もけの不思議体験


[ホームページ][一覧表示][文字検索][編集画面]

1ページに一月分の日記を表示します。
2003 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月

2004/02/26(木) 魔の車 [Windows/XP]

今日は魔の車に3台も会った!魔の車とはどんな車かというと、超トロイ車です。
街まで車で往復1時間。その間、もけの前を走っていたのが魔の車。車の流れに乗らず制限速度をあくまで守る車がいるけど、それだけならまだ許せる。魔の車はそれだけじゃなく、信号で停止するとき停止ライン(またはその前の車)まであと100mまだあるというのに時速10〜20kmで徐行し続けるのです。信号が青に変わったときも100mくらい徐行してからスピードアップし始める。街までの行きがけは、ずっと一台の魔の車がもけの前を走り続け、用事を済ませて帰ろうとしたらまた別の魔の車がもけの前になってしまった。途中で寄り道して買い物し、また道路へ戻るとまたまたもけの前が魔の車!
その道路、追い越し車線がない国道だから追い越すわけにもいかず、迂回する道もないんで最悪!途中で何度もクラクション鳴らしたい衝動にかられましたよ(涙)。
とにかく今まで会ったことのないむかつく車に3台も会うなんて、いったい今日はなんだったんだろう!?今朝のテレビ番組で星占いラッキー星座だったのに…やっぱり星占いなんて当たらないね。

2004/02/26(木) スプラッタが怖い [Windows/XP]

映画のスプラッタものは平気です。というか、スプラッタ映画は笑えてしまう。「死霊のはらわた」なんか、友人と大笑いで見てしまったことがあります(ほんとは深夜に部屋を暗くしてゾクゾクしながら見たかったのに)。
もけがスプラッタが怖いってのは現実での怪我で出血する場面に遭遇したとき。なんだか、歳をとるにつれて血に弱くなってる気がしてます。昨年、息子がガラスを割って怪我したときも、病院で消毒してもらってるのを見てしまったら血の気が引いてしまって倒れそうになったし、数年前には頭にできてたデキモノを整形外科で切り取ってもらったら、頭部だから見えないのに想像しちゃって血の気が引いた。ぶっ倒れそうになりながら這うようにしてやっとこさ家に帰れたよ…。
あまりに血に弱いので(指先をちょっと切ったくらいの傷でも見せられるとヒェ〜となってしまう)、一時は医療関係の仕事につきたいと考えたことがあったけど、諦めるしかなかった。
医学生や看護学生でも手術の立会いで最初の頃は気絶する人がいるらしいけど、慣れていくんだってね。もけには信じられないなぁ。

2004/02/20(金) おばけより怖いもの [Windows/XP]

やっぱりリアルの世界の方が怖いこといっぱいあるよね。
ニュースで聞いた人もいるだろうけど、走っていたダンプカーの大きな車輪がはずれて通行人にぶつかったそう。タイヤに轢かれた三歳の子は亡くなってしまった。まさか、巨大タイヤが転がってくるなんて思いもよらないもんね。不幸中の不幸としか思えない。ダンプの整備不良だったのかな。
自分の運転している車のタイヤが突然はずれても怖いよなぁ。
亡くなった子のご冥福をお祈りします。親はたまらないだろうね…。

2004/02/18(水) もけの奇妙な行動 [ ]

子供の頃、紙を小さなUFOに切り抜いて窓に貼り、室内からその窓ごしに外を写真に撮って、にせUFO写真撮ってました(笑)。そんな経験みんなあるんじゃないですか?
あと、ダンボールに藁をいっぱい詰め込んで、その中に卵を入れて、ヒヨコを生まれさせようと密かに実験したこともありました。冷蔵庫から出してきた市販のにわとりの卵だから生まれるわけないんだけど、そのときは真剣だった。自分の机の足元にこっそり隠してやってたんですが、何日かして姉に見つかり、大笑いされて速攻で家族にばらされてしまいました。卵は没収、その場で割られたのでした…。


mdiary.cgi v1.20 by suzukyu 2000.12
(改:mdiary.cgi 2.01 created by ツー 2003.06)