年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2005年12月17日

金運アップ!?おもしろ貯金箱と宝くじのお話

 いま人気の貯金箱を知ってますか?注文殺到で売り切れ店続出なんだそうです。

 その貯金箱が、これ↓。その名も「パーソナルATM貯金箱」! なんと自宅にATMを設置しちゃおうというアイデア貯金箱です!

カードと暗証番号の安心セキュリティー!本格派ATM貯金箱で楽しく貯金♪【パーソナルATM貯金箱】

 これ、形がATM型になってるだけじゃないんですね。ちゃんと、カードを使って、暗証番号を入力しないと使えないんだって。目標金額を設定できたり、カウントダウン機能もあったりなんかして、おもしろ〜!!

 自宅にいながら銀行のATMにお金を預けた気になれるので、貯蓄意欲が高まるらしい。おまけで金運アップもしてくれないものか?

 本物のATMと違って自動的に利息は付かないんで(当たり前!)、自分で利息分を入れて増やしていくのも楽しいかも!?

 ただ、小さくて軽そうだから、泥棒に丸ごと持って行かれるんじゃないかと心配してしまう。もけもけの考えすぎ!? だって、いかにも目につきそうな貯金箱だもんね(笑)。

 金運アップと言えば、ちょうど年末ジャンボ宝くじのシーズンですね。もう、買いました?

 テレビの特集で当たった人の体験談等をやってたので、もけもけの体験談と合わせて紹介しておきますね。

 宝くじは、買ったら神棚なんかにお供え(?)してお祈りする人が多そう。テレビでやってたのは、お嫁さんの大事にしている招き猫の前に置いて毎日お祈りしていたというお姑さんの体験談でした。

 もけもけも実はかつて、1等ではないけどちょっぴり高額当選したことがありまして、そのときは商店街での買い物帰りに宝くじ売場の前をたまたま通りがかって「あ、今日、ジャンボの販売最終日なんじゃん。買っとかなきゃ」と財布を見たら、ガビーン!3000円ちょっとしか入ってない!

 いつもジャンボ宝くじを買うときは3セットで30枚まとめて購入するんだけど、仕方ないので1セット10枚だけ買って帰ったんです。

 そのまま宝くじのことは忘れてて、抽選日を過ぎたある日、ふと思い出して当選番号案内にTELしてみたら当たってたんです!

 あまり欲をかかない方がいいのかも…とその時以来思うようになったとさ。

 タレントのにしきのあきらさんはロトくじに何回も当たったことがあるそうで、「ロト6やミニロトは自分や家族の誕生日などにするといいのでは」「ナンバーズなら自宅や友人の電話番号にするといい」って言ってましたよ。

 ロトと言えば、今年の秋、ロト6で初の2週連続キャリーオーバー(当選者なしで次回に賞金が持ち越されること)があって、1等賞金が4億になった回がありましたね。

 もけもけはロトは初めてだったので、ビギナーズラックを狙ってその回にチャレンジしてみたけど、ぜんぜんダメでした。

 何の事前研究もせず番号をまばらにして選んじゃったんだけど、実際の当選番号を見てみると結構近い数字がかたまって当たりになってたりして、数字に偏りがあるもんだったのね。失敗じゃー!

 「宝くじは運だけ勝負。攻略法なんてあるはずない」って思ってたけど、ロトやナンバーズは案外、攻略法も役に立つものなのかもね。

 「ミニロト究極の作戦」「ロト6究極の作戦」「ロト6必勝指南」「ミニロト&ロト6 ナンバーズ3&4 デラックスドリーム〜完全版〜」「ロト6・ミニロト攻略データ」などの攻略ソフトや攻略法があるんで、参考にするといいかも…。

 あと、周りに妊婦さんにいる人は、お願いして妊婦さんに買って来てもらうと当たりやすくなるかもしれないですよ。「妊娠中は運が強くなって当選しやすい」というジンクスがあるから。

 このジンクス、あながち迷信とは思えないんですよね。もけもけも妊娠中は、宝くじだけじゃなく福引や懸賞なんかに当たりまくったもん。ほんと、妊娠中だけだったけど。運が2人分になるからなのかなぁ?

 そういえば、10年位前、めちゃくちゃ当選確率が高い宝くじ売場があるとテレビでやってたこともありました。

 銀座のチャンスセンターはあまりに有名すぎて、そこで買う人もめちゃくちゃ多いから確率的にどうかと思うけど、テレビでやってたところは本当に当選確率が高かった!

 確か、どこかの小さな島にある宝くじ売場で、住人が少ないから売ってる宝くじの数も少なくて(全部で100セットくらいだったかな?)、そこからだいたい毎年1等の当たりが出てるっていう話でした。

 どこの島だったか思い出せないのが非常に残念! メモっとけばよかったよ…。

 …ということで、みなさんも当たりますように! もけもけも当たりますように! 験を担ぐのに、参考にしてくださいね。

 最後にミニ知識。宝くじに高額当選すると、その後どうなるか知ってますか?

 もけもけのとき(第一勧銀時代です)は、銀行窓口で「あの〜、宝くじに当たったんですけど…」と恐る恐る言うと、「おいくらのですか?」とか聞かれて、高額当選だと分かったら奥から担当者がすっとんで出てきてくれて驚いたよ。

 まず当選番号を確認してもらって、当選券の裏に署名捺印、高額当選した人用のアンケートを書かされました。

 このアンケートがまた笑える内容だったんだよね。4〜5択から回答を選ぶ形式だったんだけど、その選択肢がふざけて作ってるんじゃないかと思える内容で。当選してニマニマ、選択肢がおもしろくてニヤニヤって感じ。

 それから別室に通されて、当選金引き渡しの打ち合わせをしたように記憶してます。

 高額当選だと、銀行でもすぐにその場で当選金を渡してもらえないんですね。当選番号発表から支払開始日までもしばらく待たされるのに。

 別室では当選金の支払いを小切手にするか現金にするか聞かれて、小切手だと現金に換金できるまでだいぶ日数がかかるっていう話だったんで現金を選択したんだけど、現金でも後日(1〜2週間後くらいだったかな?)受け渡しということで、なんか証明書のようなもの(当選した宝くじ券そのものだったかも?)を渡されて一旦帰ったんだよね。

 別室では担当者さんから、やたらに「おめでとうございます!」を連発されて嬉しかったなぁ。別室に入るまでは、他のお客さんに高額当選を気づかれないよう気を使って、担当者さんももけもけもコソコソ小声になってたような。

 当選金の受け渡し日までは、その証明書(当たり券?)を無くさないかと、家に帰ってもドキドキ! 受け渡しの当日は、もっとドキドキ!

 なんたってそんな札束、普段、見る機会ないもんね。もう一生ないことかもしれないし。

 おまけに、第一勧銀には口座を持ってなかったため、その銀行から横断歩道を渡った道路の向かい側にある別の銀行に現ナマを持って行って預け入れする予定だったんで、横断歩道を無事に渡って行けるかドキドキ!

 信頼できる男友達にボディガードになってもらって、ついて行ってもらったくらい。

 第一勧銀ではまた別室に通されて、そこで当選金を現ナマでドーン!(っと言うほどでもないかもしれないけど)といただきました!

 そして、そそくさと手持ちのバッグに入れて、向かいの銀行へ直行!

 たぶん、1等とか、かなりの高額当選でも、現金を入れるアタッシュケースなどは銀行は貸してくれないので、現金で受け取りたい人は自分で袋を用意して行きましょうね!

 もけもけは無事に横断歩道も渡れてよかったよ。ドッと疲れた日になっちゃったけど…。

 後日、テレビを観て知ったんだけど、銀行のどこかの1室に、過去の高額当選者の当選した宝くじが全部保管されてるんですね。)

 もけもけがテレビで観たのは第一勧銀時代のだったけど、みずほ銀行に引き継がれて今もどこかにもけもけの署名した当たり券が眠っているはず…。想像すると、なんとなく感慨深い。

 そのときの当選金はもう、使い切って跡形もないんだけどね…。

■追記

 「あの世界を誇る二足歩行ロボットASIMOが悲惨なことに!」で、「フェイスバンク」というモゴモゴとお金を飲み込んで行くキモイ貯金箱も紹介しています。2007年末の話題の貯金箱なので、見てみてね。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2005年12月17日 00:08
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント