年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年09月12日

「世界の中心で、愛をさけぶ」と白血病と骨髄バンク

 金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」、とうとう終わっちゃいましたね。入れ違いのように、映画版DVDの発売も決定したようで。

 映画版は劇場公開中に観ることができなかったんですが、これで観れる! 今年12月23日発売予定だそうです。「世界の中心で、愛をさけぶ MEMORIAL BOX」という限定品のDVD-BOXはDVD2枚組で、未公開シーンやメイキングなども収録されている上に、未公開写真が収録された豪華ビジュアルブックや音声交換日記の完全収録カセットテープ特典も付いてるそうなんで、セカチュー・ファン必見じゃないでしょうか。

世界の中心で、愛をさけぶ MEMORIAL BOX

発売日 2004/12/23
売り上げランキング 



Amazonで詳しく見るB0002Z7QDW

 初回生産分のみ豪華デジパック仕様のDVD「世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション」や通常版のDVD「世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション」も同時発売予定だそうです。限定品は売り切れが予想されるので、欲しい人は早めに予約しておいた方がいいんじゃないでしょうか。オンラインショップAmazonで予約受付中です。1,500円以上なら送料無料で購入できますし、発売日に到着するよう配送してくれますから(たぶん)おすすめですよ。もけもけにも「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻」が、ちゃんと発売日に届きましたから。

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション

発売日 2004/12/23
売り上げランキング 


おすすめ平均
リアリティがまったく無い映画
映画観ました
愛だけの物語ではない

Amazonで詳しく見るB00016ZLJ8
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション

発売日 2004/12/23
売り上げランキング 



Amazonで詳しく見るB0002Z7QDM

 いや〜、ドラマ版は泣けました。映画も原作本もドラマもCDも大ヒットだったそうですけど、もけもけにとっては原作本は今イチでした。っていうか、読むのが苦痛なほど面白くなくて、あの薄い本を読むのに1ヶ月以上かかっちゃったよ。知人に借りて読んだから、早く読んで返さなきゃと思ってたんだけど。原作本が好きな人には申し訳ないけど、義務感だけで読破したって感じです。

 なぜにあの本がベストセラーになって映画化されたのか分からない。登場人物に感情移入できなかったです。たぶんドラマは映画版に近いんじゃないかと思ってるんだけど、映画版が好きな人は原作本にガッカリし、原作本が好きな人には映画版はイマイチというふうに好みが分かれるみたいですね。みなさんはどちら派ですか?

 いちおう、原作本、サウンドトラックCDも紹介しておきます。サウンドトラックCDは映画版ドラマ版があるようです。

世界の中心で、愛をさけぶ
片山 恭一

発売日 2001/03
売り上げランキング 4,810


おすすめ平均
泣けませんでした。
どうでもいいけど...
何が面白いの?

Amazonで詳しく見る4093860726
「世界の中心で、愛をさけぶ」 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

発売日 2004/08/11
売り上げランキング 150


おすすめ平均
音楽だけのドラマ
久しぶりに感動した。
背中を押してくれるサントラ!

Amazonで詳しく見るB0002DRT4A
世界の中心で、愛をさけぶ オリジナル・サウンドトラック完全版(CCCD)
サントラ

発売日 2004/05/19
売り上げランキング 932


おすすめ平均
とにかくいいです。
感動が甦る!
映画を思い出します

Amazonで詳しく見るB0001ZX5PG

 セカチューの中で白血病が出てきますが、もけもけが白血病と聞くと一番に思い出すのは「赤い疑惑」です。そう、伝説のアイドル山口百恵さんのドラマです。セカチューのドラマで狙ったのかどうか知らないけど、赤い疑惑で百恵ちゃんの相手役だった三浦友和さんが、セカチューではアキちゃんのお父さん役をしてましたね。宇津井健さんも出たら完璧だったのに〜。

 「赤い疑惑」は、白血病に冒された少女(百恵ちゃん)が数奇な運命に翻弄されながら懸命に生きる姿を描いたドラマです。子どもの頃に観たけど泣けました。たぶん、今見ても泣いてしまうんじゃないかなぁ。

 思えば、もけもけが「白血病」という病気があるのを知ったのが、この赤い疑惑でなんですよね。血液の癌で、いつの間にか体のあちこちに内出血が起こったり、出血しやすく、なかなか血が止まらないという症状もこのドラマで知りました。セカチューのアキちゃんも、あちこち内出血がありましたよね。

 懐かしくなって調べてみたら、この赤い疑惑も12月1日にDVD-BOXが発売される予定ではありませんか! 奇遇だなぁ。

赤い疑惑 DVD-BOX

発売日 2004/12/01
売り上げランキング 



Amazonで詳しく見るB00031YCQY

 赤い疑惑以外にも、「赤い運命」「赤い衝撃」「赤い絆」が11月から12月にかけて続々とDVD-BOX発売されるそうじゃありませんか! これは百恵ちゃんファンや放映当時に観ていた人ならずとも、必見ものですよ。赤いシリーズは、どれも感動ドラマですから。今観ると、少々「くさい」と感じる演出かもしれませんが、当時にしてはよくできてるドラマだと思います。視聴率も30%を越えていたそうです。

 忘れてる人がいるかもしれないので、ちなみに解説しておくと、「赤い運命」が生まれた時に養護施設で取り違えられた2人の少女(百恵ちゃんと秋野陽子さん)の運命的な再会と苦悩の物語です。秋野陽子さんはこれがドラマデビュー作なんじゃないかな。にくたらしかったです(ドラマの中で、ですよ)。「赤い衝撃」は、愛する青年刑事(三浦友和さん)の銃弾に誤って撃たれ、下半身マヒになってしまった少女(百恵ちゃん)の悲劇の物語。アキと同じく、少女は陸上選手だったのに…。「赤い絆」が出生の真実に悩んで家出した百恵ちゃんの数奇な運命を描いたお話です。

 …と、どんどん話がそれちゃいましたが、白血病はもけもけにとってなじみがある病気なんです。かつて骨髄バンクに登録してましたから。

 百恵ちゃんのドラマを観た当時は「不治の恐ろしい病気だ」と思ってましたけど、ある時期、医療関係(特に癌)の闘病記を読み漁ったときに出会った本の中に、白血病の子どもの闘病記が綴られたものが何冊かあったんです。本のタイトルは忘れてしまいましたが、印象に残っている一冊の本があります。高校生くらいの女の子が白血病で骨髄移植を受けたけれども、激しい拒絶反応に体力がもたず亡くなってしまう実話でした。

 白血病って、子どもが発病しちゃうことがなぜか多いみたいですね。そういう本を読んでるうちに、「白血病の子供たちを救いたい!」と思う気持ちが沸いて骨髄バンクにドナー登録したんです。事情があって、今は登録抹消してますが。

 白血病は骨髄移植が成功すれば完治できるようになってきてはいますが、骨髄移植は患者にもドナーにもリスクがあります。もけもけがドナー登録したときも、その点をしつこいくらい説明を受け、意志の確認をされました。ドナーが麻酔事故で亡くなったことがあったのと、移植手術の直前にドナーの家族が反対して手術中止となり患者が亡くなったことがあったそうです。(移植手術の準備として、手術の何日も前から少しずつ患者の骨髄を死滅させ、骨髄がカラの状態にしてからドナーの骨髄を移植するので、骨髄がカラになった患者は移植を受けないと死ぬしかないのです。)

 また、病状が小康状態になって体力が回復しているときじゃないと、移植手術は難しいようです。セカチューのアキちゃんの時代は骨髄バンクがなかったけれど、あったとしても、急性期のまま移植手術を受けられる状態には回復せず逝ってしまったんじゃないかな。

 移植手術が成功しても、移植された骨髄が定着するまで患者は激しい拒絶反応と戦わねばならず、上に書いた本の女の子のように途中で体力がもたずに絶命してしまうこともあるようです。でも、ただ死を待つだけよりは、治る可能性があるだけでも患者とその家族は手術に賭けてみようと思うのでしょう。映画「ラスト サムライ」に出演された俳優の渡辺謙さんも骨髄移植を受けて活躍されてますもんね。

 興味深い話としては、骨髄移植で患者の血液型が変わることがあるのをご存知ですか? 骨髄移植に必要な骨髄の適合性は、通常のABO式の血液型に関係なく白血球の型(HLA型)が適合するかどうかなので、血液型の違うドナーから骨髄を提供されたら患者の血液型もドナーと同じになるのです。このことを知って、血液型占いは信用できない!って思いましたよ。

 雑文になりましたが、要するにもけもけが言いたかったことは、セカチューに感動したみなさんに骨髄移植や骨髄バンクに興味を持って欲しいなということです。

 「骨髄バンク(骨髄移植推進財団)」のサイトに、骨髄移植や骨髄バンクについての説明やドナー登録方法などが掲載されています。アキとサクのような悲劇をなくせるよう、勉強してみてください。そして、できればドナー登録もお願いします。

 骨髄バンクにドナー登録できない人は、下のバナーをクリックしてあげてください。1クリックあたり1円を、スポンサー企業がクリックする人に代わって募金してくれる「クリック募金」です。

 このバナーをクリックした先のページ上部にある「価格.com」のボタンをクリックすると、「価格.com」が開催しているクリック募金サイトの画面が表示されます(ポップアップ画面)。その画面の指定の募金ボタンをクリックすることで、「価格.com」があなたに代わって1円を骨髄移植推進財団に寄付してくれます。(現在リニューアル作業のため一時お休み中ですが、10月1日から再開されます。)1人、1日、1クリックまでです。

 最後に、セカチュードラマ版でアキを演じた綾瀬はるかちゃんのカレンダーも紹介しておきます。セカチューでは体重減量などして、白血病の少女役を熱演でしたね。はにかんだ笑顔が素敵でした。

綾瀬はるか 2005年度 カレンダー

発売日 2004/11/30
売り上げランキング 546



Amazonで詳しく見る4777410269

■追記

 セカチューのドラマ版DVD-BOXも発売が決定したようです。未公開シーンを含む貴重な映像を多数収録した、BOXだけの特典ディスク付きだそうで、発売予定日は2005年1月1日です。注文が殺到しそうなので、見逃した方、もう一度感動を噛みしめたい方は予約をお早めに!

世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX

発売日 2005/01/01
売り上げランキング 6


おすすめ平均
愛・友情・家族・そして命・・・。
映画と原作の混じり!
久しぶりに日本のドラマで泣きました。

Amazonで詳しく見るB0002KU98Q
CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年09月12日 01:17
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

こんばんは( 0w0)ノ
TBありがとうございます。
あたしは原作読んでないですが、ドラマより映画派です。
映画の長澤まさみがえらいよかったのと
80年代の雰囲気がガンガン出てて好きです。
でも別物として楽しめたし、毎回ドラマで泣いてたのですが(笑)

Posted by: ゆあ : 2004年09月12日 02:22

トラックバックありがとうございました
骨髄バンクについては私も登録を考えていますので情報ありがとうございます

Posted by: くらのすけ映画社 : 2004年09月12日 07:05

TBありがとうございました。
ドナー登録の情報、ありがとうございました。一度見てみますね。

Posted by: ケンチャン : 2004年09月12日 07:50

トラバありがとうございました。
私も1度再放送で山口百恵の赤い疑惑を見た事があります。
なんか、見たのがほんの8年前で、かなりの昔の映像なのに、なんか、ドラマにはまってしまい、真剣に見てた記憶があります。
今回の世界の中心で愛をさけぶを見た時も
あの山口百恵の赤い疑惑を思いだしましたよ。
でも、今回の世界の中心〜よりも、もう前にみたので、記憶が確かではないけど、山口百恵のドラマの方が本当に感動、なお、はまるドラマだったな。
DVD−BOXも気になりますね。
では

Posted by: おっぱい@魂 : 2004年09月12日 08:09

>ゆあさん
ドラマより映画派ですか。映画とドラマでは、ストーリー作りが違うのかな?
ドラマが一番時間が長いので、作りこみ方が格段にいいのではと勝手に思ってましたが、映画版には映画版の良さがあるのですね。早く観てみたいなぁ。

>くらのすけ映画社さん
>ケンチャンさん
骨髄バンクのドナーは、登録時やドナー候補になったときなどに指定病院に行って血液採取したり(健康診断もあったかもしれません。もけもけがドナー登録してたのは10年近く前なので記憶があやふやですみません)、骨髄採取のときは全身麻酔、1週間前後の入院が必要(入院費はかかりませんが、学校や仕事を休まなければなりません)なので、安易に登録するものではありませんからご家族ともよく話し合って登録してくださいね。

>おっぱい@魂さん
8年前というと、ほんとに最近ですね。いいな〜。もけもけが観たのは子どもの頃だったけど、今でも最終回の入学式シーンを覚えてます。また観たいな〜。
他の赤いシリーズは観ました? 赤いシリーズは、普段ドラマを観ないうちの親も観てた記憶がありますから、やっぱりそれだけ面白いドラマだったんだと思います。
百恵ちゃんのは、赤いシリーズだけじゃなく、映画もたくさん名作がありますよ! どれも感動、泣けちゃいます。

Posted by: もけもけ : 2004年09月12日 09:25

takerattaです。もけもけさん、こんにちは。
いつも拝読させていただいております。
TBいただけて光栄でございます。

小説、映画、ドラマともに別物に受け止めて
その違いや細かな設定に感心しながら、
どれを読んでも見てもないています。

白血病ではないですが、
takerattaも幼いころ友と死別して、
命のはかなさを思い知らされたことがありました。

生きていくことの大切さ、そして死と生をわけ隔てるものの大きさを体感する作品だと思います。
じっくり時間をかけてのDVD-BOX登場は、
製作側の熟考が伺えるんじゃないかと期待しております。

Posted by: takeratta : 2004年09月12日 12:21

takerattaさん、コメントどうもありがとうございます。

生と死のこと。
子供のとき、近所でお葬式と赤ちゃん誕生が重なったことがありました。
そのときは、なんとなくですが、人間が感じる喜びや悲しみよりも大きな自然の流れのようなものを感じました。

実はもけもけには、一つ、心にひっかかってることがあるのです。
それは骨髄バンクに登録していたときのこと。
患者さんとHLA型が合いそうかもしれないから検査を受けてくれないかと連絡があったんです。
一次検査を受けてしばらくのち、今度は二次検査も受けて欲しいと連絡があったのですが、その頃忙しかったのでなかなか検査に行けませんでした。
そうこうしているうちに事情が変わって、骨髄バンクの登録を辞めることになってしまいました。
その患者さんは、今頃どうしてるんだろう、もけもけの他には適合するドナーがいなかったんだとしたら…。それ以来、自責の思いにかられることがあります。
一次検査のときに、もけもけ以外にもドナー候補は複数いたようなので、今頃元気に過ごされていることを願っています。

もけもけのようにならないよう、骨髄バンクへの登録を考えていらっしゃる方は、周りの環境も整えてからにして欲しいなと思ってます。
セカチューのDVD化によって、映画やドラマを観れなかった人たちの目にも触れる機会が増えると思うので、骨髄バンクのことがもっと広まるといいな。
セカチューのヒットが、感動した、涙した、だけで終わらず、takerattaさんのように生と死を考えたり、何かに繋げていける効果があればと願います。

なんだか雑多な文になってしまいましたが、お許しを。

Posted by: もけもけ : 2004年09月12日 17:23

TBありがとうございます。
DVDはもちろんメモリアルボックスを予約する予定です。
原作、映画(x2回)、ドラマ(毎週)をみましたが、どれも
それぞれ良い点があって、僕は甲乙つけがたいというとこです。
あとマンガもあるそうですね、最近知りました。

1クリック募金させていただきました。
骨髄バンクは、登録しようかなと思ったことあったのですが
今ひとつ踏み切れないなくて。。。なんか痛そうという理由で(汗)
白血病というと夏目雅子さんというイメージですね、僕は。
最近だとアイドルの吉井怜ちゃんでしょうか。
うーん、やっぱりがんばって登録しに行こうかなぁ。。。

Posted by: apnea : 2004年09月12日 21:40

トラックバック、ありがとうございます。
私もゆあさんと同じように、映画の方がどっちかって言うと好きかもっていうほうです。
切ない感じがすごく好きです。
実は、「赤い疑惑」も最近再放送があったので、見てました。
シリーズあったとは…堯=□=)

ドナー登録は…あんまり自分が健康じゃないので、悩んでます…
だけど、ドラマとか人事だからで終わるんじゃなくて、何か行動したいと
このブログを読ませて頂いて、改めて思いました。
1クリック募金、再会され次第、募金しようと思います。

Posted by: kaniti : 2004年09月12日 23:25

>apneaさん
映画2回も観られたんですか。2度目も泣けました? マンガは本屋さんで売ってるのを見たことがありますよ。ヒットした小説などは、よく少女漫画化されますね。
そういえば夏目雅子さんも若く美しいまま白血病で逝ってしまわれたんでしたっけ。夏目雅子さんていうと三蔵法師役のお姿が今でも目に浮かびます。
骨髄バンクへの1クリック募金は10月1日から再開されますからヨロシク!

>kanitiさん
映画の方がドラマより、切ない感じがするんですか? じゃあ、ドラマで泣けたもけもけも、映画でも泣けそうですね。
ドナー登録は、お体が弱いんだったら無理してすることないと思いますよ。ドナー登録には健康状態など条件クリアしなくちゃいけないですし。
もけもけは、あやうく体重制限にひっかかるところでした。(女性は40kg以上じゃないといけなかったのに、41kgでぎりぎりセーフって感じでした。)1クリック募金など、他の方法で協力できることありますからね。みんな、自分にできる範囲でできることをやっていけたらいいと思います。

Posted by: もけもけ : 2004年09月14日 23:11