年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2007年03月23日

眠れない夜にお読みください……

 「コトリバコ」「ヤリノサキ」「くねくね」という話をご存知でしょうか?

 この三話は現代の怪談です。比較的新しい都市伝説と言っていいかもしれません。

 中でも「コトリバコ」は、一昨年ネット上で広まった体験談らしいのですが、すでに都市伝説化してるようです。

 ネットを使った伝播力の速さでは、かの「口裂け女」も真っ青かも!?

 リンク先に話があるので、あとでゆっくり堪能してください。読む前の心構えを、先に少しばかり書いておきましょう。

 もけもけのように「どうせ作り話じゃん」と笑って読める人は怖くもなんとも感じないかもしれないけれど、語り方がとてもリアルなので影響されやすい人は読まない方がいいかもしれません。

 他サイトで感想をいくつも読みましたが、本当にあった話だと信じる人にとってはとても怖い物語に感じるようです。特に影響されやすい若い世代の感想が多かったように感じました。

 三話に共通しているのは日本の古い因習や地域性にまつわる話であるということ。差別的な感情や間違った知識を生じやすい物語なのではないかと思ったので、信じやすい人や影響されやすい人には危険かなとちょっと思ったんですよね。

 もけもけも真実を調べたわけではないから、全くの作り話だと確証を持って言えるわけではないですし。

 そこらへんをふまえた上で、読みたい人だけ読んでみてください。「くねくねのフラッシュ」は本文を読んだ後で見ると笑えます。

コトリバコ

ヤリノサキ

くねくね

くねくねのフラッシュ

 もけもけ的には、この手の話より「この話を聞いたら何日以内に霊が現れるので呪文を唱えなければ憑り殺される」系のよくある話の方が、単純だけどよっぽど怖かったりするんだよね。実話だと信じていない点は同じなのに、どうしてかなぁ?

 上の三話を読んだときも、部屋の明かりを消して真夜中に読んでもなんともなかったのに、その後に「カシマさん」の話を読んだらトイレに行けなくなりました(爆)。すぐ横にあった、障子にあいた穴の向こうの暗闇がとても怖かったよ〜。

 トイレといえば、我が家のトイレは縁側になっている廊下の一番奥にあるんだけど、娘は小学生の頃その廊下に子供の幽霊がいると信じていて、トイレに行くのが怖かったらしい。理由を聞いたら爆笑もの!

 娘はなんと、その廊下の方向からときどき隣家ではしゃいでいる子供の声や足音が聞こえてくるのを、我が家の廊下に棲みついている子供の霊の仕業だと思い込んでいたんだって!

 まあ、この娘の話は、もけもけにとっても、ある意味怖い話かもしれないんだけど。だって、隣家の物音がこちらに筒抜けということは、我が家の物音も隣家に筒抜けってことだもんね。もけもけが子供たちを怒鳴ってる声なんかも筒抜けってこと!! ヤバイ!?

 子供の頃は一人でトイレに行けない怖がりだったもけもけも、大人になってからは霊とか怪奇現象だとかより生きてる人間の方が怖いと思うようになりました。

 ↓こういうの読んじゃうと余計にね。壮絶だよ〜!

いま、殺りにゆきます
平山 夢明
英知出版 (2006/07/07)
売り上げランキング: 14200
おすすめ度の平均: 4.0
4 怖すぎる!!
3 一人暮しの女性は読むのを止めたほうがいいと思う
4 平山節炸裂
いま、殺りにゆきます(2)
平山 夢明
英知出版 (2006/12/14)
売り上げランキング: 38388
おすすめ度の平均: 4.5
4 幽霊よりも…
5 時代に合致した作品
4 平山節が心地いい
CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2007年03月23日 22:15
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント