年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2005年02月17日

読者が選んだAmazonの本・CD人気ベスト10(囲碁部門)と第29期棋聖戦第4局結果速報

 お待たせしました!お休みしていた囲碁こぼれ話とプロ棋戦速報の再開です。今回は、読者が選んだAmazonの本・CD人気ベスト10と、第29期棋聖戦第4局の結果速報をお送りします。

【棋聖戦第4局の結果】

 黒番:羽根直樹棋聖
 白番:結城聡九段

■読者が選んだAmazonの本・CD人気ベスト10(囲碁部門)

 棋聖戦の結果速報の前に、久しぶりの囲碁こぼれ話です。

 「もけもけのつぶやき」の記事「読者が選んだAmazon本・CD・DVD人気ベスト10(総合)発表!!」で書いたように、囲碁のジャンルで2004年に人気の高かった本とCDは何だったのか、Amazon.co.jpのアソシエイトデータをもとに集計をとってみました。

 集計元にしたサイトは、もけもけアイランドと姉妹サイト電脳囲碁Lifeです。

 DVDやビデオがないのは、囲碁のジャンルでは種類が少ないのと、Amazon.co.jpでは取り扱っていないものが多かったため、集計がとれなかったからです。CDには対局ソフトや詰碁ソフトなどの練習ソフトやゲームソフトが含まれてます。

 それでは、まず、実際に購入された本・CDの人気ベスト10から発表します!

◆2004年総合売上人気ベスト10(囲碁部門)◆

第1位 こだわり講座〈5〉基本死活 虎の巻(本)
第2位 ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習(本)
第3位 依田ノート―すぐに役立つ上達理論(本)
第3位 石倉昇九段の囲碁講座 〜入門編〜(CD)
第4位 シノギの真髄―石は死ぬものではないと、生きる術を徹底探求(本)
第5位 囲碁心理の謎を解く(本)
第5位 囲碁打込集(本)
第5位 囲碁殺人事件(本)
第5位 打碁鑑賞シリーズ〈7〉張栩(本)
第5位 改訂・碁経衆妙―詰碁の原典(本)
第5位 玄玄碁経―詰碁の古典(本)
第5位 すぐ打てる布石と定石(本)
第5位 ひと目の手筋―やさしい問題を反復練習(本)
第5位 名人(本)
第5位 囲碁の世界(本)
第5位 囲碁布石集(本)
第5位 玄妙道策(本)
第5位 秀麗秀策(本)
第5位 ヒカルの碁 〜院生頂上決戦〜(CE)
第5位 これであなたもすぐ碁が打てる! 入門編(CD)
第5位 白江治彦 定石だけじゃ碁は勝てぬ 〜秘伝問題集(CD)

 同数が多くて5位が長くなっちゃいましたが、こういう結果になりました。サンプル数が少ないので、順位が違ってもそんなに人気の差はないかもしれません。

 基本書として定評の高いもの、新刊が人気が高いようにもけもけは感じます。みなさんはどうお感じになりました?

 それでは次に「クリックはされたけれど購入はされなかった本・CD」のベスト10を発表します!

◆2004年総合クリックスルーベスト10(囲碁部門)◆

第1位 囲碁詰碁集―どんどん解ける1・3・5手詰(本)
第2位 依田ノート―すぐに役立つ上達理論(本)
第3位 緑星学園―囲碁を通じて人間育成 夢とおどろき(本)
第4位 1から始める梅沢由香里の碁(本)
第5位 囲碁名局年鑑2004(本)
第6位 打碁鑑賞シリーズ〈7〉張栩(本)
第7位 ヒカルの碁 [少年向け:コミックセット](本)
第8位 ひと目でわかるポケット詰碁200(本)
第9位 囲碁 名局細解〈’03〉(本)
第10位 ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習(本)

 売上人気ベスト10とはまた少し違う結果になってて興味深いですね。

 ベスト10には現れていませんが、入門書や級位者向けの本や練習ソフトが上位に多いようです。ということは、ヒカ碁ブームは過ぎてしまったけれど、これから囲碁を始めてみようとしている人がまだまだ多いのかもしれないですね。

 また、これも上のランキングを見ただけでは分からないかもしれませんけど、クリック率が高い本の中にはエッセイ・小説・実録ドキュメントなどの読み物系が多いようです。これに対して、実際に購入されるのは、詰碁や囲碁理論などの実践的な本が多かったです。

 みなさん、勉強熱心ですね〜。でも息抜きに読み物系を読んでみるのも、囲碁の奥の深さ、別の側面がわかったりして面白いものですよ。

 もけもけアイランドblogメルマガでは気ままに話題にそった本を紹介しているだけですが、姉妹サイト電脳囲碁Lifeではジャンル分けしてたくさんの本やソフト、囲碁用品を紹介してますから是非ご利用なさってくださいね。

 ということで、PRとランキング結果のお話はおしまいにします。みなさんの棋力アップの参考になるといいなぁ。

 さて、棋聖戦第4局の結果にお話を移しましょう。

 第29期棋聖戦七番勝負は、もけもけがお休みしている間に第3局まで終わっちゃいました。これまでの対局結果をおさらいしてみましょー。

■第3局までの結果(読売新聞社ホームページより)

<第1局>黒番 結城聡九段 対 白番 羽根直樹棋聖
132手完、白中押し勝ち
2005年1月12、13日 新潟県新潟市「ホテルオークラ新潟」

<第2局>黒番 羽根直樹棋聖 対 白番 結城聡九段
128手完、白中押し勝ち
2005年1月26、27日 鳥取県東伯郡「望湖楼」

<第3局>黒番 結城聡九段 対 白番 羽根直樹棋聖
238手完、白1目半勝ち
2005年2月2、3日 北海道函館市「ホテル平成館」

 羽根棋聖(28歳・日本棋院中部総本部所属)がまず先勝し、第2局で結城九段(32歳・関西棋院所属)が辛勝。さらに、第3局では羽根棋聖が逆転勝ちで2勝1敗と、流れは少し羽根棋聖に有利な展開になってるのかな?

 棋聖戦はプロの7大タイトル戦の中で一番賞金が高く、知名度もある棋戦なので、プロ棋士界だけでなく囲碁ファンにとっても注目の大勝負です。

 もけもけ的には、羽根棋聖には息子の初段免状に署名していただいているし(「待望の初段免状のお話と、第30期天元戦第2局の結果速報」参照)、結城九段にはお会いして写真やサインをいただいたことがあり(「第49回本因坊秀策囲碁まつり参加レポートと、碁聖戦第3局の結果速報」参照)、どちらも応援したいところで困っている棋戦です。

 というわけで、16、17日と二日かけて行われた注目の第4局の結果は、白124手をもって、18時41分に白番結城聡九段の中押し勝ちとなりました。これで対戦成績は2勝2敗。

 混戦模様になってきて、おもしろくなってきましたね! 次回第5局で棋聖位に大手を先にかけるのはどちらになるのか楽しみです!!

 棋聖戦第4局の棋譜や対局状況などの詳しい情報は、読売新聞社ホームページに掲載されていますから参考にしてくださいね。

 棋聖戦第5局は2月24日(木)25日(金)の二日間にわたって行われる予定です。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2005年02月17日 21:33
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

まさにパソコンの前で手に汗を握りながら見守ってました、棋聖戦第4局!
何しろ初心者なので形勢なんてさっぱりわからないんですが、それでも目が離せなくて仕事が手につきませんでした(笑)
羽根棋聖ファンとしては今回ちょっぴり残念でしたが、勝ったり負けたりお互い譲らないぎりぎりの戦いを見るのもまた醍醐味なので…これから先に注目です!
ところで、因島に行かれたのですね♪私も…去年の天元戦の時に行ってきました〜v
「半目強くなる」という秀策先生の碑に「私はまだ半目じゃあんまりお腹の足しにならないくらいヘボなんで…その分羽根棋聖にプレゼントしてください〜」って祈って来ました(笑)効いてくれますように!

Posted by: may : 2005年02月19日 00:48

mayさん、えらい!
ご自分の棋力アップより羽根棋聖の棋力アップを願うなんて、ファンの鏡ですね。

勝ったり負けたりの対戦はファンからするとやきもきしちゃって心臓に悪いですが(笑)、見ごたえある対局を見せてもらえてるんだと思うと嬉しいし、複雑ですよね〜。

秀策先生の碑は2度訪れたので、もけもけと息子は1目強くなってるはず…。

Posted by: もけもけ : 2005年02月19日 01:20
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

※名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必須入力です。スパム対策はしてあります。
※メールアドレスはブログ上では表示されません。管理人にだけ通知されます。