年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2007年10月19日

架空請求・悪徳商法業者に立ち向かう、恐怖のリダイヤル男イマイ

 みなさんは、リダイヤル男イマイをご存じでしょうか?

 ときには何十回、何百回とリダイヤル攻撃し、ついには悪徳業者に根をあげさせて架空請求を認めさせてしまう、特捜記者イマイさん。

 「報道特捜プロジェクト」というテレビ番組の名物コーナーで、架空請求をされた視聴者になり代わって相手業者に質問の電話を徹底的にかけ続け、どんな輩がどういう手口でそうした請求を行っているのかを明らかにしていきます。

 悪徳業者とイマイ記者のやりとりが面白くて痛快なため、ファンも多いようです。

 かくいう、もけもけも何年か前、イマイ記者が香港の闇組織LPS(海外宝くじダイレクトメール業者)に立ち向かい、現地にまで行ってアジトをつきとめるという回を見て、すっかりファンになっちゃいました。

 だけど不定期にあるコーナーなので、なかなかイマイ記者の勇姿(後ろ姿だけだけど)にお目にかかれなくて残念に思っていたところ、YouTubeで動画を見つけました。

 観たことがない人は、まずは以下の動画を観てみてくださいね。

 日本テレビから支給されているネット接続ができない携帯電話なのに、有料サイト利用料を請求してきた架空請求業者との攻防が放送された回のものです。






 イマイ記者1/3
 イマイ記者2/3
 イマイ記者3/3

 Flashになっているもの(別の架空請求業者です)もありました。

 どうでした? 後半のやりとりに、思わず吹き出しちゃいませんでした?

 イマイ記者のしゃべり方は、気弱でおどおどしたようにも聞こえるのですが(事実、業者からもよく「根暗?」と言われてます)、業者がブチ切れて恫喝や脅しをかけて怒鳴ってきても、動揺しないでひょうひょうと冷静に質問し続ける様には敬服しちゃいますよね。

 それも、法律論を振りかざした小難しい話をするではなく、はじめはごくごく平凡で些細な質問から始めてるところがウマイ!

 業者はまんまと騙されて、イマイさんを「少々ねちっこいけど払ってくれそうなカモ」くらいに思ってるようですもんね。

 振り込みをしそうでしないイマイ記者に、だんだんとイライラを募らせていく業者の様が、見事にいつも同じパターンになって笑えます。

 さらにイマイ記者のすごいところは、業者が捨てゼリフを吐いて電話を切ったところから、本領が発揮されること。

 何回電話を切られても即「再ダイヤル」ボタンを押して、業者にリダイヤルし続け、質問し続けます。何度観ても笑えるよね、このシーン。

 相手が怒っても、呆れても、「頼むからもう電話しないでくれ」と懇願しても、業者が架空請求であることを認めるまで、リダイヤルをやめないのです。

 すさまじい執念! ストーカーも真っ青です。

 ときには何百回もリダイヤルし続けるのですから、業者が根をあげるのも無理からぬこと。

 実はここ数年、彼のコーナーを目にしてなかったので、すっかり記憶からも忘れていたのですが、先日、たまたま再放送されていたフジテレビの「ついていったらこうなった…緊急報告会」という番組を観て、思い出したんですよね。

 フジテレビのその番組では、有料携帯サイトの代金を架空請求してきた業者に、カンニング竹山さんが電話して質問攻めにして「払わなくていいです」と言質をとるところまでを放送していました。

 イマイ記者の架空請求業者への電話応対を真似たものは、他にも一般人が真似た動画がYouTubeなどにアップされていますが、どれも本家本元のイマイ記者に比べればイマイチなものばかり。

 イマイ記者のあの独特のキャラクターが、悪徳業者をぶち切れさせ、視聴者に笑いを誘うんでしょうね。やっぱり。

 イマイ記者の場合、応対が笑えるだけのエンターテイメントで終わっていないのも、すごいことですよ。

 粘り強く架空請求業者から口座番号等を聞き出して、金融機関や警察に報告して口座を停止してもらったり、アジトを突き止めるところまでやってくれるので、犯罪防止に役立ち、世のため人のためになっているんですから。

 そんなイマイ記者のコーナー、いつの間にか、本にもなってたんですね。

イマイと申します。―架空請求に挑む、執念の報道記録
日本テレビ『報道特捜プロジェクト』
ダイヤモンド社 (2005/08)
売り上げランキング: 35896
おすすめ度の平均: 4.0
4 漫才のような面白さだが、笑っていられない人も多いのもまた事実
4 イマイ記者のリダイヤル攻撃が火を噴く!
4 イエローJは映像つきでないとインパクト薄の為星4つ

 今まで知らなかったのが悔しいなぁ、もう!! もちろん、速攻で注文して取り寄せちゃいましたよ。

 この「イマイと申します。―架空請求に挑む、執念の報道記録」には、「海外ロト」や「架空請求」などの悪徳業者を追いつめるイマイ記者の全軌跡が紹介されています。

 諸事情により放送されなかった未放送分の原稿も収録されていて、紙上で読んでも十分笑えます。

 中でも、番組で全編放送が見送られた伝説の回「指詰めのマサ」がフル収録されているので、これだけでも必読ものですね。

 電話の受け答え術としても勉強になる本ですが、素人は真似して悪徳業者に電話することなどは決してしないように。こちらの電話番号を教えてしまうことにもなり、連絡しただけで「脈あり」の顧客と思われてしまうので。

 詐欺対策本としては、「電話にでたらこぅなった!」「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ」も面白くてためになりますよ。

 「電話にでたらこぅなった!」は、電話・インターネット・郵便などを利用した悪徳商法を自ら体験し、その実態を暴く本で、だまされないための知識、だまされたときの対処法が満載されています。

 「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ」は、街でいろいろ勧誘されるキャッチセールスに「本当についていったら、どうなるのか?」を実践していて、気になるけど見にいけない場所のことをこっそり教えてくれます。

 関連本として「裏のハローワーク」も読んでみると面白いですよ。

 イマイ記者の「指詰めのマサ」の回に、イマイ記者がシベリア行きの漁船に乗って働くかと脅されるシーンがありますが、この本ではそういった、世の中のあらゆる「危ない」「裏のある」仕事に密着取材しています。

 各職種ごとの「リスク」「収入」「労力」「犯罪性」「働き方」も掲載されていて、読むだけでも楽しく、就職したいなら、いっそう役立つこと請け合い!?

 大通りからは見えない裏路地の世界を、あなたもちょっと覗いてみませんか。

裏のハローワーク
裏のハローワーク
posted with amazlet on 07.10.15
草下 シンヤ
彩図社 (2004/05)
売り上げランキング: 26568
おすすめ度の平均: 4.0
4 知らない世界
4 なかなか面白いです
5 あっぱれです!
CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2007年10月19日 22:42
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント