年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2005年05月14日

愛犬の健康管理、できていますか?

 犬の飼い主さんに朗報です。なんと、自宅で愛犬の健康診断を受けられるようになりました!

 少し前のことですが、近所の友人から突然の呼び出しの電話が。話を聞いてみると、彼女が飼っている秋田犬の調子が朝から悪そうなんだけど、外出先ですぐに帰れないからどうしよう?という内容でした。

 すぐに獣医さんに往診を頼み、もけもけも彼女宅に駆けつけると、そこにはぐったりとして自力で立ち上がれないほど具合悪そうな秋田犬が…。もけもけが側に近寄ると、けなげに尻尾だけ振って、おで迎えしてくれました。

 結局、その秋田犬は子宮蓄膿症になっていて、嘔吐・下痢で脱水症状にもなってるそうでした。手術しないと、あと数日もつかどうかという最悪の状態。

 あとで飼い主の友人からゆっくり話を聞くと、前日には元気だったのだとか。こんなに急激に悪くなっちゃうものなのかと驚きましたね。

 動物は口がきけないからね。誰の目から見ても具合が悪そうになったときには病気がだいぶ進行しちゃってる…なんてことになりやすいのかもしれません。体が小さい分、衰弱するのも早いのかも。

 やっぱり、愛犬も日頃の健康管理が大切なんだなぁと痛感した出来事でした。そこで発見したのが、この「愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー」。


愛犬用郵送検診キット【わんわんチェッカー】 なかなか病院に行けないワンちゃんも健康チェック!【【アルバの郵送検診キット】自宅でカンタン、健康チェック!】

 以前、記事「携帯電話の人体への影響と郵便検診のススメ」で人間用の郵送検診キットのことを書いたことがありましたよね。あれの犬版です。

 餌の改良などによって犬の社会(?)も人間同様に高齢化社会になってきてるから、長生きできる分、病気になる確立も高まるわけで、検診もおろそかにはできなくなってきてるんでしょう。

 とはいえ、忙しくて自分の健康診断さえ手が回らないのに、獣医さんに愛犬を連れて行きたくても暇がない…ていう飼い主さん、愛犬が病院嫌いで連れて行くのに一苦労するという飼い主さんも多いはず。

 この「愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー」の登場は、そんな飼い主さんたちにとっても朗報なんじゃないでしょうか。

 検査方法も簡単です。検診キットに同梱されている採取器具を使って、愛犬の尿と便を採取して送るだけなんで。国の認可を受けた検査機関の専門技術者による検査結果が、1週間くらいで郵便されてきます。

 「愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー」とともにオススメなのがペットの保険です。

 動物が病気や怪我をしても、ペット用の保険に加入していなければ、治療代がものすごくかかります。

 例えば、冒頭の秋田犬の場合、子宮摘出手術に約20万円かかったそう。避妊手術なら2万円くらいですむところが、病気での手術だとその10倍にもなっちゃうんですね。

 もけもけんちの愛犬はアレルギー性皮膚炎で1年半以上通院してます。毎回5,000円以上の診察・薬代がかかってます。これでも、獣医さんのご好意で、免除してもらってる薬代があるんだから。

 犬も家族の一員だからほおっておくわけにいかないし、かといってこの出費は痛いんだよね。本音は「とほほ」なのですが、愛犬のためなので仕方ない。

 こんなことなら、健康なうちにペット保険に加入しておくんだったと何度思ったことか。うちの犬は雑種だし、餌にも気を使ってるから大丈夫だろうとタカをくくっていたのが誤りでした。

 それに、保険に入らなくても、その分を自分で貯金してけばいいんじゃん、なんて考えて500円玉のタンス貯金を始めてたんですが、あまり貯まらないうちに発病してしまったもんだから、あっというまにタンス貯金は尽きてしまったんだよね。

 ペットの保険で有名なのは、「アニコムのどうぶつ健保」。

 「アニコムのどうぶつ健保」は、犬・猫・鳥・うさぎ・フェレットが対象の保険です。全国すべての動物病院での治療が給付対象とな っていて、さらに「anicom どうぶつ健康保障共済制度」対応病院であれば、人間の健康保険と同様に、 健保証券を病院窓口で見せるだけでその場で50%給付を受けることができるので便利です。

 うちも愛犬が発病する前に、加入してればよかったなぁ…。ほんと、病気になってしまってからでは「あとの祭り」なんですよ。

 友人の秋田犬は、手術で一命はとりとめたんですが、尿管がつまって尿が出せない後遺症が残ってしまったそうです。導尿のカテーテルを装着し、尿は垂れ流し状態になって、これから一生通院しなければならなくなったって。

 若いうちにちゃんと避妊手術をしておけば子宮蓄膿症にならずにすんだはずですが、繁殖を考えていたため避妊手術をしないままになっていたのだとか。

 ペットの避妊手術は賛否両論の意見があるようだけど、もけもけは賛成派です。無責任な繁殖の結果の捨て犬・捨て猫を増やさないためにも、素人の「にわかブリーダー」を作らないためにも。

 そして、なにより愛しいペットを苦しませないためにもね。避妊手術をしていないと、友人の秋田犬のように歳とってから病気になる確率が格段に高くなるそうなんで。

 ってなわけで、「愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー」も「アニコムのどうぶつ健保」も、もけもけからすると切実にオススメしたい商品なのです。

 「こんなに健康に気をつけてるんだから」「うちの犬に限って…」なんて考えてる場合じゃないですよ!

 忙しい飼い主さん自身の健康管理には「アルバの郵送検診キット」もお忘れなく。

 猫など、他のペット用の検診キットもできればいいですね〜。


※参考

アルバコーポレーション

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2005年05月14日 09:56
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント