年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2005年07月28日

人体模型と骸骨と、涼しい夏の夜をすごそう!

 今回は夏らしく、人体模型や骸骨にまつわる怪談や実話、グッズを紹介しちゃおうと思います!

 人体模型や骸骨の模型っていうと、学校の理科室を思い出します。誰しも子どもの頃、人体模型と目を合わせないようにしようとか、不気味に感じていた思い出があるんじゃないでしょうか。

 誰もいない理科室から人体模型の笑い声が聞こえてくる…、夜中に人体模型が校内を散歩している…など、都市伝説化した怪談の定番ともいえますね。

 だけどよく思い返してみると、授業で人体模型を使用されたこと、ないんじゃないですか? もけもけもそうだったし、いま中学生の子供たちに聞いてみても、使われたことがないそうです。とすると、人体模型はいったい何のために理科室にいるんだろう…!?

 そんな人体模型や骸骨の骨格模型が、普通にネット通販で売られているのを最近知ってびっくり! みなさん、気づいてました?

 Amazonの人体模型のページがそれです。

 人体模型のページを見ていただけたら分かるように、実にいろんな種類・部位の模型があるもんなんですね〜。医療や教育の現場で購入されて使われているものだそうだけど、一般の人にもインテリアとしてウケてるんだそうです。

 いくつかおもしろそうなものをピックアップしてみると…。

”ショーティー”1/2縮尺型全身骨格モデル,吊り下げスタンド仕様
”ショーティー”1/2縮尺型全身骨格モデル,吊り下げスタンド仕様
耳鍼モデル,2個セット
耳鍼モデル,2個セット
頭蓋骨22分解キット,マルチカラー仕様
頭蓋骨22分解キット,マルチカラー仕様
視覚器(眼球),5倍大・7分解ジャイアントモデル,眼窩床付
視覚器(眼球),5倍大・7分解ジャイアントモデル,眼窩床付
トルソー,18分解モデル,無性,背側開放型
トルソー,18分解モデル,無性,背側開放型
着用式乳房検診シミュレーター
着用式乳房検診シミュレーター

 ショーティーは、ミニ骨格モデルの中でもトップクオリティーを誇るモデルだそうで、細部まで精密に再現されていてリアルですよね〜。等身大の1/2サイズなんで場所をとらなくていいかも…。

 耳鍼モデルは耳鍼の練習を行うための耳介の実物大モデルだそうですが、マギー審司のマジックみたく「耳が取れちゃった!」って友達を驚かせて遊んだりなんかして!?

 頭蓋骨22分解キットは立体パズルのよう。子どもの知育教育にいかが!? トラウマになってしまうかもしれませんが…。

 眼球は、ゲゲゲの鬼太郎のめだま親父を彷彿させてくれます。でも、夜中に目が合ったら怖い…。

 トルソー18分解モデルは、これぞ人体模型!って感じのモデルでしょ。内臓もろ見えだけじゃなく、背面では小脳から仙骨まで露出されてるそう。後ろを向けて置いてても怖いな、これは。でも足がないから、夜中にお散歩する心配はないですよ。

 着用式乳房検診シミュレーターは、ストラップ付乳房自己検診シミュレーターなんですが、購入者のカスタマーレビューを読んでみると、別の使用目的に使われているような…!?

 ほとんどの人体模型が「対象年齢 12歳から」となっているのもスゴイですね…。

 うちには身長30cmくらいの骸骨くんがいます。科学雑誌の付録で息子が組み立てた骸骨の模型なんだけど、CCレモンに付いていたおまけのミニチュア洋服を着せてみると、これがピッタリのサイズ! おちゃめな骸骨に変身しました。

 でも、この骸骨くん、夜、部屋の電気を消すとボウッと光るんですよ。蛍光物質が入ってるからなんだけど、居間に置いておいたら娘が怖がっちゃって…。

 息子は自分の苦労作なんで飾っておきたがるし、しょうがないから目が合わないようにと後ろ向きに壁際に設置。それでも怖いからと、遂には息子の玩具箱の中へ…。

 この不憫な骸骨くん、写真を撮ってみなさんにもお見せしようと思ったら、息子が玩具箱を荒らしたもんで、バラバラの白骨死体になっちゃってるようです。

 ちょっと、怖いよ…いや、かわいそうじゃない! ちゃんと元通りにしてあげなよ〜!!

 ってことで写真を載せられなかったけど、代わりにおもしろいグッズを紹介しておきます。人体模型の販売元である日本スリービー・サイエンティフィックさんのホームページでは、上記の「いかにも」な模型のほかに、骨格模型の実用的なグッズやインテリアも売られてるんです。

 その一部を紹介すると…。


ジャンボ腰椎マグカップ

脊椎ペンスタンド

大腿骨ペンスタンド

マジック思考キャップ

 けっこうおしゃれでしょ。友達へのプレゼントにしてもウケルかも!? これなら、おどろおどろしいのがダメな人でも使えるんじゃないかな。他にはネクタイやTシャツなんかも売られてます。

 純粋にインテリアにしたい人には、クリスタルキューブなんていかが? レーザー光線技術の発達で、3Bのモデルがまるでクリスタルの中に浮かんでいるような、美しく、幻想的なオブジェがありますよ。これはもう、アートですな。


骨格のクリスタルキューブ

頭蓋骨のクリスタルキューブ

心臓のクリスタルキューブ

脳のクリスタルキューブ

 これらの売られている人体模型はもちろん動き出すことはありません。作り物ですからね。でも、いまにも動き出しそうな人体標本(ホンモノ!)があるところをご存知ですか?

 その一つが、タイの「死体博物館」です。ネットで有名になったので、知ってる人も多いかもしれませんが、本物の死体が展示されている驚きの博物館なのです。

 「死体博物館」には、凶悪犯罪者の遺体が標本にされて展示されている「犯罪博物館」と外科研究用の遺体が展示されている「外科博物館」があるそうです。法医学のための博物館だそうだけど、銃殺された人の頭の断面がわかる標本や、血管だけにされた人、神経だけにされた人の標本など、生々しい展示物が盛りだくさんらしい。

 「死体博物館」は、バンコク中心部から見てチャオプラヤ川の対岸にある「シリラート病院」の中にあり、年中一般公開していて無料で見学できるそうです。

 それから中国にある「大連自然博物館」にも、人体の標本がたくさん展示されてるそうです。こちらの人体標本の展示場は入場に別料金が必要だそうですが、ミイラの展示もあるそうです。

 ついでに、ミイラの博物館としてはメキシコの「ミイラ博物館」が有名らしい。グアナファトという街にあるそうですが、この街の墓地は狭いため、空いたスペースを有効利用する特殊なシステムがあるんだそうです。

 この街では、死んで墓地に眠っていられるのは5年間だけと決められていて、5年後には所定の料金を収めないと掘り起こされるんだって。しかも墓地から掘り起こされた「出来のいい遺体」は博物館のショーケースへ行っちゃうという…(それ以外は火葬される)。
 海外旅行を計画されている方は、立ち寄ってみてはいかがでしょう? 夜、眠れなくなっても、もけもけは責任持ちませんけど。感想を聞かせてくださいな。

 日本でも「人体の不思議展」というものが全国各地を巡回で開催されています。こちらもホンモノ、生前からの意志に基づく献体によって提供された人体標本なのだそうです。

 しかも、触って観察できるんだって!! なんでも、常温で半永久的に保存できる新技術で作られたプラストミック標本なんだそうで、ホルマリン漬け標本のような匂いもなく、弾力性もあるんだそうです。

 小さな擦り傷を見ただけでも卒倒しそうなもけもけは、見に行かない方が幸せなんだろうな。子どもの時に入院した病院で、待合室ロビーになぜか展示されていた「胃がんの人の切り取られた胃」のホルマリン漬け標本、それだけで今でもトラウマになってるし…。

 人体模型や骸骨がらみの物語っていうと、中島らもさんの「人体模型の夜」とか映画「学校の怪談」などいろいろありますが、もけもけが一番好きなのはラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の書いた「黒髪」という物語です。

 若侍と妻の、もの悲しくも恐ろしいお話です。ネタばれにならないよう詳細は書きませんが、子どもの頃に読んで、頭の中で想像して描いた映像がいまでも生々しく残ってるんですよ。

 「黒髪」の原作は「和解」という題名で、八雲の作品集「怪談・奇談」に収録されているので、みなさんにも読んでいただきたいです。「怪談・奇談」には、「和解」のほかに「耳なし芳一」「轆轤首」「雪女」など一般に親しまれている八雲の怪談・奇談42篇が収録されているので、読み応えがあると思います。

怪談・奇談
怪談・奇談
posted with amazlet at 05.07.25
小泉 八雲 平川 祐弘
講談社 (1990/06)
売り上げランキング: 19,661
おすすめ度の平均: 4
4 おなじみの耳無し方一,百奇夜行、怖いお話の数々
4 ラフカディオ!
4 very charming book

 また、「黒髪」はオムニバス映画「怪談」にも収録されていますから、映像でも観てみてください。

 怖い話というと、もけもけはやっぱり西洋ものより日本の怪談が好きですね。じわじわと怖い感じがして、余韻も長く残るので。

 「黒髪」以外に骸骨が出てくる作品としては、夢枕獏さんの「ものいふ髑髏」もありますし、三遊亭円生さんの噺「圓生百席(46)牡丹燈籠1〜お霧と新三郎/牡丹灯篭2〜御札はがし(芸談付き)」「圓生百席(47)牡丹鐙籠3〜栗橋宿/おねみ殺し」もいいですね。

 現代の怪談話の語り手としては稲川淳二さんが人気ですけど、彼の語り方は古典落語の怪談噺の語り口に似てませんか? 八雲の「怪談・奇談」も古くから日本に語り継がれていたものだし、人から語られる怪談が一番怖く感じるものなのかもしれないですね。

 さて、ここまでおもしろおかしく書いてきましたが、医学や科学の発展のために、なくてはならないのが人体標本、人体模型なのです。まじめに人体解剖を勉強してみたいと考えている方もおいででしょう。

 そんな人には、3次元画像による人体探索ツール「人体探査航 BodyVoyage」や「TFC 原色人体解剖図鑑 完全版 BOX」が手軽で、しかも詳しくていいかもしれません。

 「人体探査航 BodyVoyage」は、実際の人体を使った解剖学教育のためのプロジェクト成果の膨大なデータを元に作られているだけあって、人体の各層をはぎ取ったりスライスして見れたり、人体の中をバーチャルトラベルできるツールなど盛りだくさんです。

 「TFC 原色人体解剖図鑑 完全版 BOX」は2005年8月25日発売予定の人体模型フィギュアです。もけもけは知らなかったけれど、2004年夏にカプセルトイとして発売されて大きな話題となった人体解剖図鑑の完全フル彩色版なんだそうです。

 ちょうど夏休みなんで、お子さんといっしょに人体について研究してみたらどうですか? 研究の合い間のコーヒーブレイクは、もちろんジャンボ腰椎マグカップで。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2005年07月28日 12:31
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

TBありがとうございます。
小泉八雲の「黒髪」読みたくなりました。
今後も宜しくお願い致します。

Posted by: マカロニ太郎 : 2005年07月28日 17:50

遅くなりましたが、この度はTBありがとうこざいました。
人体模型と言う言葉が少ししか入っていなかったのにTBを頂いてビックリしました(笑)。
珍しいものが色々と紹介されていて面白いですね。
こんなに種類があって、わりと簡単に手に入るとは。
家に置いておくのはさすがにちょっと怖いですが(笑)。

Posted by: Sky : 2005年08月02日 02:30

PONと申します。
TBありがとうございました。
TBRさせていただきました。

Posted by: PON : 2005年08月04日 14:09

みなさん、コメントありがとうございます!

>マカロニ太郎さん
「黒髪」は有名なお話なんでご存知かもしれませんが、ぜひ読んでみてくださいな。

>Skyさん
一般人でもすぐ手に入れられるものだとは、もけもけもつい最近まで知りませんでした。
漫画家さんや美術関係の人なども、骨格や筋肉のつき方を知ってデッサンの参考に購入されることも多いそうです。
インテリアとして欲しがる人もいるみたいですね。もけもけの同僚もショーティーが気に入ったそうです(笑)。

>PONさん
こちらこそ、コメントありがとうございました。

本文に書き忘れたけど、医療現場などではなぜか人体模型に名前を付けて呼んでるそうです。
「スティーブくん」とか「太郎さん」とかいうように。
それはそれで、おもしろいような、怖いような…。

Posted by: もけもけ : 2005年08月05日 19:47

PONです。再びスミマセン。
急に思い出したものですから
書きたくなってしまいまして。
「人体模型」といいますか「標本」を扱った
映画で笑える映画があります。
ゾンビ映画「バタリアン」。
ご存知ですよね?未見でホラーがまったく
駄目でなければ是非。怖いと言うより
笑えます。ではでは。

Posted by: PON : 2005年08月05日 21:14

バタリアンは公開当時、巷で話題になってなかったっけ?もけもけも観てますよ♪
「人体の不思議展」岡山で開催してくれないかなぁ。子供たちも見に行きたいって言うんですよね。

Posted by: もけもけ : 2005年10月15日 19:14

頭蓋骨の白いマグカップは販売していますか?
もし無くて作るとしたらいくら位かかりますか?

Posted by: ラウ・ル・クル−ゼ : 2007年03月05日 15:37

日本スリービー・サイエンティフィックさんのホームページを確認してみましたが、頭蓋骨のマグカップはなさそうですね。
特注されたいのですか?いくらかかるのか(特注で作ってもらえるのか?)、もけもけにはわかりません。ごめんなさい。

Posted by: もけもけ : 2007年03月19日 22:58