2007年11月29日

 今回はロボットのお話です。まずは、HONDAが開発した二足歩行ロボット「ASIMO」の悲惨な動画から……。  ASIMOと言えば、走れる二足歩行ロボットとして有名で、子供たちと追いかけっこをしているHONDAのテレビCMは誰でも一度は見たことがあるはず。  もけもけはASIMOファンなので、毎週見ているテレビ番組「未来創造堂」のオープニングでASIMOが登場するたびに「ASIMO、かわいすぎる〜」と一人で吠えてるんですが、そんなASIMOの悲惨な動画を発見してしまいました。  それがこの「ASIMOがとんでもないことにwww」って動画です↓。 再生するには対応プラグインが必要です。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 14:47 | コメント (0)

 年末特別セールで、今ならVistaPrintさんに無料でオリジナル写真入りのカレンダーを作ってもらえちゃいます!  年末だし、ちょうど来年のカレンダーを準備したい季節なんで、いい企画じゃない?  もけもけも早速、作ってもらいました!  作ってみて分かったんですが、背景の図柄はたくさんある見本の中から選べるし、なんと指定した日付に個人的な行事予定や記念日まで設定できちゃうんですね。  これ、いいサービスだと思います! 家族や恋人との記念日入り、思い出の写真入りで、カレンダーが作れちゃうんだから。それでいて制作料はタダ! この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 11:05 | コメント (0)

2007年11月28日

 かわいいウサギたちがなぜ自殺しまくるのか!? 「自殺うさぎ」というウサギたちを知っていますか?  実はブラックユーモア絵本「自殺うさぎの本」に出てくるウサギのことなのですが、ここまで淡々と死なれると、逆にポジティブな気持になってくる不思議な魅力があります。  ちょっと回りくどいあの手この手で自殺を企てるウサギたち。  残酷、悪趣味、巧妙かつシュールな自殺のアイデアがいっぱいで(でも、絶対にマネしないでね!)、首が飛ぶ、体が千切れるという描写もありますが、生々しさが無くてマイルドです。  ひょうひょうとした表情で、ファニーでキュートなウサギたちだからなのかな? この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 23:09 | コメント (0)

2007年10月09日

 あるビルに用事があって階段を上っていたときのこと。階段の踊り場から見える隣の民家の屋根の上から、ただならぬ視線が……!?  屋根の上で動めく、その視線の元の生物に目をやると……バッチリ目が合ってしまい、ビックリ!  これが、そのときの写真です↓。  そう、犬!  猫が屋根の上でひなたぼっこしていたのなら分かるけれど、まさか屋根の上に犬がいるとは! この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 22:40 | コメント (0)

2006年05月22日

 カニ、かに、蟹……。そう、あの甲殻類のカニがサッカーのゴールキーパーに抜擢されて活躍したという……!  サッカー熱もここに極めりって感じで驚きですね。今年はワールドカップも開催されるしね。  な〜んて、もちろん現実の話ではありません。5月27日から劇場公開&DVD販売される映画でのお話です。  タイトルはまんま「かにゴールキーパー」! これです。↓ かにゴールキーパーposted この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 12:51 | コメント (1)

2005年09月14日

 ニュースで既にご存知の方も多いと思いますが、ここのところ続けざまにペットが住宅地等で発見されるニュースが続いてますよね。  逃げ出したペットもあれば、飼い主が飼育放棄したペットもあるようですが、共通しているのは「ありえない場所に、ありえない生物」「人に危害を加えるかもしれない、一般人には恐れられている生物」であること。  ペットブームで珍しいペットが飼われることが多くなってるせいもあるんでしょうが、なんといっても飼い主の無責任さが原因ですよね。  なんで、こういうことになっちゃうかなぁ。人に迷惑かけるだけじゃなく、生態系を壊すことにもなりかねないのに。やっぱり「安易に誰でも飼えてしまう」ってことが元凶なんでしょうか?  とにかく、それらのニュースを一つずつ紹介してみますね。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 11:39 | コメント (1)

2005年07月31日

 みなさんはカッパ(河童)をペットとして飼ってみたことがありますか?  カッパは情に厚い、癒し系ペットです。子どもの頃は愛嬌があってかわいらしく、大人になるとある程度の家事や野良仕事を手伝ってくれたりもします。  上下のクチバシを合わせて鳴らす「パコ」っという音が、カッパ同士のコミュニケーションをとる手段でもあり、特殊な波動を出していて猟をするのに役立ちます。言葉はしゃべれませんが、怒ったときは「クワッパ!」と叫びます。  養殖されてペットにされているカッパは人にとても友好的です。でも、野性のカッパはときおり人を襲って川に引きずりこもうとしたり、「しりこ玉」を抜こうとすることがあるそうです。「しりこ玉」を抜かれてしまった人間は腑抜けになってしまいますからご用心を!  でも、元来カッパは情に厚いため、恩を受けたら一生忘れないと言われています。飼うなら最後まで責任をもって飼いましょう。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 13:55 | コメント (0)

2005年07月08日

 6月の終わり頃、ハムスターの餌を購入しようと訪れたお店で、「ヤドカリランド」というオカヤドカリの飼育用品セットが売られているのを発見!  もけもけも姉妹サイトの「電脳 オカヤドカリLife」で紹介していた商品だったんで「これがあのヤドカリランドかぁ…」と手にとって見たんですが…!!  ただのオカヤドカリ向け飼育用品セットだと思っていたら、飼育ケースの中に、さらに小さなプラスチックケース(ブリーフケースと呼ぶらしい)に入れられた生きたオカヤドカリがうごめいているではないの!! 湿ったスポンジとだけ一緒にパッキングされた状態で…。  こんな餌ももらえない、身動きできない状態で、中のオカヤドカリは大丈夫なのか!?とそれぞれのケースの中を覗き込んでみると、貝殻を脱いで裸になってうずくまっているオカヤドカリが1匹いました。 この記事の続きを読む >>

■追記

 先日、家からちょっと遠い別のペットショップの近くに行く機会があったので、またオカヤドカリの売り方を偵察するために、そのペットショップに潜入してみました。

 そこではヤドカリランドのパックからオカヤドカリが出されていて、別の大きめの水槽で放し飼いされていました。よかった。よかった。

 って言っても完璧じゃなくて、水槽にはなぜか砂利が敷いてあって、その砂利がひたひたに浸かるくらい水が入れられてたんですよね。ヤドたちは、みんな水を嫌がって大きな岩の上に密集して身を寄せてる状態。

 これもちょっとかわいそうに思ったので、店員さんにまた水槽内の準備の仕方等をレクチャーして、改善をお願いしておきました。

 その店員さん、「そうなんですか。飼い方を知らなかったもので…」とおっしゃってましたが、もけもけが店内に入ってすぐオカヤドカリの水槽を覗きこんで見ていたときには、「こちらに飼い方の説明が書かれてますから、よかったら読んでみてください」と、水槽の横に張られていた紙を差し出してきたんですよね。

 その紙には、なるほど詳しく飼い方の説明がきちんと詳しく書かれてたんですが、「おい!客に言う前に自分も読んでおきなよ!」って思っちゃった。店側もそれを読めばすむことなのに、なんで読まないんでしょうかね!?理解不能です。

 余談になりますが、そのお店では、うちにはいないオレンジっぽい白いヤドなどがいたもんで、思わず5匹GETして連れて帰ってきてしまいました。

 特大サイズのきれいなムラサキがいたので心ひかれたけれど、うちで飼うとしたら他のヤドたちと大きさが違いすぎるので、なくなく諦めたんですよ。別の水槽を用意しなくちゃなんないし、置くスペースもないし…。

 あ~、でも、あんな見事に大きいムラサキにはなかなか会えないかもしれないんで、やっぱり心残りです。安かったしなぁ…。

 で、もけもけが購入した5匹のヤドたちですが、もけもけはこれまでネット通販でしか購入したことがなかったもんで、連れて帰り方が分からなくて、困惑しちゃいました。購入するつもりはなかったから何もケースは持ってきてなかったし、車を運転して帰らなきゃいけないから手に抱えるわけにもいかないし。

 結局、空気をパンパンにいっぱい入れたビニール袋にヤドたちを入れてもらったんだけど、帰りの車中でビニール袋の中が水蒸気でどんどん雲ってきたんで、「うおー!ヤドたちがゆでヤドになっちゃうかも~!」と大あわてすることになってしまったんだよね。

 みんな、どうやって連れて帰ってるのかなぁ?

投稿者 もけもけ : 22:48 | コメント (305)

2005年06月19日

 久しぶりに、海外で起こった珍事件や珍ニュースを海外ボツ!Newsさんのサイトから、もけもけが選りすぐって紹介しましょう。  まずはこんな怖い事故のお話から…。 暗闇でガソリンを盗むときは……(2005年06月03日)  暗闇の中でガソリンを盗むときに注意すべきこと。手元を確かめるためにライターで火をつけてはいけない。  ニューヨーク州ウォーレン郡の保安官事務所によると、まさにグレン・ジャーメインがやったのがこれ。ジャーメインは同州ガソリン輸送車のタンクからホースでポリ容器にガソリンを移して盗もうとしたが、暗闇で容器にどのくらいガソリンが入ったかわからない。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 09:44 | コメント (0)

2005年06月10日

 今月1日に「外来生物法」という法律が施行されたのを知ってますか?  簡単にいうと、「特定外来生物」に指定された動植物の飼育・栽培を禁止する法律です。  法律っていうと難しそうと構えちゃいますが、これ、けっこう私たちの生活にも密接に関わることなんで、ちゃんと理解しておきましょう。  例えば釣りが好きな人。釣った魚が「特定外来生物」なら、そのまま持って帰っちゃいけません。動物好きな人も、ツガイで飼ってるペットが「特定外来生物」なら、勝手に繁殖させちゃいけません。植物でも同じく。  そもそもなんで、こんな法律ができたかというと、海外から持ち込まれた生物(外来生物)が、日本の生態系を脅かす深刻な問題があちこちで発生しているからです。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 07:51 | コメント (0)

2005年05月14日

 犬の飼い主さんに朗報です。なんと、自宅で愛犬の健康診断を受けられるようになりました!  少し前のことですが、近所の友人から突然の呼び出しの電話が。話を聞いてみると、彼女が飼っている秋田犬の調子が朝から悪そうなんだけど、外出先ですぐに帰れないからどうしよう?という内容でした。  すぐに獣医さんに往診を頼み、もけもけも彼女宅に駆けつけると、そこにはぐったりとして自力で立ち上がれないほど具合悪そうな秋田犬が…。もけもけが側に近寄ると、けなげに尻尾だけ振って、おで迎えしてくれました。  結局、その秋田犬は子宮蓄膿症になっていて、嘔吐・下痢で脱水症状にもなってるそうでした。手術しないと、あと数日もつかどうかという最悪の状態。  あとで飼い主の友人からゆっくり話を聞くと、前日には元気だったのだとか。こんなに急激に悪くなっちゃうものなのかと驚きましたね。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 09:56 | コメント (0)

2005年03月15日

 優勝賞金を山分けできる競走馬の名前は「ホリエモン」。ん?どこかで聞き覚えのある名前ですよね!?  そう、この企画、「ホリエモン」こと堀江社長が率いるライブドアがやってるんですね。 ホリエモンくんで〜す!  もけもけは競馬ファンじゃないから、昨秋始まったこの企画、つい最近まで知りませんでした。ホリエモンが出走したというレースのニュースをたまたま耳にして知ったんです。  競走馬「ホリエモン」応援ファン・クラブのページで競走馬ホリエモンのファンクラブに入会すれば、ホリエモンが獲得した優勝賞金をファンクラブ会員に分配してくれるんだって。入会金や会費は無料なんで、もけもけも早速ファンクラブに入会しちゃいました。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 15:00 | コメント (0)

2005年03月08日

 読者のみなさん、インフルエンザは大丈夫ですか? もけもけは息子にバドミントンの練習を付き合わされて、筋肉痛なんだか風邪の倦怠感なんだか分からない状態になってます(笑)。  今年はA型・B型・C型インフルエンザが今頃流行っているそうで、もけもけアイランドでも2月頃から「インフルエンザにかかったら」というキーワードで検索してくるアクセス数が激増してます。  1年前に記事「インフルエンザにかかったら…」の中で特効薬の話を書いてるんですが、今年のインフルエンザの中にはその特効薬が効かない種類もあるんだとか。  手洗い、うがい、空気の乾燥に気をつけて予防に徹しないとね。睡眠中の咽喉の乾燥を防ぐには、マスクをして眠るのがいいそうです。でも、マスクしてると息苦しくて、無意識にはずしちゃうんですよね〜。  やっぱり加湿器を使うのが一番いいんでしょうね。人気の加湿器とお手入れ用品を紹介しておきます。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 00:17 | コメント (0)

2005年03月02日

 まずはこの絵本の表紙を見てもらいたい。親を失ったアヒルの子がカルガモ親子に育てられた実話をもとに作られた絵本なんですが、著者名に見覚えがありません? あひるのアレックスposted with amazlet at この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 21:07 | コメント (4)

2005年02月27日

 2004年に人気の高かったペット関連の本ベスト10を発表します!  人気ランキングの最終集計です。Amazon.co.jpのデータをもとに、「もけもけアイランドblog」で紹介したペット関連の本のうち注文数の多かったものを集計してみました。  もけもけはペット関連の姉妹サイト「電脳オカヤドカリLife」も運営してますが、電脳オカヤドカリLifeはオカヤドカリの飼い方と飼育用品の紹介に限定されているので、本の集計には直接関係なかったと思います。  ではペット部門の、実際に注文があったものの人気ベスト10と、注文はされなかったけれどクリックされて本の詳細を見た読者が多かったクリックスルーベスト10を発表しましょ〜! ◆2004年売上人気ベスト10(ペット部門)◆ この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 19:07 | コメント (0)

2004年12月18日

 何かと話題になる長寿記録。人間だけでなく、ペットも長寿化が進んでいるようですね。今回は、ギネス級の長寿動物のニュースやお話を紹介します。  まずは、これ。ちょっと前のニュースになりますが、オウムがこんなに長生きな動物だったとは! チャーチルのオウムがまだ、ヒトラーを呪詛している!?(海外ボツ!News 11月10日) ちょっと信じ難い話だが、ウィンストン・チャーチルがWW2当時飼ってたオウムが、まだ生きているんだって。英紙「ミラー」のウェブサイトに出ていました。 メスなのになぜかチャーチルが「チャーリー」という男の名前を付けたこのオウム、現在、なんと104歳。イギリス史上最も長寿の鳥だ。1937年にチャーリーを飼い始めたチャーチルはさっそく、お気に入りの呪詛を仕込み始めた。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 21:59 | コメント (3)

2004年11月14日

 以前、飼い主さんを救った動物のお話をまとめて紹介した記事「ペットが人を救う話あれこれ」を書いたことがありますが、今回紹介するのは、犬が自分で電話して救急隊員を呼んだという実話です。  早速そのニュース記事を紹介しましょう。 犬が救急電話、飼い主救う 米CNN報道(YAHOO!JAPAN NEWS)  【ロサンゼルス29日共同】米CNNテレビは29日、米西海岸ワシントン州リッチランドで今年9月、急病で倒れた女性(45)の飼い犬が911番(日本の119番)に電話し、救急隊員を呼んで飼い主を救っていたことが分かったと報じた。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 16:30 | コメント (0)

2004年11月07日

 11月7日(日)夜11:00〜11:30テレ朝で放送するテレビ番組「ステキな宇宙船地球号」で、「南の島の事件簿〜ヤドカリの目で見た日本の渚〜」でオカヤドカリがとりあげられます!  番組の内容は以下のとおり。  貝殻を家にするヤドカリ。鹿児島県・奄美大島ではゴミの中にあるプラスチックのふたを家代わりにするのが流行しているようです。黒潮が中国、台湾、東南アジアから大量のゴミを運び、海岸を「ゴミ銀座」と変えているのです。海に流出した原油や重油が固まってできるという廃油ボールは海の生き物にとっても大きな脅威です。  ヤドカリの目線を借りて、浜辺の環境問題を考えます。 (南の島の事件簿〜ヤドカリの目で見た日本の渚〜より) この記事の続きを読む >>

■追記

 番組、観ましたか? 主人公のムラサキオカヤドカリくん、かわいかったですね〜! メスたちが命がけでゾエア(赤ちゃん)を放つ貴重なシーンも入ってたし。

 外国からあんなにたくさん、ゴミや廃油ボールが日本の海に流れ着いてるなんて…。海岸が汚れているのは観光客等が散らかしてるだけなのかと思ってました。

 プラスチックのキャップや割れたビンの口を貝殻代わりに背負ってるオカヤドカリもたくさん出てきました。廃物を利用するのがチャッカリしてるというか、生命力たくましいというか(おばかさんでもある!?)。

 廃油ボールに脚をとられてもがいているチビヤドくんは、あわれでありました。廃油ボールは一見、塊のように見えるけど、太陽熱で溶けちゃうんだそうで怖いですね。沖合いで石油タンカーの清掃のとき排出されたものが流れ着くんだそうです。海に排出しないで洗う方法はないんですかね?

 家庭の排水に混じった油も、いつか海に流れ出て廃油ボールになっちゃうそうなんで、くれぐれも油の処分には気をつけましょう!

 あと、命がけで道路を横断して、ほぼ垂直の防波堤を降りていくオカヤドカリのお母さんヤドたちも映ってました。海岸沿岸の開発による道路や防波堤の問題は、本「ヤドカリの海辺」でも掲載されていましたが目の当たりに見たのは初めてです。

 台風のとき、オカヤドカリたちがどうしてるのかも謎というか、常々疑問に思っていたことでしたが、アダンの森の樹の根元に集まって、じっと大人しく嵐が過ぎ去るのを待つんですね。

 オカヤドカリと遊んだことがある人は知ってると思うけど、オカヤドの脚力って強いんですよね。人間の指にしがみついたら離れない! もちろん逆さになっても平気でぶらさがってます。カーペットとかに踏ん張られたら、てこでも動かせないって感じなんですよ。あの脚力で踏ん張って、嵐もやりすごせるのかな。

 ちなみに「アダン」というのは南方の植物です。沖縄のあたりでは、群生して森になってるそうです。その実はオカヤドカリの好物なんだとか。オカヤドカリたちが美味しそうに食しているシーンもありました。いったいどんな味なんだろう?

 オカヤドカリの食事といえば、もけもけんちの息子は今まで何度か指の皮をヤドに鋏でちぎられて食べられたんだそうです。さすが雑食性!! かわいい顔に似合わず、恐ろしいことをやってくれます(笑)。

 話がそれちゃいましたが、とにかく番組は、オカヤドカリ好きにはいろんな意味でタマラナイ30分間でしたね。浜辺のゴミ、見つけたら拾ってやんなくちゃ、って思いました。日本の海岸沿いにはオカヤドカリ以外にもいろんな種の生物が生息してるもんね。岡山だったら、カブトガニとか。みんなで日本の海を守んなきゃ。

 我が家のオカヤドたちは、秋になってからほとんどが砂に潜ってしまい、寂しい水槽になってます。ヒーター2枚も使ってるから寒いわけじゃないんだけど。

 水槽内の温度と湿度、どのくらいがいいのかの目安には「気象庁電子閲覧室」の「沖縄県の最新の観測データ」のページがとても参考になりますよ〜。毎日の沖縄の正時での温度と湿度がほぼリアルタイムでチェックできます。

 オカヤドカリたちが多数生息している沖縄の気温と湿度を再現してやれば、自然界に近い環境で暮らさせてやることができるんで、ヤドたちの健康にもいいはず。ただ、水槽内の湿度と温度の管理って、難しいもんですけどね。

 このところ変化のあまりなかったもけもけ家のオカヤド舎でしたが、先日は1円玉より小さかったチビ1号が2度目の脱皮を終えて、久しぶりに元気な姿を見せてくれました。それが、なんと、二周りくらい一気に大きくなっててビックリしたよ〜。貝殻も大きめのものに宿替えしてたんで「あんた、だれ!?」って感じ。

 脱皮前のチビ1号
          ↓
 今のチビ1号

 写真はクリックしたら拡大して見れるよん。未だに名前が「チビ1号(仮名)」のままなのには、突っ込み入れないでね。

 みなさんちのヤドたちも元気に暮らしてますか?

 オカヤドカリの飼い方と飼育用品のカタログサイト「電脳 オカヤドカリLife」もよかったら参考に見てくださいね。もけもけが作ったサイトで、飼育用品の選び方、使い方など、いろんな豆知識も紹介してます。

投稿者 もけもけ : 08:16 | コメント (6)

2004年10月20日

 ペットの生体販売について、日本では今までにもいろいろな問題が指摘されてきていましたが、今回は、もけもけからの要望に対応してくださった、あるショップさんについてのお話です。  そのショップさんとは、沖縄産のオカヤドカリを販売していらっしゃった「バラエティーショップおきなわ屋」さんです。以前、blogの記事「子どもに大人気!の新しいペット『ハーミーズクラブ』とは?」「琉球王国からオカヤドカリがやって来た!」「オカヤドカリの生活グッズと冬越し準備」とサイト「電脳オカヤドカリLife」でも紹介させていただいていたので、ご存知の方も多いはず。  バラエティーショップおきなわ屋さんからは、もけもけ自身、オカヤドカリを購入させていただいたことがあります。バラエティーショップおきなわ屋さんは注文を受けてから業者に依頼して捕獲してもらうという販売方法をとられていたので、「ペットのICチップ」に書いたようにペットの生体の展示販売に反対のもけもけとしては良心的に感じていたのと、実際に注文させていただいたときの対応の良さに信頼を置いていたのですが、ただ一点、「オキャッピー」という商品を扱われていたことにひっかかりがありました。「オキャッピー」というのは、プラスチック製のキャップをかぶったオカヤドカリの商品名です。  オカヤドカリは当然のことながら、自然界では天然の巻貝をかぶっています。自然界でのヤドカリの住宅事情を言えば、空いた貝殻が不足してるために、ヤドカリ同士が貝殻争奪の喧嘩をしたり、生きている巻貝を襲って食べる、または諦めて穴があいたり欠けた貝をかぶってるなど、それはそれで厳しい住宅事情があるみたいなんですが、中には捨てられたビンのフタをかぶったヤドカリが環境破壊問題の代名詞としてマスコミに取り上げられることもあったり。  天然の巻貝にカラフルなペイントが施された宿替え用の貝殻も売られていますが、自然の色の貝に見慣れると、返って毒々しいような不自然さを感じるようになります。そんな中、人工的なプラスチックのフタをかぶって売られていた「オキャッピー」に違和感を感じるのは、自然な流れとも言えるでしょう。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 01:08 | コメント (0)

2004年10月05日

 ペットを飼ってる人は、かわいらしい仕草や成長ぶりを写真に撮って残しておきたいと考えるもんですよね。ところが、いざデジカメで写真を撮るとブレていたり、ピンボケだったり、ベストショットを逃していたり…と使える写真がなかなか撮れないとお困りの方も多いのではないでしょうか。  デジカメはフィルム式のカメラと違って、何枚でも撮り直しができるからペットの写真撮影向きと言えるそうですが、実際にペットを撮ってみると満足のいく写真は数十枚に一枚撮れるか撮れないか、ということがありませんか?  ペットの写真を上手く撮るコツや工夫はいろいろあるでしょうし、デジカメの設定を変えることでうまく撮れるようになる場合もあります。でも、モード設定などあまり気にせずに、メカ音痴でも手軽にいい写真が撮れるなら、それに越したことはないですよね。  また、テクニックだけでは補いきれない、デジカメの性能の限界もあります。赤目に写ってしまうようなのは、ライティングや撮影角度をちょっと変えるだけでも回避できますが、ペットの写真撮影で一番難しいブレやピンボケは、シャッター速度などカメラの性能に寄る面も大きいと思うんですよ。  もけもけも、オカヤドカリの写真を撮り始めてから、いつも使っていたデジカメに不満が出てきてしまいました。そのデジカメではマクロモードにしても20〜30cmくらいまでしか近寄って撮ることができず、かといってズーム機能を使ってアップの写真を撮ろうにも画質が落ちてしまう。きれいに接写撮影したいのに! この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 23:49 | コメント (2)

2004年09月29日

 もけもけがblogに書いたオカヤドカリの記事が、一部のベテラン飼育者の方たちの間で批判されていることを知りました。ある掲示板ではいつの間にかアクセス制限をかけられてしまったようで、自宅からは見ることも書くこともできなくなってしまいました。意見交換の途中でこのような事態になってしまったので、今回は、もけもけがblogでオカヤドカリの飼育方法を紹介した理由と、飼育用品のカタログサイト「電脳オカヤドカリLife」を作った理由を説明させていただこうと思います。  ことの発端は、この夏TOMYから売り出された「ハーミーズクラブ」を取り上げたワイドショー番組を偶然観たことから始まります。「オカヤドカリ」という陸に棲むヤドカリがいること、ペットにできると知ったのは、その番組で観たときです。  そのあと、このオカヤドカリのことが気になって、ネットで検索して飼育体験者さんたちのサイトを見つけて読むにつけ、どんどんオカヤドカリに魅入られて、結局飼育することに決めました。ここらへんの経緯は、記事「子どもに大人気!の新しいペット『ハーミーズクラブ』とは?」を読んでもらった方がお分かりいただけると思います。  で、もけもけは動物を飼うときには、いい加減な飼い方はしたくないもんで、飼育方法などを納得できるまで調べるようにしてるんですね。かつていい加減な飼い方をしたペットがいて、それが心残りになっていることと、ペットを飼うということは命を預かることなので、いい加減な知識や気持ちで飼い始めて、あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔したり飼育放棄したりしたくなかったからです。  ちょうどその時期に東京旅行の機会が重なったので、東京のペットショップや大型書店巡りをして飼育用品にどんなものがあるのか、飼い方が載ってる本はないかと、暇があれば情報収集に息子と一緒に走りました。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 13:38 | コメント (29)

2004年09月05日

 今回はオカヤドカリに喜んでもらえそうな飼育用品の紹介と冬越し準備などについて、もけもけの総力をあげて(?)まとめてみました。  この夏、TOMYが商品化したオカヤドカリの飼育セット「ハーミーズクラブ」がマスコミで取り上げられ、玩具店やホームセンターなどでの展示販売で、飼育方法や生態の知識なしに飼い主になられた方も多いと思います。  沖縄旅行できれいな貝殻を海岸で拾ってきたら、中にオカヤドカリが入っていてビックリ!なんてこともあるみたいですね。  さてどうしようかとサイト検索しても、日本では飼育方法などをまとめたサイトが意外に少ないんですよね。飼育本もありません。オカヤドカリの研究は遅れているそうで、飼育方法自体がまだ確立されてないんですね。飼い主さんたちもあれこれ試行錯誤しながら飼っているのが現状のようです。  そこで、あちこちのサイトからもけもけが収集した情報と、もけもけの体験や感想を交えながら、オカヤドカリの飼育に役立ちそうなグッズとお話をまとめてみることにしました。もけもけ自身の覚え書きという意味もこめて…。 この記事の続きを読む >>

■追記

 本文中で紹介した「ライブロック」について、ある飼育者の方からオカヤドカリの水槽に使うべきではないとのご指摘を受けました。

 ライブロックは本来、マリンアクアリウムのアクセサリー、水質浄化用として販売されているもので、これを海水の無いオカヤド水槽に入れるということは、付着生物をすべて殺してしまうことになるそうです。私の浅はかな考えでは、ときどき海水に浸けてやればいいのでは…と思っていたのですが、そんな簡易な使い方はできないようです。

 死んだ生物は即座に腐敗し、水槽内を汚染することにもなってしまいますから、オカヤドカリの水槽には使わないでくださいね。

 誤った情報を書いてしまい、記事を読んでくださった方にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

■追記その2

 オカヤドカリを飼ってみたい人は、姉妹サイト「電脳オカヤドカリLife」も見てね! オカヤドカリの飼い方、飼育用品の選び方など、オカヤドカリについてより詳しいことが分かるオカヤドカリ情報専門サイトです。楽しい豆知識などもあるよ。

投稿者 もけもけ : 22:59 | コメント (164)

2004年08月27日

 沖縄から遠路はるばるオカヤドカリたちが我が家に無事到着しました。待ちに待ったオカヤドたちとの生活がスタートしました!今回はその受け入れ準備から到着までの顛末を写真入りでお話します。  このページにある写真はクリックすると拡大表示して見ることができますよ。それでは、いってみよ〜!  まずは我が家のペットになってくれたオカヤドカリたちの紹介から。  虫かごケースで届いた状態のオカヤドたち。  来たばかりなので、名前はまだいい加減な仮のネーミングです。娘が「4匹来るんだったら『ヤ・ド・カ・リ』の一文字づつとって『ヤーくん』『ドーくん』『カーくん』『リーくん』は?」という案は、安直すぎてすぐさま却下。何かいいネーミングあったら教えてね。 この記事の続きを読む >>

■追記その1

 オカヤドカリのお話は「オカヤドカリの生活グッズと冬越し準備」に続きます。

■追記その2

 流木のアク抜きについて、ある飼育者の方から、オカヤドカリの水槽に入れる流木はアク抜きの必要がないこと、また、アク抜き剤の成分について疑わしいので使用しない方がいい旨のご指摘を受けました。

 調べてみると、アクアリストの間でも、アク抜きを「しなくてもいい」、もしくはアク抜きは「しない方がいい」という意見があるようです。実のところ、アクの成分はよく分かってなくて(植物によっても成分は違うらしい)、アク抜きによって動植物に有益な成分まで抜けてしまうという説もあるようです。

 また、アク抜きしなくても、周りが茶色に変色するという見た目の変化以外には、流木のアクは動植物にとって無害だと考える意見もあります。 同様に、海で拾われた流木は塩分を含んでいますから、塩抜きをした方がいいという考え方と、そのまま使ったほうがいいという考え方があるそうです。

 オカヤドカリの水槽に入れるケースで考えてみると、アク抜きしないで砂が茶色に染まってもいいかどうか、流木に付着した細菌や虫の卵などが水槽に持ち込まれる可能性があること、塩分を含んだ流木の方がオカヤドカリは好むらしいことなど、いろいろな要素の中でどれを重視するかによって、アク抜きや塩抜き、熱湯消毒をするかどうかを各自で考えて選択することになります。

 もけもけは何の疑いもなくアク抜き剤を使用してしまいましたが、確かにアク抜き剤そのものの悪影響がオカヤドカリにある可能性はゼロではありませんね。幸いなことに、もけもけ宅のオカヤドカリたちは、アク抜き剤を使用した流木をかじっていても今のところ元気ですけど。

 オカヤドカリはデリケートな生き物なので、ちょっとしたことがストレスになることがあるそうです。化学物質を気にされる方は、ガジュマルなどの観葉植物の残留農薬も気にされているようです。

 ハイドロカルチャー化された植物を水槽内に入れることについても、ハイドロボールの中にオカヤドカリが潜って出てこられなくなるのではないか、ハイドロボールの容器の中の溜まった水で溺死してしまうのではないか、など心配される方もいて、賛否両論あるようです。

 もけもけ家では、ハイドロボールに潜ることはあっても貝殻が見えている程度にしか潜っていないようですが、念には念を入れるなら潜り防止対策をした方がいいのかもしれません。

 もけもけの場合は元来がズボラなもんで、あまりいろんなことを神経質に考えたくないし、過保護にしなくても基本さえ押さえていれば(オカヤドの場合は水、餌、温度、湿度の管理)、案外生き物って強いもんなんじゃないかと思ってるんで、結構いいかげんなことをやっちゃってるのかもしれません。

 このblogに書いてるのは、いわば「もけもけ流オカヤドカリ飼育譚」ですから、みなさんは他のオカヤドカリサイトも勉強してくださいね。それで、もけもけのやり方が明らかにおかしいってところがあったら、教えてくださいませ。

■追記その3

 オカヤドカリを飼ってみたい人は、姉妹サイト「電脳オカヤドカリLife」も見てね! オカヤドカリの飼い方、飼育用品の選び方など、オカヤドカリについてより詳しいことが分かるオカヤドカリ情報専門サイトです。楽しい豆知識などもあるよ。

投稿者 もけもけ : 22:05 | コメント (87)

2004年08月14日

 先日、昼間テレビをつけっぱなしにしてたら、新しいタイプのペットが子供たちの間で大人気になっているという番組の声が聞こえてきました。「ペット」という言葉に反応して画面を見ると、あるお店の展示ケースに群がっている子供たちの映像が。  子どもたちの心をとらえる、新しいタイプのペットとは何なのか!? それはカラフルな図柄の貝殻をかぶった「オカヤドカリ」たちでした。名前を「ハーミーズクラブ(HermiesCrab)」と言うんだそう。大手玩具メーカーTOMYから発売されているオカヤドカリ飼育セットです。  「なんだ、ヤドカリか」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、貝殻に色とりどりのペイントがほどこされていて、ほんとにかわいかったですよ! 子どもでなくても、「かわいいもの好き」「きれいなもの好き」な大人にもウケそうだと思いました。  「ハーミーズクラブ」はアメリカで大ヒットして、飼育セットが200万セット売れたらしい。日本でも、これまでに3万セットが売れたんだって。  この「ハーミーズクラブ」は「オカヤドカリ」という陸上に住んでいるヤドカリなんだそうです。だから海水を用意する必要もなければ、雑食なので特別な餌を用意しなくても果物や野菜など家庭にあるものをやればいいらしい。 この記事の続きを読む >>

■追記その1

 この記事を書き終えたあと、バラエティーショップおきなわ屋さんのページを見てみたら、「オマケで数匹プレゼント」ってのが「オカヤドカリをご注文頂いた方の中から、10名様にお一人様の割合で「オマケ」で数匹をプレゼント」に変わってました。

■追記その2

 本文中で紹介しているオカヤドカリの生体販売記事の中に、不適切な表現があったことが判明したため、訂正させていただきました。また、「オキャッピー」については、強制的に人工的なキャップに着替えさせた可能性があるため、動物愛護の観点からリンクははずさせていただきました。その後、強制的な宿替えではないことが判明しましたが、販売店であるバラエティーショップおきなわ屋さんでも、動物愛護の観点から販売を中止されました。詳しい経緯は「ある生体販売ペットショップの対応」にまとめたので、そちらも読んでみてくださいね。

■追記その3

 オカヤドカリのお話は「琉球王国からオカヤドカリがやって来た!」「オカヤドカリの生活グッズと冬越し準備」に続きます。

■追記その4

 オカヤドカリを飼ってみたい人は、姉妹サイト「電脳オカヤドカリLife」も見てね! オカヤドカリの飼い方、飼育用品の選び方など、オカヤドカリについてより詳しいことが分かるオカヤドカリ情報専門サイトです。楽しい豆知識などもあるよ。

投稿者 もけもけ : 22:51 | コメント (11)

2004年07月30日

 獣医がサジを投げた愛犬のアレルギー性皮膚炎(アトピー)を、ESP(超念力)で治そうと試み中です。  こう書くと「こいつ、いかれてんじゃないの?」って思われるかもしれませんが、もけもけは心霊現象や超能力ってものに対して本来は懐疑的です。もともと超念力なんて持ち合わせてもいませんし。  では、なぜこんなことをしているのか…。ことの発端をお話しましょう。  愛犬がアトピーを発症したのは昨年秋ごろ。最初はアトピーとかいうことも分からず、ただ皮膚炎だと思ってました。愛犬はこの夏3歳になり、発症してからずっと獣医さんに通院して、検査、頻繁な入浴、薬の服用、餌の病院食への切り替えなど、いろいろ手を尽くしてもらってきました。  服用中の薬の中にステロイド剤というかゆみ止めの薬があります。この薬は劇薬で、効き目が強い変わりに長期に渡って服用し続けると副腎をやられてしまうなどという副作用も強い薬。だいぶ長く服用させているので、この薬をきりたいのはやまやまだけれど、薬の量を少し減らしただけで皮膚の赤みとかゆみが増すので、やめるにやめれないという状態。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 22:16 | コメント (4)

2004年07月13日

 今回は、迷子の動物が保護されたというほのぼのとした話題と、もけもけの動物感動秘話(?)を紹介します。  まず最初の動物は、アナグマくんたち。 <アナグマ>犬にかまれた2匹、23日ぶり山へ戻る 福岡(Yahoo!ニュース 7月10日)  福岡県直方市上頓野の福智山系のふもとにある工業団地で、犬に襲われた子供のアナグマ2匹が会社員に保護され、獣医の手当てで元気になった。10日、山に23日ぶりに戻された。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 13:35 | コメント (3)

2004年07月03日

 久しぶりに動物関連の珍ニュースを一挙に紹介します。  まずは、犬関連のお話ニ題です。 人懐っこい犬が防いだ無差別乱射事件(海外ボツ!News 6月26日) 男は、ニューブランズウィック州ウッドポイントに住むジェームズ・スタンソン(43)。どう頭のネジが緩んだのかわからないが、死ぬまで刑務所に隔離されるために、殺せるだけの人間を殺そうと決意した。しかし、地元の人々はよい人たちなので、トロントに行って無差別殺人を実行しようと計画。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 14:43 | コメント (0)

2004年06月16日

 ペットを飼いたいけれど、ペット禁止だからとか、家が狭いから、世話が大変そうだから…とあきらめている人いませんか?  これからもけもけが紹介するペットは、そんな人でもペットの飼い主気分をあじわえる「ペットではないペット」です。つまり動物じゃないってこと。  ここに紹介するのは、お手軽にかわいがれるペットばかりです。 「モスペット」  天然の苔で作られたペット型の植物です。すごくかわいい! 植物なのに、水は一切要らないそうです。ってか、水をやると逆にカビが生えてよくないとか。手間いらずのペットです。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 19:27 | コメント (9)

2004年06月10日

 前回の日記「川面の光と夜空の光を楽しもう!」に書いたのとは別の、ホタルの名所に行ってきました。  前回の名所から、もう少し山奥に入った名所です。幅5~10メートルくらいの川がゆるやかに流れている場所でした。午後八時半くらいがきれいだと聞いていたので、少し早めの7時半頃、現場に到着(ちょっと早すぎ?)。平日だからか、時間が早かったためか、付近には見物人らしき人は誰もいませんでした。  地元の商店がまだ開いていたので、どこらあたりでホタルを一番たくさん見れるのか、おすすめスポット情報をGET! しばらくブラブラと時間つぶしをし、8時すぎくらいからそのスポットを目指して川沿いの道を歩いていってみました。  すると、川の中洲や両岸の草むらに、ポツポツと美しい光が…! スポットに近づくにつれてその数はだんだん増えていきました。スポット付近では宙を舞う光の乱舞を観ることができました。ふわりふわりと漂う光。言葉には言い尽くせない美しさです。  ホタルの乱舞は、デジカメで撮るのは無理でした。光がほのかすぎて写らなかった。数十匹のイルミネーションが宙を舞うのをお見せしたかったんですけど。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 23:11 | コメント (3)

2004年06月08日

 でーんでんむーしむしカタツムリ♪…梅雨の季節にぴったりのニュースを見つけました。 カタツムリの粘々からつくられた奇跡のハンドクリーム(海外ボツ!News 5月26日) チリ人の医者がカタツムリの粘々した分泌液を原料にしたスキンケア・クリームを開発、肌に奇跡的な効果があると話題になっているそうだ。(中略)カタツムリを栽培する人々の切り傷が驚くほど速く回復することを知ったのがヒントになったんだそうだ(ってことは、このHelix Aspersa この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 14:30 | コメント (12)

2004年06月03日

 先週、中国地方は梅雨入りしました。  先週末は、子供たちの中学の体育大会、屋外での囲碁大会など外での行事がもけもけの身辺ではありました。ちょうど雨の合間をぬったかのように、晴天に恵まれたのは日頃の行いのせいだったのでしょうか?(笑)  どちらも蒸し暑い日で、日焼け止めクリームを塗り忘れたところが真っ赤に日焼けしてしまいました。(「吉備真備公園」囲碁フェスティバルの指導碁風景で、もけもけの胸元が真っ赤になっているのはこのためです。)  娘は体育大会の予行演習の日に真っ赤に日焼けして、夜、娘が入浴中のお風呂場からは何度も雄叫びが聞こえてきて怖かった。お湯がしみてたんだそうです。息子は元から色黒なんで日焼けしても分からない程度で赤くもならない子だったのに、予行演習の日の夜、生まれてはじめて日焼けでお湯がしみたそうなんで、よほど強い日差しだったんでしょう。  これからの季節は、紫外線対策がかかせないですね。みなさんもお気をつけて。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 21:49 | コメント (5)

2004年05月11日

 そろそろ蚊のシーズンですね。犬にとって蚊は恐ろしい病気のもとです。猫やフェレットもフィラリアにかかることがあるそうです。  フィラリアに感染すると、どんなことになってしまうのか。 フィラリアは寄生虫です(「獣医師広報版」より) フィラリアは別名を犬糸状虫という虫です。 フィラリア成虫はそうめんそっくりの姿をしていてメスで長さ30センチにもなり、 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 21:49 | コメント (0)

2004年05月05日

 ペットのおかげで一命をとりとめた…そんな命の恩人のお話をいくつか紹介します。  まずは先日見つけたニュースから紹介。 身を挺して少女を救った野良犬(海外ボツ!news 4月28日) ある日、リヴィアちゃんは3階のバルコニーからヌサに餌をあげようと、踏み台に乗って身を乗り出していたところ、バランスを崩し転落してしまった。ところが幸運なことに落ちたところにちょうどヌサがいた。犬がクッションになって、ほんのかすり傷を負っただけで命に別状はなかったというから驚きだ。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 10:50 | コメント (2)

2004年04月30日

 都会から田舎に引越し経験のあるもけもけが思うこと。それは、ペットの飼い方や環境に大きな違いがあるなぁってことです。  都会は緑が少ないって言われるけれど、その分、公園やドッグランなどが多く整備されてると思います。もけもけの今の家は田んぼが広がる田園にあります。こっちに来てみて公園が無いのには驚いた。ドッグランなんて「何それ?」って感じですよ。自然がそのまま公園だって言われればそうかもしれないけれど、それでも誰かの私有地なんだから自由に使えるわけがない。  道路も歩道がないので犬を散歩させるときはなるべく車の通らなそうな農道を使うように気を使っているし、公園まで遊びに行くなら車ではるばる出かけなくちゃいけない。ペットフードや用品も欲しいものが売ってるお店がないし、ペットショップの数も少ない。獣医さんも犬猫専門のところが多く、小動物や変わった動物を診てくれる病院がほとんど無い。田舎は田舎でそれなりに不便を感じる毎日です。  そこで愛犬のために密かに目論んでいる夢があるんです。使っていない裏の畑をドッグランならぬ愛犬のための広い遊び場にできたらなぁって。整地して柵を作れば思い切り遊べそう。いつ実現できるか、いまのところ目途はたってないんですが考えるだけでわくわくできます。  先日、次のような記事を見かけました。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 08:20 | コメント (0)

2004年04月27日

 旅は道連れ…いや、犬連れ、猫連れしたくてもできないことがありますよね。そんな人のために関西空港内にペットホテルができたそうです。 連休は犬、猫預け旅行へ 関空にペットホテル完成(共同通信 4月20日)  関西空港に国内初の犬、猫用空港内ペットホテル「プロムナード」が完成し20日、オープンを前に報道陣へ公開した。関西国際空港会社は「大型連休の旅行は、ペットを預け安心してお出かけを」と呼び掛けている。  大型犬から猫まで計40匹を、訓練士など専門のスタッフが24時間態勢で預かる。料金は大型犬が1泊1万円、中型犬8000円、猫4000円。室外で散歩などができるスペースも備える。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 10:44 | コメント (2)

2004年04月25日

 この名前を聞いてすぐにピンときた人は動物好きか、ワイドショー好きのいずれかではありませんか? タマちゃん、埼玉に来て1年…推定200キロに成長(Yahoo!News4月19日)  アゴヒゲアザラシのタマちゃんが横浜市の帷子(かたびら)川から埼玉県へ“引っ越し”し、20日で1年。すっかり朝霞市の荒川にすみつき、ユーモアたっぷりの姿が相変わらず人気を集めている。  そう、あのタマちゃんの本名(?)です。タマちゃん、住民登録もしてることだし、結局日本に住み続けるつもりなんですね。まあ、元気ならそれでいいんですけど。  タマちゃん関連でネットサーフィンしていたら、面白いサイトを見つけました。その名は「タマちゃんを放置する会」。ほんとに放置してるだけなんで笑えます。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 07:36 | コメント (0)

2004年04月22日

コマンドで動かせるニワトリ・フラッシュが大人気!(海外ボツ!News 4月16日) バーガーキングが新製品のチキンサンドイッチを宣伝するためにおもしろいフラッシュのウェブサイトを立ち上げた。サイトに行くと、中央に、人が入ったニワトリのぬいぐるみの画面。その下の空欄に英語でコマンドを入力すると、その通りにニワトリが演技をするのだ。  このニワトリ、大柄な男性が演じているみたいですが、なかなか笑えます。「Subservient Chicken」に掲載されているのでコマンドを入力して遊んでみてはいかが? ニワトリの下にある枠にコマンドを入力して「SUBMIT」をクリックすれば命令どおりの動きをしてくれます。ただし英語じゃないと通じないんだけどね。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 08:32 | コメント (18)

2004年04月18日

 今回紹介するのは、犬の詩「犬の十戒」と猫の詩「猫の十戒」の二つです。  犬の十戒は、犬から飼い主への心情が綴られています。犬を飼ってる人に読んで欲しいのはもちろんですが、犬を嫌いな人にも読んでもらいたい詩です。涙なくしては読めないかも。  猫の十戒は、おそらく犬の十戒の猫版パロディなんでしょう。こちらは飼い主から猫へのメッセージを綴っています。猫を飼ったことがある人なら笑えるんじゃないでしょうか。  これらの詩は原文は英文です。日本語訳を掲載していたサイトがあったので引用させていただきました。 ※引用元サイト※ この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 23:30 | コメント (2)

2004年04月12日

 とうとう、ペットのクローンを作るビジネスがアメリカで始まりました。クローン技術の実用化について考えてみましょう。 ペットのクローン5万ドル(海外ボツ!News 3月29日)  愛するペットのクローン、5万ドル(約530万円)でおつくりします…… こんなSF的なビジネスをサンフランシコのバイオテクノロジー企業が始めた。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 08:30 | コメント (0)

2004年04月11日

 先日ネットでこんな記事を見つけましたが、一部分に疑問に感じる点があります。 犬見れば飼い主わかる…太った犬の主人は肥満気味(読売新聞4月5日)  人が飼い犬を選ぶ際、外見的に自分に似た犬種を選ぶ傾向があるという調査結果を、米カリフォルニア大サンディエゴ校の研究チームがまとめた。  ということですが、ある面ではそのとおりだと思いますね。このニュースの中でも触れられてるけれど、かねてからもけもけは「人は配偶者を選ぶとき、自分や家族に似た人を選ぶ傾向があるんじゃないだろうか」と思い続けていましたから。ペットの場合もしかり、といったところでしょうか。  「似たもの夫婦」という言葉は「夫婦は性質や趣味などがよく似るということ。また、性質や趣味などが似ている夫婦。(大辞林第二版)」と内面的な部分が似ている夫婦のことを指しますが、外見も似ている夫婦がよくいますよね。夫婦同士は一見似ていないように見えても、例えば夫の母親と奥さんが似ていたり…ってケースにお目にかかることがよくあります。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 18:48 | コメント (2)

2004年04月05日

 今回紹介するのは、大切なペットを亡くされたあなたへ贈りたい二つの詩です。  どんなペットでも家族の一員として生活していたペットを亡くされたら、心痛められることだと思います。「ペット・ロス」という言葉があるように、中には何ヶ月も何年も落ち込んでしまう人もいらっしゃるようです。  今は若くて元気なペットでも、ほとんどのペットが飼い主より先に死を迎えます。必ずいつかは別れの時がやってくるのですよね。  動物の寿命は、心臓の鼓動の速さで決まっているという説があります。その説によると、平均的な一生の鼓動の回数は種にかかわらずほぼ一定なのだそうです。だから鼓動が早い種の動物ほど寿命が短く、ゆっくりした鼓動の種だと長生きなんだそうです。あなたのペットの鼓動の速さはどうですか? あなたの鼓動と聞き比べてみてください。  ペットとの別れのときがやってきたとき、これから紹介する詩を思い出せたら少しは元気がでるのではないでしょうか。そしてあなた自身の寿命がつきようとしたときにも思い出してみてください。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 08:35 | コメント (0)

2004年03月29日

 先日ついに猫語翻訳機「ミャウリンガル」が発売開始されましたね。犬語翻訳機「バウリンガル」に続くペット語翻訳機の第2弾です。(第3弾はあるんでしょうか!?)  もけもけは実はバウリンガルを持っています。発売されるだいぶ前から開発中だとは聞いていたし、発売日の何ヶ月か前からはテレビに「バウリンガルを開発した、日本の音声分析の第一人者」さんがしょっちゅう登場して、音声分析技術のすごさや犯罪捜査への貢献の話をして、バウリンガルの宣伝をしていました。これは期待できそう! 愛犬家が集まっているネットの掲示板でも、みんな楽しみに発売を待ってるみたいでした。もけもけも期待を高め、発売日が待ち遠しかった!  発売されてしばらくたった頃「そろそろ手に入れた人が掲示板に感想を書いているのかな?」と思って、ネットで検索。でも感想はそのときどこにも見当たりませんでした。前はあんなに話題になってたのに、この静けさは…?  そうこうしているうちに、もけもけが愛犬家であることを知っている友人から誕生日祝いにバウリンガルをプレゼントしてもらったんです。ラッキー! うれしかったよ〜。早速、うちの犬に使ってみました。  で、使用感はというと…正直言って「だから、なに?」って感じでした! この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 09:10 | コメント (0)

2004年03月20日

 ニュースで連日のように大騒ぎされている「鳥インフルエンザ」。そんなに大騒ぎするほど大変なの!?  もけもけは、いつもニュース番組は何かをしながらの「ながら聞き」なので、鳥インフルエンザについても「あ、そう」程度に聞き流していました。でも、自殺者が出たり、報道の加熱ぶりはすごいですよね。ペットとして飼われている鳥や動物にも関わりがあるかもしれない。そこで、ちょこっと調べてみました。  まず、鳥インフルエンザとは何か?  名称どおり、鳥が感染するインフルエンザのことです。って、これだけじゃ調べたことにならないですね。正式名称は「高病原性鳥インフルエンザ」というのだそうです。鶏の病気で、これまではトサカからの出血・顔面や脚が腫れる・元気が無くなるといった症状を示すことが多かったそうですが,今年発生している鳥インフルエンザは元気がなくなる以外はとりたてて症状を示さずに死に至っているそうです。  人間が感染することはまれで、通常の日常生活を送っている分には感染しないそうです。感染するとしたら、鶏の唾液や分泌物、糞便などからなので、感染した鶏の世話をしたり食肉加工を扱ってる人くらい。でも、ヒト・インフルエンザにかかっている人が同時に鳥インフルエンザにも感染すると、その人の体内でインフルエンザウイルスが混ざって「新型インフルエンザウイルス」が誕生してしまいます。新型なので、それ以前に別の型の予防接種を受けていて この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 03:46 | コメント (0)

2004年03月14日

 子供は、捨て猫、捨て犬、怪我した小鳥などを拾ってきて飼おうとするけど、ペットを捨ててるのは大人なんですよね。これって、とってもゆゆしきことだと思いませんか?  テレビゲームの影響で、子供たちが命をリセットできるものと軽く見るようになってきているなんてときどき言われますが、もけもけは違うと思う。大人たちだって、命を軽んじたこといっぱいしてるじゃん!って。手に負えなくなった凶暴なワニガメを川に捨てたり、保健所行きになってる犬や猫は誰が捨てたの? 公園に野生化したノラ鶏が増えていたり、池に捨てられたカメが増えて魚が減ってしまった…なんて話も聞きますよね。  アメリカの一青年イアン・フィリップスが作った「LOST」という本を知っていますか?  話題を呼んでニュースや雑誌で紹介されているのを見たことがある人も多いんじゃないかと思いますが、この「LOST」という本は、愛するペットがある日突然いなくなって、町中を探し回った飼い主があちこちの電信柱に這っていた「ペット、探してます」の手作りポスターを世界中から集めて掲載した本です。心をこめてつくられたその素朴なポスター一枚一枚にイアン・フィリップスは「家族のパートナー」を失った悲しみ強い絆といった切ないドラマを見て「ポスターを一枚はがしたら、同じものを十枚コピーしてあちこちに貼っておきましょう」というメッセージを添えています。  世の中には、ペットを愛する人もいれば、無責任な飼い方をしたり放棄する人がいる。なんだか、やるせなくなりません? この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 03:44 | コメント (1)

2004年03月12日

 もけもけ家の愛犬が、ある日突然アレルギー性皮膚炎になってしまった!  このことをきっかけに、ペット自身のアレルギーについて調べてみました。 体質によるものの他に、アレルギーや皮膚炎になる原因はいろいろあるそうです。「うちは雑種だから病気とは無縁だよ」だとか「ナチュラルフードを食べさせてるから大丈夫」と思っていても安心できないんですよ。皮膚病は誰のペットでもかかってしまう可能性がある、病気の中で一番多い病気だからです。  あなたのかわいいペットがある日突然アレルギーになったら…? 万が一に備えて、予防策と対処法を考えてみましょう。  皮膚病は色々な原因でおこるそうです。「外部寄生虫(ノミ、かいせん、ダニ、シラミ)」「細菌」「真菌」「ホルモン失調」「アレルギー」が主な原因です。 この記事の続きを読む >>
投稿者 もけもけ : 03:41 | コメント (4)
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
あまぞんブログ