので、次回は試験碁か?と思ったら、もけもけも次回から一子減らして五子局にしてくださるそうで。

やったー!長かった6子局レッスンから脱出です!

レッスンの後は、その碁会所に習いにきている初心者のお兄さんと13路盤で遊びました。そのお兄さんはレッスンでは13路盤で2子局で打ってるそうなんですが、息子は4子置かせて撲殺してしまい、もけもけも2子置かせて快勝してしまいました。人の良さそうなお兄さん(お兄さんといっても20代だから、もけもけより随分年下なんですが)で、負けてもにこにこ相手をしてくださいました。お兄さん、めげずに頑張ってね。

2004/06/05(土) 世界アマチュア囲碁選手権こども大会 [Windows/XP]

倉敷で行われた世界アマ選手権の前日祭・こども囲碁大会に息子が参加しました。もけもけは送迎と付き添いで見学。

外国選手も参加で、マスコミもたくさん来ていました。

息子は一番上のクラスで参加して、なんと準優勝でした! ハンディ戦だったのですが、子供同士で打つだけでなく、プロ棋士や外国選手とも対局してそれが成績になったのです。息子は2勝2敗だったので入賞はあきらめていたのですが、表彰式で名前を呼ばれて驚いた! 優勝した子が3勝で、あとは一勝とか全敗とかが多かったのだそうです。

詳しい大会模様は、後日、写真付きでblogに掲載する予定なので楽しみに(?)お待ちください。

来週金曜には、夕方から行われる1000人碁(世界アマの付属イベント)にも参加する予定です!

2004/06/05(土) 水曜日の碁会所レッスン [Windows/XP]

今週水曜にあった碁会所レッスンの日記をつけてませんでした。

今回は、息子がレッスンしてもらっている間、前々回に対局して勝たせてもらったお客さんにリベンジ対局を申し込まれて打ちました。前のときは私が先番で打たせてもらったのですが、今回は白石を持たされてしまった! で、あえなく撃沈してしまいました。これで一勝一敗。

その間、息子は2局レッスンしてもらってて、2回とも勝ったそうでした。ということは、次回が試験碁になるということ。もう数え切れないくらい試験碁をフイにしてるので、今度こそ勝って昇級してもらいたいなぁ。

もけもけのレッスンはヨセでだいぶ損をしたらしいのですが(横で見ていた息子がそう言ってた)、かろうじて4目残ってました。私の場合、なかなか連勝できなくて試験碁までもいけてないので、息子に負けないよう次回頑張らなくちゃ。

2004/06/01(火) 囲碁フェスティバル [Windows/XP]

日本一の巨大碁盤がある吉備真備公園での囲碁フェスティバルに参加してきました。

巨大碁盤については、blogの記事「日本最大の石造大碁盤の話と本因坊戦第3局結果速報」に、囲碁フェスティバルの模様はblogの記事「『吉備真備公園』囲碁フェスティバル」に、写真つきで掲載しておいたので見てね!

2004/05/29(土) 息子の碁会所レッスン [Windows/XP]

息子は前回のレッスンから対局時計を使ったレッスンをしてもらってます。先週あった小中学生団体戦代表選抜県大会のとき、あまりにも時計の押し忘れが多かったため、来月の個人戦代表選抜県大会に向けて慣れておくためです。

時計を使っているせいか、いつもより堅い碁で、難しくは打っていませんでした。無難に打ちすぎて、地合いは中盤終わりごろで5〜6目くらい先生の白が良さそうでした。最後の勝負どころで、下辺の薄い白の横に黒がツケた着眼点はよかったのですが、息子が受け損ねてしまい、そのままの地合い差で負けました。

強気に勝負していたら、下辺の白石は左右に分断されて、どちらかは黒にトラレていたはずだった(あとで検討で先生に教えてもらった)のですが、両方つながって生きられてしまったのが敗因だったそうです。

この一局では息子は持ち時間を15分しか使っていなかったので、その勝負どころで時間をもう少しかけて考えて強気の勝負に出ていればよかったのに、と先生の講評。

明日は囲碁まつりで、ちょっと遠くまで遠征です。息子よ、初段参加でそろそろ成果をあげてほしいぞ!

2004/05/27(木) 昨日の碁会所レッスンは惜しかった [Windows/XP]

昨日の碁会所レッスンでは、息子は先生に1目負け、もけもけは2目負けでした。二人とも僅差で負けちゃいました。惜しい!?

息子のレッスンの内容は見てなかったんですが、序盤に白の地になりそうなところへ打ち込んでいった石が全部取られて大きな白地にさせてしまったのがいけなかったらしい。あとで検討やっているところは見れたので、ふむふむという感じでした。

もけもけの碁は、黒の模様を荒らされた代償に下辺の白地を削減したのですが、荒らされた部分の方が大きく、代償には足りなかったのでした。荒らされるのを防御してた方がよかった。あとは、中盤の前半に上辺の白地を黒が分断できたのに分断しないで放置してたのが失敗でした。

息子のレッスン中、もけもけは棋力が同じくらいらしいお客さんと対局させてもらいました。本来なら2子くらい実力差があるらしかったのですが「2子局だと中途半端だから、先でやりなさい」と先生に言われて打ちました。でも、20目以上の快勝だったよ。へへへ。昨日は調子がよかったのかなぁ。

2004/05/24(月) 文部科学大臣杯第一回小・中学生囲碁団体戦県大会 [Windows/XP]

題名が随分長くなりましたが、この大会に息子が参加しました。県代表選抜戦で、小学生3名・中学生2名の代表を選抜し、5人で1チームを結成し、8月に日本棋院で行われる全国大会に出場できる選手を選ぶための大会です。

息子は初段なのでダメもとであたって砕けろ!の参加です。負けてもよい経験になりますからね。エントリーは中学生は12名。地方なので少ないですが、参加者はみんな有段者でした。

息子の一回戦目の相手は、昨年、少年少女囲碁大会で県代表になったお姉さんでした。一人持ち時間40分で対局時計使用だったのですが、息子は今まで対局時計を使う大会に出たことはありません。案の定、時計の押し忘れが頻発で、5〜6手に一回くらいしか押していませんでした。お姉さんは慣れているから押し忘れなし。お姉さんの方が息子より長考派で、一手一手にじっくり考え込んでいたのですが、時計の針がどんどん進んでいくのは息子ばかり。碁の内容も序盤から攻め合いになっていて、息子の石が分断されてて両方しのぐのは難しい形勢になっていました。碁会所の先生から「時計を使う大会では、なるべく簡単に打つように。序盤から激しい碁になると時間切れになってしまうよ」とアドバイスされてたのに…。もけもけは、いたたまれなくなって、その場を離れてしまいました。

結局、そのお姉さんには中押し負けしたそうです。大会での息子の成績は、全4対局のうち一勝だけ。その一勝は、終盤にダメが詰まってきたときに相手がポカをしてくれたため手ができて逆転できたものだったらしい。

最終局は途中まで勝っていたようで、別の参加者で早く対局が終わった高段の子が「息子くんの優勢でしたよ。相手の大石を殺してたし、息子くんが勝つと思います」とわざわざ教えてくれたので期待していたのですが、最後の最後に、息子の小目からケイマにしまっていた右下隅三三に打ち込まれた石を、どうしたわけか大きく下辺の地まで荒らされて生きられることになり、そこで20目以上の大損をして、結局コミ分負けてしまってました(息子が黒で、整地したら盤面ジゴでした)。普通にスミで小さく生かしてやってれば、息子の圧勝だったのに。

あとで息子に聞いたら「中盤までで頭を使い果たしていて、あのときにはもう考える余力がなかった」んだそうです。息子の体力負けってところでしょうか。

この大会で、うちの県で代表選手になるのは3〜4段くらいの棋力であれば十分望みがありそうだということは分かりました。来年は、そのくらいになって、実力伯仲した対局ができたらいいなぁ。

と、その前に、来月は少年少女囲碁大会の県代表選抜戦に参加予定なのでした。今度は2勝が目標かな?

2004/05/21(金) また忘れてた [Windows/XP]

水曜日に碁会所レッスンうけた日記を書くのを忘れてました。息子は中学の宿泊研修のため不在だったので、もけもけだけレッスン受けました。

結果は十数目の負け。中央の黒の模様を消しに来た白石をまる飲みにしてやろうと思ったのですが、その白に生きられてしまったので悲観して下辺の白地に打ち込んで戦いを挑んでしまったんです。その戦いに負けたため、ヨセで損をしてしまった。

黒模様の中で白が生きたとき、先生の形勢判断ではまだ細かい勝負だったそうです。そのあとの戦いを挑まずに無難にヨセてたらよかったらしい。形勢判断が大切だという失敗でした(いつものことだけど)。

明日は、息子は近所の囲碁クラブにお誘い受けてます。あさって、「文部科学大臣杯、第1回小・中学生囲碁団体戦」の県代表選抜戦という大舞台が待っているので、囲碁クラブで鍛えてもらってきてほしいなぁ。もけもけは仕事が入ってるので囲碁クラブにはつきあえません。

2004/05/16(日) 春の囲碁まつり [Windows/XP]

アマチュア囲碁連盟主催の「春の囲碁まつり」に行ってきました。毎年恒例らしいですが、もけもけは初参加。息子は去年に続いて2回目の参加でした。

行ってみたら、参加者の数と会場の広さにびっくり。300名くらいいたのかな?(都会はもっとすごいでしょうけど。)県内最大の囲碁大会なんじゃなかろうか。

息子は初段、もけもけは4級で参加しました。もけもけの一局目のお相手は、なんとヒカ碁スクールのときの先生の一人(大学囲碁部でヒカ碁スクールを手伝っている人)でした! 先生は3級だったので、もけもけの先番で。中盤、中央の攻め合いに勝って二箇所の白の大石を撲滅して大優勢だったのに、ちょんぼして二箇所とも逃げられてしまった。あのとき、取り切っていれば余裕の勝利だったのに。息子や親戚のおじさんも、もけもけが中央の攻め合いに勝ったところをちょうど観戦してたので、あとで「え?あれで負けたの?」と驚かれた。そのあと動揺したのと、対局時間が長いからと一手15秒の秒読みをされちゃって、あわあわしちゃってボロボロに。くやしくて仕方ない碁だった。あとで他のヒカ碁スクール関係者たちから聞いた話では、その先生、本当は1級くらいなんだけど勝つために3級にランクを落として参加してたんだって。余計にくやしかったなぁ。

結局、もけもけも息子も1勝3敗で参加賞だけもらって帰りました。ちゃんちゃん。

2004/05/14(金) あらら、日付変わったから一昨日のことになっちゃった [Windows/XP]

一昨日、碁会所レッスンで、6子局で始めて先生に中押し勝ちしました!うれしいよー。

先生の模様に打ち込んで行った黒石が生きただけじゃなくて、模様の上辺と左辺の白の大石を飲み込んでの快勝でした。攻め合い中ははらはらどきどき、うまい手が読みきれたときは興奮して打つ手が震えそうだったよ。

レッスン碁の様子をblogの方の日記に、盤面図と一緒にアップしたので、よかったらそちらも見てくださいね。
PC用⇒
http://moke.moo.jp/blog/archives/200405/nikki_lesson.html
携帯用⇒http://moke.moo.jp/cgi-bin/mt/mt4i.cgi?id=2&mode=individual&no=1&eid=97

息子のレッスンは、細かい碁になっていましたが、数えてみると2目勝ってました。先生の上辺の白石をセキにしたものの、息子の黒模様も消されて、接戦でした。2目とはいえ勝ちは勝ち。この調子で連勝して昇級してもらいたいな。昇級できたら初段と正式になのって不足ないそうです。

2004/05/09(日) 昨日の碁会所レッスン [Windows/XP]

息子だけ受けました。息子と対局したお客さんの評価で多いのが「布石がうまくなれば強くなりそう」だそうです。

そういうわけで、昨日は布石段階は先生が解説しながら進めてくれました。でも中盤戦で、また白石を狙いすぎて自分の石が薄くなり、攻められて苦しい戦いに。結局10目近く負けてしまった。

息子の碁を見ていて思うに、作戦が一本調子で狙っているところしか見ていないようです。反対側の石にも響くようにとか、厚みを利用しようだとか、そういう作戦っぽいものが無いように見える。いわゆる大局観がダメっぽい。

もけもけの方が、布石や大局観はいいって先生にもお客さんにも言われました。でも攻め合いが弱いんだよなぁ。

二人のいいところを足せたら最強になれそうだけど、そういうわけにもいかないもんな。手筋は地道に詰碁をやれば上達しそうだけど、布石感覚や大局観を養うのはどうしたらいいんでしょうね。

2004/05/06(木) レッスン日記、さぼってました [Windows/XP]

先週の土曜日にも碁会所レッスンあったんですが、書き忘れていました。でも、もう結果を覚えていない。息子に聞いても「どうだったっけ?」で、二人揃って記憶力がないのでした。

GW中は、5月3日〜5日は息子は特訓するべく、碁会所に遊びに行く予定にしていたのに、初日の3日はすっかり忘れてしまってた。夜になって思い出したけど、ときすでに遅し。

4日は先生んちの近所の老人クラブの級位者と、碁会所で習ってる生徒たちが集まってミニ碁会がありました。もけもけは三人と対局して全勝したよ。息子は五人と対局して5勝1敗だったらしい。以前、叔父さんに連れられて参加した囲碁大会で出会った女性に、このミニ碁会で再会しました。もけもけがこの碁会所を紹介してあげてたので、先月からレッスンしてもらいに通っているそうです。彼女には5子置かせて圧勝でした。置かせ碁は数えるくらいしか打ったことがなかったから心配でしたが、なんとかなりました。

そして昨日は定例のレッスン日。息子は昼過ぎから行って、お客さんと打たせてもらってました。夕方、もけもけも合流し、レッスン開始。もけもけはヨセでかなり損をして8目負け、息子は序盤の構想が悪くて玉砕してました。前日のミニ碁会では、先生ともうまく打って20目以上、勝ててたんだけどね。あいかわらず圧勝か完敗か、波が激しいみたい。


2004/04/29(木) かろうじて3目勝ち! [Windows/XP]

今日は臨時の碁会所レッスンを受けました。

息子は昨日のレッスン後、無茶な攻めはしないと約束していたのに、今日もあちこち攻めて沈没してました。しかも布石だけ守りの打ち方をして、堅く打つのかな〜と思ってたらすぐ打ち込んで行くし。作戦が首尾一貫してなかったのです。大局観や形勢判断を養うよう次回は石田芳夫九段のビデオを貸してくださるそうです。もけもけの方が楽しみにしてます(笑)。

もけもけのレッスンはかろうじて3目勝ちできました。ちょっと悪いかなぁと思ってたんですが、先生は目算ちゃんとやってて「1目差あるかどうかと思ってたら上げハマの差を数え忘れてた」そうです。きっちり上げハマの差の分だけ、もけもけが多かったのでした。さすがだなぁ。

息子は大会が近いのでGWは碁会所通いしてもらう予定です。4日にはレッスン受けてる子供や級位者の常連さんを集めて碁会所でミニ碁会を開いてくれるそう。


2004/04/28(水) 今日の碁も激しかった [Windows/XP]

碁会所レッスンの日でした。

今日も息子の碁は激しい内容でした。中盤に右より中央の黒の模様の中に打ち込んできた白石をしとめようと追いかけすぎ。いつまでたっても無理やり殺そうと追い掛け回すもんだから、逃げ切られたとき自分の石があちこち薄くなってて苦しくなってしまってます。逃がしてやりやながら地を作っていれば有利だったと思うのになぁ。

どうしても相手の大石を殺そうと追いかけまわしてしまう。今日の碁も最後まで手をゆるめずに攻めすぎて自分が投了するはめに。無茶な攻め方です。もう少し落ち着いた碁を打てるように、なんとかならないものなんでしょうか。

もけもけのレッスンは8目負けでした。ヨセでだいぶ損したみたい。それまでは数目差のきわどい内容だったみたい。そこまで正確にもけもけは目算できない。先生、さすが! 序盤に左上隅をミスって全部白地にしてしまった。気を取り直して模様を張ろうとしたんだけど、その模様も荒らされて痛かった。大模様の碁ってやっぱり難しい。

2004/04/26(月) 囲碁クラブの囲碁大会 [Windows/XP]

所属している囲碁クラブの大会が昨日ありました。もけもけは仕事のため、息子だけ大会に参加しました。

帰って結果を聞くと、1級で参加になってて全敗しちゃったとか。あらら。詳しく聞いてみると10級とか9級の人とかとくじで当たってしまい、置かせる石が多かったから乱戦にするしかなかったけれど、その人たちの守りが堅くて乱戦に応じてもらえなかったから打つ手なしだったそうです。

でも、いくつ置かせようが力が適正なら勝てるのでは? どんな対局だったか見ていないので、なんとも言えないけど。
[前の20件] [次の20件]
[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]

mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)