年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年09月29日

オカヤドカリblogとサイトの弁明

 もけもけがblogに書いたオカヤドカリの記事が、一部のベテラン飼育者の方たちの間で批判されていることを知りました。ある掲示板ではいつの間にかアクセス制限をかけられてしまったようで、自宅からは見ることも書くこともできなくなってしまいました。意見交換の途中でこのような事態になってしまったので、今回は、もけもけがblogでオカヤドカリの飼育方法を紹介した理由と、飼育用品のカタログサイト「電脳オカヤドカリLife」を作った理由を説明させていただこうと思います。

 ことの発端は、この夏TOMYから売り出された「ハーミーズクラブ」を取り上げたワイドショー番組を偶然観たことから始まります。「オカヤドカリ」という陸に棲むヤドカリがいること、ペットにできると知ったのは、その番組で観たときです。

 そのあと、このオカヤドカリのことが気になって、ネットで検索して飼育体験者さんたちのサイトを見つけて読むにつけ、どんどんオカヤドカリに魅入られて、結局飼育することに決めました。ここらへんの経緯は、記事「子どもに大人気!の新しいペット『ハーミーズクラブ』とは?」を読んでもらった方がお分かりいただけると思います。

 で、もけもけは動物を飼うときには、いい加減な飼い方はしたくないもんで、飼育方法などを納得できるまで調べるようにしてるんですね。かつていい加減な飼い方をしたペットがいて、それが心残りになっていることと、ペットを飼うということは命を預かることなので、いい加減な知識や気持ちで飼い始めて、あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔したり飼育放棄したりしたくなかったからです。

 ちょうどその時期に東京旅行の機会が重なったので、東京のペットショップや大型書店巡りをして飼育用品にどんなものがあるのか、飼い方が載ってる本はないかと、暇があれば情報収集に息子と一緒に走りました。

 もともと旅先なので、どっさり飼育用品を集めるわけにはいかないため、主にどんな商品があるのかを見てまわろうとしたのですが…。オカヤドカリのブームとマスコミは言ってたのに、飼育本は1冊も見つかりませんでしたし、ペットショップにもオカヤドカリ用のコーナーはありませんでした。

 この間、ネットでの情報収集もしてまして、飼育経験者の方の飼育日記や掲示板の書き込みを、息子と一緒に楽しみながら読んで勉強していました。TOMYなどのオカヤドカリを販売している業者さんのサイトには、十分な飼育情報は掲載されていなかったため、個人サイトを中心に閲覧してまわったのです。中には、匿名掲示板でありながら飼育者同士が飼育上の悩みを相談しあったり、工夫を披露しあっているところ、オカヤドカリのHowToを掲載しているサイトなど、いろんなためになるサイトがありました。

 ひととおりの飼育方法や知識を頭に入れ、飼育の準備を整えながら、我が家でもオカヤドカリたちを迎えることに。そのくだりは「琉球王国からオカヤドカリがやって来た!」に書いてあります。

 これだけならばよかったのでしょうが、もけもけはこのユーモラスでかわいらしいオカヤドカリを皆さんに知ってもらいたかったのと、自分が仕入れた知識を他の飼育初心者さんたちのために役立ててもらいたく思ったので、blogの記事にしました。これが以下の3つの記事「子どもに大人気!の新しいペット『ハーミーズクラブ』とは?」「琉球王国からオカヤドカリがやって来た!」「オカヤドカリの生活グッズと冬越し準備」です。

 ここまで詳細な飼育法の記事を書き上げたのは、自分の覚え書きにしておこうというつもりもありましたが、TOMYがオカヤドカリの飼育ブームを起こしたこともあり、我が家のヤドたちだけに役立てるのはもったいない、広くオカヤドカリ初心者さんたちの参考に少しでもなれば…との思いから一所懸命まとめて書いたものです。

 blogのindexページを見ていただいたら分かると思いますが、これらの記事は連続して書かれたもので、他の話題の記事作成はさぼりがちになってます。もけもけがオカヤドカリにハマッテしまったため、頭の中はオカヤド一色、他の話題に頭が回らなくなってる状況が現れてると思います。

 これら3つの記事は、オカヤドカリを飼育するにあたって自分が欲しいと思う情報を収集し、自分なりに消化吸収して書きました。他のサイトを横目で見ながらコピーしたものではありません。自分なりに記憶を整理しながら書いたため、主旨は同じでも文章自体は違うものになってしまっています。もしかしたら自分の言葉で書いてしまったことも不愉快にさせてしまった原因かもしれないと今は感じています。ちょっとうがった見方をすれば、人の意見を自分の意見のように書いているようにも感じられてしまうかもしれません。

 また、どこの何を見たのか、どこまでがどこのサイトから得たもので、どこまでが違うものから得たものなのかも区別できる状態ではなかったため、参考にさせていただいたサイトの発言者に了解を得ることができませんでした。一部、どちらから得た知識かはっきりとわかる箇所については、引用元を明記させていただきました。

 さらに私自身が飼育初心者であるため、私が欲しかった情報や感心したアイデアは、他の初心者の方々も同じように欲しているのではないか、同じ初心者の視点だからこそ、初心者が求める情報(役立つアイデアや遊び心なども含めて)をわかりやすくコンパクトにまとめられるのではないかとも考えました。

 もとの情報収集は、我が家のオカヤドカリたちに役立たせるためのものだったので、苦ではありませんでしたし、息子と一緒に楽しみながらのものでした。オカヤドカリに使えそうな飼育用品をあれこれネットで探すのも楽しみのひとつでした。

 とはいえ、自分で言うのもおかしな話ですが、かけた時間は膨大です。空振りや参考にできないいい加減な情報も山のようにありました。その中からいいなと思うものを見つけるのも大変な作業です。果たして、おもちゃ屋の店頭で見つけてかわいいからと買って帰ってきた方たちが同じように時間をかけるとも、かけられるとも考えにくいと思ったのです。もちろん中には効率的に参考になるすばらしいサイトを直接ご覧になる方たちもいるでしょうけれど、そうできない人たちも大勢いると考えました。

 オカヤドカリの飼育用品をまとめたサイト「電脳オカヤドカリLife」も、blogの記事での飼育用品の紹介の仕方ではベタだったので、さらにもっと見やすく、分かりやすくした専門サイトを作りたかったのが一番の動機です。

 日本ではオカヤドカリ専門の商品やお店がなく、熱帯魚や爬虫類などの飼育用品を流用するしかないのが現状です。もけもけ家がある田舎では、熱帯魚や爬虫類用品を取り扱ってるペットショップ自体がありません。あったとしても、ホームセンターの片隅にあるペットコーナーの中で、犬猫用品に埋もれてひっそりと少しばかりの熱帯魚用品が売られてるくらいです。砂も、玉砂利しか置いてなくて、珊瑚砂なんてどこを探しても見つかりませんでした。

 足をのばして遠方のお店まで探しに行けばあるのかもしれないけれど、交通費も時間もかかります。ネット通販した方が、もけもけのように田舎に住んでいる人にとっては、ずっと確実で素早く入手が可能です。

 そのように田舎に住んでいる方、また、飼育用品に何が使えるかさえ分からない方のために「このサイトさえ見たら大抵の飼育用品は集められるよ」というサイトを作ってあげたくなったのです。

 このサイトで紹介している商品は、基本的な飼育用品だけじゃありません。観葉植物や流木など、飼育に絶対必要ってわけじゃない商品も混じってます。これは、遊び心です。オカヤドカリたちにとっても役に立ち、飼育者も楽しめるものを集めてみたつもりです。ペットの飼育はとかく「〜しなければならない」と、真面目に考えるほど窮屈になりがちです。肩肘はらずにいろんな楽しみ方ができて、またそこからさらにガーデニングなど趣味の広がりを持てたらおもしろいんじゃないかと思います。

 アフィリエイトにしてあるのは、商品を紹介した見返りを少しばかりでもいただければ、うちのヤドたちの飼育用品の足しにさせてもらえるというのもありますが、商品画像を自由に掲載することができるので、読者の方に、より具体的にイメージが伝わるのではないかとの理由もあります。また、かつて「アフィリエイトの楽しみ方」で書いたような楽しみ方もあるからです。

 とはいえ、主体はオカヤドカリという生き物ですから、ただの飼育用品紹介だけでは片手落ちと考え、飼育方法や豆知識など、知っておいて欲しい基礎知識や飼育用品の選び方や使い方も紹介できるよう工夫しました。以前に作った「電脳囲碁Life」や「電脳携帯Life」と見比べていただけたら、思い入れの違いを分かっていただけると思います。

 オカヤドカリに関するblogの記事と「電脳オカヤドカリLife」を作成するに当たっては、私なりには苦労しました。この一ヶ月以上、寝食を忘れて没頭して作ったものです。

 オカヤドカリの情報が少なかった頃に飼育を始められた先輩飼育者の方々のご苦労に比べれば、もけもけの苦労は取るに足らないものです。また、自分のためにしたことですから苦痛ではありませんでした。

 でも、今般のように、店頭展示されたオカヤドカリを見て、予備知識なく衝動買いに近い感覚でただかわいいから、珍しいからと購入される方が多ければ尚更、熱心に情報収集や飼い方の研究を自分で努力される方は少ないのではないかと思いました。ちょっと調べて分からなかったら「まー、いいや」と適当な飼われ方になってしまうことを恐れました。

 オカヤドカリをこの夏購入された方の中で、実際にネットで情報収集を試みる方は一部にすぎないでしょう。さらに、ネット初心者なら、豊富な情報がつまっている掲示板があったとしても、検索機能があることや過去ログが読めることに気がつかなかったり、あるいは検索したくても飼育初心者ゆえにどんなキーワードで検索すればよいかさえ思い当たらないこともあると思うのです。

 それならば、情報を一箇所にまとめてあげれば、そのような方たちにも欲しい情報を簡単に手に入れてもらえるのではないかと考えました。「ネットにいるオカヤドカリの飼育初心者の方たちと、知識の共有をしたかった」…それがもけもけにとって一番の、そして根本の原動力だったのです。

 他の飼育初心者の方たちがもけもけと同じような情報を欲しているとしたら、もけもけが得た情報をまとめたページを作れば、同じだけの苦労をその方たちはしなくてもすむんじゃないかとの一心だったのです。その方たちが苦労せずに知識を得られることは、もけもけにとって損になることは何もなく、むしろ飼育されるオカヤドカリたちにとっては有益なことだと信じています。

 いま思えば、それらの参考元サイトや掲示板を全て書き留めておき、記事を書く際にせめて参考サイトとして紹介できていればよかったのかもしれません。でも、最初は記事にするつもりがなかったこと、上に書いたように一旦頭に入れた知識を引き出す状態で書いたがために、参考元のサイトや箇所がどこであったのかは、ほとんど分からなくなってしまっています。中には匿名掲示板から得た知識もありますが、ご本人を特定することさえかないません。

 このように、もけもけとしては全てが飼育初心者の方々にとって良かれと思って書いたり作ったりしたことだったのです。それがしいては、飼育されるオカヤドカリたちにとっても幸せにつながると思っていました。

 ところが、これらのことが全て裏目になってしまったようです。実体験の伴っていない薄っぺらい知識、知識やアイデアの盗用、自分は楽をして先駆者たちの苦労を踏みにじる行為、オカヤドカリをお小遣い稼ぎに利用してる等々、一部のベテラン飼育者の方たちから、あるサイトの掲示板にて批判を受けました。

 その批判を真摯に受け止め、反芻しながら返答を考えている数日間のうちに、いつの間にかその掲示板にはアクセスできなくなっていて、もけもけが閲覧しようとしても表示されなくなってしまいました。

 もけもけへの批判が掲載されてから、もけもけのblogに英文の嫌味な文章でいたずら投稿がいくつかあったので、その方たちの掲示板にも何かいたずらや荒らしなどで障害が起こっているのかもしれないと心配しましたが、どうやら、もけもけだけアクセス拒否されているらしいことが分かりました。

 批判をくださった方には直接、お詫びと弁明をメールさせていただきました。その方たちの貴重な時間をもけもけのような不届き者に使っていただくのは心苦しいため、返信不用とさせていただいたので、お返事はいただいていません。

 ただ、その方々にとっては、もけもけは「悪い人」「恐ろしい人」となってしまったことが、とても悲しく、残念なことです。

 確かに、もけもけはオカヤドカリの飼育初心者です。知識の未消化部分があることは、否定できません。ライブロックの使用など間違った飼育法を紹介していた部分もありました。自分なりには一所懸命調べてまとめたつもりでしたが、中途半端な知識をホームページに公開したことで、不愉快な思いをされた方にはお詫びいたします。

 また、経験不足から、自分の頭で考えろと言われても限界があります。その点は、これからもけもけ自身も飼育経験を積み、他の飼育者の方たちと情報交換しながらさらに勉強していきたいと考えています。

 ただ、飼育方法にはもちろん抑えておかなければならない基本的なポイントがあると思いますが、他の細かなところでは飼育者各自が自分なりに創意工夫したりアレンジしたりしてもよいのではないでしょうか。例えその中に間違ったやり方があったとしても、失敗しながら試行錯誤して楽しんでやった方が学べることはたくさんあると思うのです。

 そういう意味で、飼い方やアレンジの仕方など、選択肢を少しでも多く紹介したい、採用するかどうかはもちろん各自の自由ということで、あのように雑多な情報をつめこんだ記事の体裁になりました。中には膨大な掲示板の過去ログに埋もれていたアイデアも紹介しています。そういったアイデアを紹介することが、盗用になるのかどうか、難しい問題だとは思います。

 すでに飼育されている方々の経験や知識を参考にさせていただいたのは事実ですし、そういった飼育経験者の方々がいらっしゃったからこそ、もけもけの記事も書き上げることができました。参考にさせていただいた方々には、本当に感謝しています。

 事前に一人づつ承諾を得ればよかったのかもしれませんが、ネット上に公開されている情報は、知識の共有を目的としたものと考えていましたから、転載や引用でなければ承諾はいらないんじゃないかと思っていました。どうか非礼をお許しください。

 本来ならblogの記事も新しく作ったサイトも削除すべきなのかもしれません。でも、この数日間ずっと悩み考えて出した結論は、削除しないでこのまま掲載させていただこうという結論です。それは、一旦公開し、それをすでに参考にしてくださる方がいらっしゃることで私の方にも責任が生じているからです。また、これからの飼育初心者の方々のためにお手伝いができれば…というとおこがましいのですが、ともにオカヤドカリのことについて飼育経験を積みながら知識を高めて行きたいという思いがやっぱり強いからです。

 掲載している内容に間違いがありましたら遠慮なく指摘してください。その際には、どなたからの指摘で気付かせてもらえたのか、また修正前と修正後がわかるように工夫して修正したいと思います。

 多くのオカヤドカリ飼育者の方々と同じように、もけもけもオカヤドカリを愛しいと思っています。このユーモラスで愛嬌のある珍獣に出会えたことは、とても幸福なことだったと思います。

 そのオカヤドカリを愛する者たちにとって、飼育下におかれたオカヤドカリの幸福を願うこと、ちゃんとした飼育をしてもらえること、そのために知識を共有してもらうことが共通の願いであると考えていましたから、私の書いたblogの記事やサイトが非難されようとは思ってもみないことでした。

 一人でも多くの方が、たまたまであるにしろもけもけのサイトを訪れてくださった方が、オカヤドカリに興味を持ち、紹介している飼育方法を参考にしていただけたら…という想いは、今でも間違ってないと思っています。

 オカヤドたちのことを想えば、広くみなさんと知識や情報を共有し、初心者さんにも気軽に利用していただきたいと考えています。もけもけの飼育体験は短いですから、相談されてもアドバイスはできないかもしれません。でも、一緒に悩むくらいしかできなくてもいいんじゃないかとも思います。へたに垣根を作らずに、みんなで楽しく、オカヤドも元気にすごせたらいいですね。

 長くなりましたが、今回あった批判に対する弁明は以上です。もけもけにも至らなかった部分、反省すべき点、いろいろあったことに気がつきました。ネットにはいろんな考え方、受け取り方をする方がいらっしゃることも更に認識し、勉強になりました。

 足を引っ張るつもりはなかった敬愛すべき方々に嫌われてしまったことは、もけもけの心に重く鉛のようにつまっています。この数日間は食事も喉を通りませんでした。でも、くよくよしてるばかりじゃいけませんよね。ヤドたちのためにも、前向きに頑張っていこうと思います。

 最後になって申し訳ありませんが、もけもけが参考にしたサイトで覚えているところを以下に並べておきます。下記サイトのオーナー様、掲示板投稿者の方々、そしてここには掲載できなかったサイトの皆様、とても感謝しています。

 また、匿名のメールで励ましてくださった方、直接お礼が言えませんでしたので、この場をかりて、お礼申し上げます。もけもけの考え方、やり方が、常識知らずで異常なのかと思い悩んでいたところなので、とても心強く感じました。

 最後までこの弁明を読んでくださった読者の方々も、ありがとうございました。一旦は、このまま何も弁明せずにひどい奴だと後ろ指さされることに甘んじようとも思いましたが、もけもけアイランドblogの読者の方にはせめて事情をご理解いただきたいと思い直し、あえてひとつの記事として経緯と弁明を書かせていただきました。

 どうか今後とも、よろしくお願いします。

※参考にさせていただいたサイト

◆や◆ど◆か◆り@丘の上(ペット大好き@2ch掲示板)

やどかり@丘の上【2匹目】(ペット大好き@2ch掲示板)

ハートミットクラブ

おかやどかり研究所

偏屈の洞窟

おもちゃのTOMYによるオカヤドカリ(国指定天然記念物)の「製品化」に反対します

Message from the sea

海と陸との狭間で

みーばい亭

MIZ ORIGINAL

ぴろりんのおうち

その他いろいろなサイトのみなさん。

※参考にさせていただいた書籍

ヤドカリの殻交換

ヤドカリの海辺

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年09月29日 13:38
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

ネット上には、多くの人がいるので、行き違いが
あることは否めませんが、気にするようなことではないと思いますよ。
公開している情報を参照したことなんか。
参照されたくないヒトは、公開しないですから。

Posted by: あ : 2004年09月29日 14:53

あさん、はじめまして。
なんか、弁明記事を書いたら、気持ちがすっきりできた気がします。
今日から、ご飯もモリモリ食べれそうです。
コメントどうもありがとうございました!

Posted by: もけもけ : 2004年09月29日 20:45

何か分からないけど大変だったみたいですね。
しかし、ネットのマナーというのは難しいですね。
意識だけが存在する為、どうしても現実よりも他を思いやる事を軽視してしまう感があると思います。
しかし、荒らしの様な無法者ならともかく、熱心な人に対して、他が誹謗、中傷するような内容の書き込みやメールをしても良い訳はなく、注意し、教えてあげる事が本当のマナーでしょう。

マナーなんて有って無いような物ですが、世界中の人が集まる場所なのだから、思いやりを持ち、楽しい空間を作る為にも大事な事だと思います。

Posted by: ドラ : 2004年09月29日 20:57

大変だったようですね。。。色々な情報があって便利なネットの世界ですが、それゆえ、難しい問題もあるんですね。めげずに頑張って下さいね。

Posted by: さぼてん企画堂 : 2004年10月04日 12:50

ドラさん、さぼてん企画堂さん、励ましありがとうございます。

ネット上でのお付き合いの仕方については、最近よく討論番組なんかでも話題にもあがってますよね。
「前例」もまだ少ない世界ですし、多種多様な考え方が存在し、コミュニケーションツールとしても新しいですから、いろいろ難しい面も多々あるんだと思います。
その分、新しい発見や、自分では気がつかなかった考え方に出会うこともできます。

もけもけとしては、これからも、多くの方の意見に耳を傾けていきたいと考えています。
自分と違った意見があっても排除して視野を狭くするよりも、そこから新しい発見や交友関係を築いていくことの方が楽しいし、自分も成長できると思うので。

なんか、話が抽象的になっちゃいましたけど、今回の件で言えば、販売方法を批判されている業者さんとも情報交換しながら、お互いにより良い方法を模索したりなんかもしてます。
影で批判するのは簡単だけれど、話し合いの積み重ねがやっぱりリアルな世界であろうとネット上であろうと大切だと思います。
違った立場の考え方も聞くことで、より問題点が明確になったり、自分の認識の甘さに気がついたり。なかなかためになって面白いです。

Posted by: もけもけ : 2004年10月04日 22:13

ぶっちゃけ〜気にしなくていいんじゃない!

この運営者?管理人さんの良いところはグチグチ陰口言わないところ私大好きですよ!
それに皆さんヤドカリが好きな同士なんですから、ネタを盗った盗られた云々よりも、間違った飼い方をしないように一人でも多く方々に@飼育の有り方やコツを知ってもらって長生きさせれるようになるほうが嬉しいじゃないですか〜
紹介されてる商品も一発で検索できるし比較できるし私には役立っていますよ!ほんとっ(ピース!)
もけもけさんらしく、明るくいこぉ〜(*^∇^*)ノ 
☆私からのお願いですm(__)mここは絶対消さないで下さいよね?
ヒーターひとつにせよ物を探すのに一々検索するのも面倒なんですもの^^うふっ

これからも応援してまっする!
頑張って!

Posted by: ジェニ : 2004年10月05日 22:24

ジェニさん、どうもありがとう!
このページが役に立ったって言ってもらえるだけで嬉しいです。
ジェニさんもオカヤド飼ってるんですね。
お互いに、元気に冬越しさせてやれたらいいですね!
お店でまともな世話をされずに死んでしまったヤドたちは不幸だけど、飼い主さんに出会えたヤドは全員無事に冬越しできますように…。

Posted by: もけもけ : 2004年10月07日 22:50

もけもけさんの書き込みとその後の様子を某掲示板で見てきました。

これだけ本心で書いていらっしゃるのに、いまだに「一所懸命言い訳を連ねている」としか受け取れないかわいそうな常連さんがいるようですね。

大切な友達(やどかり)を大事にするノウハウを、他人が紹介したらへそを曲げるような人たちは気にしない方がいいと思いますよ。

インターネットの世界、情報は共有してこそ意味がありますし、結局広く知れ渡るほうがより多くのやどたちが元気で過ごせる可能性が増えるんですから。

間違った情報だからといって削除されるよりは、もけもけさんのように間違っていたと訂正していただくほうがありがたいです。

楽しみにしています。年寄り(自称)の意地悪に負けずがんばってくださいね。

Posted by: yado : 2004年10月08日 01:45

yadoさん、励ましありがとうございます。

そうなんですか。最近は他のオカヤド関係サイトはほとんど見てませんでしたから(打たれ弱いので、怖くて観れないってのもあって)、その後どうなっているのかは知りませんでした。
ここに書いたことは偽善ぶってるわけでも言い訳でもなくて本心なんですが、そうは受け取ってくださらない方もいらっしゃるんですね。
かわいいオカヤドカリの飼い主同士、本当はみんな仲良くなれたらいいなと思ってたんですが、分かり合おう、話し合おうという気がない方たちとは歩み寄れないですから、残念ですけど仕方ない結果だと思います。

それに、この記事はその方たちに向けて書いた形式にもなっていますが、メインはこのblogに来ていただいている読者の方たちに、問題が起こったことと私の気持ちを知ってほしくて書いたものなので、理解してくださる方が何人かいるというだけで満足してます。

Posted by: もけもけ : 2004年10月10日 01:14

なんだかんだ理由をこねても、人が苦労して集めた善意の情報を商用に転用しているんだから、だめでしょ。

ネット云々以前に、人として疑いますね。

Posted by: 結局だめでしょ : 2004年10月10日 21:39

結局だめでしょさん、ご意見どうもありがとうございました。

結局だめでしょさんともけもけでは、「商用」という言葉の認識が違うように思います。
もけもけの認識では、商売をしているのはあくまでもショップであって、情報を商用にしているという認識はありません。

いろんな情報を集めて見やすくまとめることで、多くのオカヤドカリの飼い主が便利に思っていただければいいなと思っていますし、そのことが購入につながったとき、少しでもショップからお小遣いをいただけるのはいいなと思っています。

結果として、情報を整理して見やすくすることで、自分にあった買い物ができれば、それに越したことはないと思います。
それに、もけもけのページのリンクから買い物をしても高く買わされるわけではないですよね。

そのことは悪いとも人としてだめとも私は思っていません。

私などは単純ですから、オカヤドカリがもっとメジャーなペットになればいいな、飼育者が増えればそれだけ情報交換もしやすくなるし、専門ショップができたり専用商品が開発されて飼育用品の購入が便利になればいいのになー、なんて夢見てるんですけど。

Posted by: もけもけ : 2004年10月14日 09:36

はじめまして。オカヤドカリ愛好家の小心者si-onと申します。
小生がオカヤドカリを飼い始めたきっかけと時期は、もけもけさまとまったく同じ(TOMYのニュース影像をみて、8月末から)です。オカヤドカリ(中から大型の生体3匹)を購入したのは岡山市(地元も一緒?)のペットショップで、貝殻はタカシェルさんで取り寄せました。もけもけさまと同じく諸先輩方のnet情報を見て飼育方法を学び、自分でも相違工夫しながら大切に育てています。
年末には、一番大きい個体が無事に脱皮しました。初めての経験でやきもきさせられましたが、とても元気です。他の2匹も元気で、いまだに1匹の脱落者もありません。ひとえに諸先輩方のご教示の賜物と感謝しています。

さて、小生はオカヤドカリに興味を持ってから今日まで、暇があると(あるいは落ち込んだとき)オカヤドカリ関連のサイトを見ては楽しんでいます。こちらのもけもけさまのサイトを含めてほとんどのヤドカリ系サイトは制覇しているものと自負しています。
しかし、勝手に読むだけで、今まで一度も書き込みをしたことがありません。小生は物陰から除き見るだけで、一人ほのぼのと満足して立ち去っています。
小生にとってオカヤドカリは≪癒し系ペット≫、オカヤドカリ関連サイトは≪なごみ系サイト≫なのです。
諸先輩方が苦労して獲られた貴重な飼育ノウハウや、思わず目じりが緩む写真の数々。
おまけに茶目っ気たっぷりの描写やプロ級(実際にプロの方のサイトもありますが)の表現力で、読み物としても十分楽しませていただいています。
オカヤドカリ愛好者は、心やさしい方々ばかりで他人を誹謗中傷せず、(TOMYなどに)抗議する場合もどこがいけないのか分かりやすく丁寧に述べ、かつ真摯に行動しているように思いました。
過激な表現も避けているように見受けられ、皆さま大人として社会人として自ずと節度をもった対応をしていらっしゃると思っていました。

あぁそれなのに・・・
最初は何も分かりませんでした。≪お気に入り≫に貼り付けてある≪オカヤド関連リンク≫の中からもけもけさまのページがなくなっていたので、変だな?改装中かな?と思っていたのです。
先にも書いたように、もけもけさまは小生と同じきっかけで、同時期に飼育を開始されているとのことでしたので、勝手に心の同志と思い込み、また飼育ノウハウのまとめ方がとても参考になりましたので、頻繁に拝読させて頂いていたのです。
確かに、他の諸先輩方のサイトを参考にしておられることは小生にもわかっていました。
そして最近になってようやく気付いたのです。他の方の掲示板を見て「・・・誰かが攻撃(つまはじきに)されている・・・業者(TOMYや販売店)ではなく個人のサイトが・・・」・・・ゲンナリ・・・

小生は小心者なので、netの中でも人と人が憎しみをぶつけ合うような場面に出くわすと気分が萎えてしまうのです。
さいわいにも小生が見たところでは、過激な表現で見るに耐えないとまでには至っていませんでしたが、ほのぼのと木漏れ日差す昼下がりといった今までの雰囲気がなくなりました。
行間に漂う寒々しさに目を覆いたくなりました。

小生の心のオアシスが、激務に追われ昼夜の別なくPCに向かって孤独な作業にいそしむ合間の灯火が・・・消えないでくれぇ〜
すいません、少々感情的になりました。

皆様それぞれに、考えがおありになり、net上の著作権については、難しい問題があります。
他の方も他者のサイトから引用しているのを見かけました。アフリエイトに至っては殆どの方が・・・。
引用の仕方が大胆すぎたので目立ったのでしょうが(それとも、最初に仁義を切って念入りなご挨拶をし、「引用させてくださいませぇっ」のお願いと「ここから引用しましたぁ」の説明が足りなかったのでしょうか?)困ったものですね。

小生は、どなたも批判する気もありませんので、これを読んで気分を害された方がいらっしゃいましたら、幾重にもお詫びします。
そして、もけもけさま。誠実な対応をすれば、いつか皆さまにもわかっていただけると思います。
また、今までどおり、ご自身の信念を大切にしてがんばって下さい。

最後にオカヤドカリ愛好家の皆さまにお願いします。小生のような小心者から憩いの場を取り上げないでやって下さいまし。
ハラか立ったときは、あなたのオカヤドちゃんを見つめて下さい。

Posted by: si-on : 2005年01月07日 15:51

si-onさん、コメントありがとうございます。

最初に言っておきますが「さま」は無しにしましょうよ。「さま」なんて呼ばれる柄じゃないですから(笑)。

もけもけの理解力がなくて、ちょっと行間の意味がとれない部分もあったんですが、もけもけのサイトへのリンクを削除したサイトがあったということなのでしょうか?
サイトの運営方針等は運営者の自由だし、個々人の考え方も様々ですから、まあ、そういうこともあるでしょうね。
寂しくはありますが、仕方ないことだと思います。

オカヤドカリのページ(サイト)についてもしかりですが、ペットの「飼い方」というものは広く共有すべき「知識」であって著作権云々とは関係ないものともけもけは考えています。
もちろん、そのまま誰かが書いた文章を引用する場合は著作権問題がからみますけど、自分の言葉で「こんな飼い方があるよ」と表現することは自由だと思うんですよね。
でなければ、あるペットの飼い方を最初に書いた人以外、誰も書けないことになってしまいますから。
「ペットの『飼い方』というものに、パクッたパクられたという問題が発生する余地はあるんだろうか?」
というのが、もけもけのサイトが問題視されて以来ずっと抱えている疑問です。

他の種類のペットでは、今回のような問題が起こっているのをもけもけは見たことがないんですよね。みなさんはいかがですか。
癒し系ペットのオカヤドカリに限って起こってしまったのは、オカヤドカリがまだマイナーなペットだからでしょうか。
なんだか利権争いみたいですよね。si-onさんのように萎える方がいてもおかしくないと思います。
もけもけ自身も相当落ち込みましたから。

アフィリエイトについては、日本では毛嫌いする方が欧米に比べて多いらしく、それには国民性も関係しているようですね。
消費者はアフィリエイトで購入に至ったとしても何も損はないはずなんですが(簡単に目的のものを見つけられるというメリットしかない?)、自分の行動が誰か他の人の収益につながることが嫌だという心理が日本人には根深く存在するのだとか。
オカヤドカリの飼育用品等に関しては、「生き物をお金儲けの道具にしている」という嫌悪感もあるのかもしれないですけど、もけもけには理解できないんですよね。
それならペットショップなどの商人も嫌われることになるし、そういうところから購入する自分自身も否定することになるんじゃないかな。
う〜む、やっぱりよく分かりません。

何がいいとか悪いとか結論づける必要はないと思いますが、オカヤドカリがもっとメジャーになって、オカヤドサイトももっとたくさん作られて、アフィリエイトも抵抗なく受け入れられる日が来たらいいですね。
そうすれば、こんな争い(?)なんてなくなっちゃうんじゃないでしょうか。
si-onさんがおっしゃるとおり、オカヤドは癒し系ペットなんですから、より多くの方に知っていただいて、より多くの方に和んでもらいたいですもんね。

ところでsi-onさん、岡山でもオカヤド販売されてたんですね。街中にあるペットショップなのでしょうか?

脱皮成功、よかったですね!
うちも一番大きなシロさんが脱皮に成功するかが一番やきもきしました。
成功後は、以前とかわらずすこぶる元気に活動してて(シロさんは昼夜を問わず活動的なのです)もけもけ一家の目を楽しませてくれてます。

心の同志と思っていただけて光栄です!
しかもオカヤド関連サイトへの書き込みは、もけもけサイトが初体験とは。
ほとんどのヤドカリ系サイトを制覇されてるなんて、もけもけなんかよりよほど知識が豊富なんではないですか?
小心者などとおっしゃらずに、これからもよろしくお付き合いくださいね。

Posted by: もけもけ : 2005年01月10日 13:14

初めまして岡山の倉敷に住むhiroともうします。去年の九月頃から丘ヤドカリの飼育に夢中です。地元の大手ペットショツプでやどかり達と出会いました。小さな容器に閉じ込められ餌も水も与えられてるけいせきもなく沢山の子達がお亡くなりになってました。それでも必死に生きている子達四匹買って我が家につれて帰りました。その日に手遅れで1匹亡くなりました。あとの子達は元気で過ごしてくれてましたが年末に3匹が次々と砂に潜り出て来なくなりました。恐れていた脱皮でした。最初に潜った紫の子の様子がおかしいのでみてみると砂の底ですでに死んでいました。最後にすぐ横で脱皮した子が潜る時に刺激したみたいです。お気に入りの可愛い子でしたので悲しくて泣きました。今は大阪のお店に行き3匹新たに我が家の家族に加わりました。まだまだ色々と勉強しないといけない事ばかりです。しかし地元大手のPET屋に言いたい。むやみに残酷な扱いは許せません。生き物ですから飲んだり食べたりも人間と同じ生理現象は必要なんです。よろしくお願いします。ここの管理人さん初心者ですが色々教えて下さいね。皆さんよろしくお願いします。

Posted by: hiro : 2005年01月15日 17:50

hiroさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
岡山のオカヤド飼育仲間がまた増えて嬉しいです。
これからもお付き合いくださいね。
もけもけもオカヤドカリの飼育はまだ初心者の部類ですけど、お互いに勉強していきましょう!

倉敷のペット屋さんは、ヤドたちの世話をしてなかったんですね。
ペット屋さんで生体販売するときは、ちゃんとその生き物の飼い方を店員さん自身が調べ、世話をしてやって元気な状態でお客さんに渡してあげる…という基本的なことが、なぜ出来ないお店があるんでしょうかね。
プロとしての自覚がなさすぎですよね。
そういうお店の存在を許している消費者側にも問題があるでしょうから、みんなで意識改革をしていかないと、不幸なペットはなくならないでしょう。
日本の法律自体が人間以外の生き物は「モノ」扱いなんですから、長い道のりになるかもしれないですけど、「命」の重みを大切にできる世の中にしていきたいですね。

Posted by: もけもけ : 2005年01月16日 22:54

もけもけさん今晩は、やはり生き物ですから扱うお店の方々には勉強して欲しいですよね。僕は地元の大手ぺットショップの会員になってるのですがおかやどかりの前に携帯に送られて来た会員メールに扱っている昆虫の管理の事で苦情を入れた事があるのですが状況は変わりません。お店側からすれば手間、コスト、人件費など掛りますがお店に行った時に綺麗で生き物が元気だと気持ちいいですよね。また今年の夏も沢山のおかやどかり達が被害に会うのかと思うと胸が苦しくなります。ところでもけもけさんの所のやどっち達は何が好物ですか?

Posted by: hiro : 2005年01月17日 20:50

hiroですがもけもけさん同じコメントが表示されてしまいすみません。我が家の子達はりんごが好物の様です。今では市販のザリガニ、ヤドカリの餌になんて見向きもしません。我が家に来たばかりの時はペットショップで酷い扱いを受けていたせいか食べてましたが。今度歴史あるアメリカFMR社製のトリートと言う餌を試してみようと思っています。

Posted by: hiro : 2005年01月17日 21:44

hiroさん、こんばんは。

良い状態でお客様に渡せるように品質管理をするのは物販の基本ですよね。
生き物なら世話や病気等のリスクをさらに負うわけですが、そんなのは生き物を扱うからには始めから分かっていること。
なのに、ペットという商品に限っておろそかにされぎみなのは、どうしてなんでしょうね。
ほんとに腹だたしいです。

オカヤドカリじゃないけど、よく利用していたペットショップで、ハムスターの子供たちがケージに入れられていて共食いされた無残な死骸が放置されてたのに開いた口がふさがらなかったことがあります。
小さなペットほど、ぞんざいに扱われてるような気がします。

えーと、うちのヤドたちは元気ですよー。
潜ったまま姿を見れないヤドもいますが、地上組は元気元気です。
うちでは「ごはん」が好評みたい。
まあ、雑食性だから何でもよく食べてる感じなんですけどね。
ザリガニ用とか、既存のペットフードはめったにやってません。
飼い主の残飯をやってるから、自然素材のものばかりと言えるかな。

そうそう、アメリカ製のトリートはたまにやってます。
ひとつまみ夜に与えておくと、翌日にはきれいになくなってます。
さすが専用フードだけあって大好評みたいですが、他の餌を食べなくなったら嫌なんで、ほんとにたまにしかやってないんですけどね。
たぶん、hiroさんちでも好評になるのではないでしょうか。楽しみですね。

Posted by: もけもけ : 2005年01月17日 23:37

どうもですhiroです。トリートってそんなにすごいんですか。噂には聞いてましたが驚きました!!うちの子達ときたら好き嫌いが激しくて困ります。塩土も好きですが。同じりんごでも僕が食べて不味いと思った物は人気ありません。味覚鋭いみたいですね。うちの子はそろそろ珊瑚砂も洗ってあげないと。もけもけさんちのやどっちは元気でなによりです。なんだか脱皮恐怖症になりそうです。

Posted by: hiro : 2005年01月18日 17:27

昨夜砂を洗ってやりました。砂を洗わないでいるとよく虫がわくと聞きますがどんな虫がわくのでしょう?もけもけさんご存知じゃないですか?

Posted by: hiro : 2005年01月19日 18:00

hiroさん、こんばんは。
脱皮恐怖症…わかります。
オカヤドたちにとっても脱皮は命がけの大仕事だし、飼い主にとってもハラハラしながら見守るしかないので、怖いですよね。

えーと、記事の趣旨から話題がずれてきてるので、ペットとしてのオカヤド談義は、これからは「ペット掲示板(http://moke.moo.jp/cgi-bin/Petmbbs/mbbs.cgi)」の方でお願いできますでしょうか。
お先にお待ちしています。

Posted by: もけもけ : 2005年01月19日 22:24

話題を変えてしまい失礼しました。うちのパソコンでは見れないんです。どうも色々と親切にしていただき有難うございました。

Posted by: hiro : 2005年01月20日 17:50

hiroさん、お返事が遅くなってごめんなさい。

パソコンでは見れないんですか…。う〜ん、残念です。
PC環境によって掲示板を閲覧できない方がいるとは思いませんでした。
何が原因なんだろう?

ちなみに、掲示板は携帯電話からの閲覧もできるようにしてますから、よかったら携帯電話から再チャレンジしてみてくださいね。

Posted by: もけもけ : 2005年01月30日 18:36

おひさしぶりです。今年の夏またたぶん沢山のヤド達が犠牲になる可能性は大の様な気がします。少しでも多くの人達にオカヤドカリって言う天然記念物の生き物の事を知って欲しいですし正しい基本的な知識を身につけて欲しいと思います。どうせ業者が金儲けの為だけに店頭、店先に残虐な形で命を持った生き物って事を忘れたかの様な扱いをされるのが目に見えてます。それを止めさせる力は我々には出来ないかも知れません。だからこそ少しでも正しい情報をみんなで業者、飼育者に分からせるしかないのではないでしょうか。知識を広めて行くしかないと思います。言いたい人には言わせておきましょう。批判したがる前にもっと生き物としての命の大切さなど考えて行かないといけない問題が沢山あるような気がします。どうやれば少しでも長生きさせてあげられるか、一諸にいられるかを考えて行きたいです。もけもけさんこれからもよろしくお願いします。そして頑張りましょう。

Posted by: hiro : 2005年02月05日 19:11

hiroさん、掲示板の方に入れたようでよかったです。

オカヤド関係サイトも少しずつ増えていってるようなので、オカヤドカリについて知る人も少しずつ増えてるんじゃないでしょうか。
今年の夏はもっと大変なことになるかもしれないそうです。
ブームがいい方向へ向かえばいいんですけけど。
昨年の夏、いろいろ学んだ人、気づいた人が、今年新たに知識を分け与える側にまわって活躍されることを期待してます。

沖縄が大好きという人が身近にいたんですが、意外にというか、やっぱりというか、オカヤドカリのことは知らなかったんですよね。
その人は沖縄の歴史の方に興味を持ってるようでしたが、オカヤドカリのことを教えてあげました。
オカヤドカリを知ることで、また別の角度から沖縄の歴史を見れるようになって分かってくることもあるんじゃないかと思って。
オカヤドカリが天然記念物に指定された経緯にも戦争等が関わっているようですもんね。

Posted by: もけもけ : 2005年02月09日 13:14

もけもけさん、はじめまして。
私もオカヤドカリ初心者です。

私が思うには、情報が集まったサイトがあればそれだけ他の人に役に立つと思います。
それだけ、「情報」を必要としている方が居るからです。
その「情報」があるからこそ、オカヤドカリを「飼育」する事が出来るのです。
批判をする方々の方が、「ペットが飼い主への気持ち」と「飼い主がペットへの気持ち」を理解していらっしゃらないかと思われます。

私がペットや生き物へ対する気持ちと見方は、
どんな生き物を見ても「偽りが無い眼」、ペットは「主人を信じる眼」をしています。
ペットは、物ではなく「生命」であり、「家族」ですから「心」が必要なのです。
どんな生き物でも人間以上に、「一生懸命」生きようとしています。
ペットの生死を左右するのは人間の「飼い方」次第ですから。。。
ペットと楽しい時間を過ごせたら、ペットも嬉しいはずです。
私も、元気なオカヤドカリ達と楽しい日々を過ごしていき、悔いの無いお別れが出来たら私はそれで幸いに思います。

「飼い方」を教えてくれて、ありがとうございます。
そしてこれからも、もけもけさんを応援します。


Posted by: SAM : 2005年08月16日 07:53

この弁明文のことを知った場所が場所だけに、自分の目で見てできるだけ公平に判断したいと思って読みに来ましたが……
どんなに長々と理屈を述べたところで、他人のふんどしを無断借用して相撲を取ったことに変わりはないでしょう。
くどくど長い分、余計に「自分は悪くない、純粋に善意でやってるのにグチグチいうベテランの方が心が狭い。いじめられてかわいそうでしょ? 
慰めてね」という本音が透けて見えますよ。
本当に申し訳なかったと思うなら、記事をすべて一から構成しなおし、一つ一つ情報の参照元を確認すればいいことです。
反復と自己正当化だらけの弁解をする間に、照合作業を進められてはいかがですか?
それをしないということは、あなたは「やったもん勝ち」という考え方の人だと思わざるを得ません。
口先ではなんとでも言えますが、先達に対して心からの敬意を抱いているとはとても思えません。

擁護や慰めばかりが目立って気持ち悪かったので書き込ませていただきます。
自作自演なのか、都合の悪い意見は削除しているのかは知りませんが、反論も少しはあったほうが信憑性が増しますよ。

Posted by: 某掲示板より来ました : 2005年12月21日 11:13

オカヤドカリについて知りたいコトはたくさんあるのですが、ネットできる環境にないのでケータイで検索。もけもけさんのページを発見!が!よかれと思ったことが裏目にとのことで さびしいですね。でも、前向きにそして元気を取り戻せたのは良かったです。
自分も手探り状態の飼育で越冬は出来たものの夏を迎えること無く死なせてしまいました…。今年こそはと頑張ってます。頑張ります

Posted by: ひでかぷ : 2006年11月18日 12:56

ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋
日本的な人気と信頼を得ています。
安心、安全にお届けします
価格、品質、自信のある商品を取り揃えておりま すので、
高級腕時計(N級品),ブランドコピー時計(N級品),財布(N級品)
バッグ(N級品),靴(N品),指輪(N級品),ベルト(N級品),マフラー (N級品)
★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。
★歓迎光臨★送料無料(日本全国)

Posted by: ブランドコピー : 2017年07月19日 22:57

弊店はスーパーコピー時計N品、
ロレックスコピー時計、パネライレプリカ時計、
シャネルレプリカ時計、ブライトリングレプリカ時計、
ウブロレプリカ時計、IWC コピー時計、
二年以内に人的破壊でない故障は無料で修理をします。
正規品と同等品質のコピー品を低価でお客様に提供します。
安心して購入して下さい。
自身が使用するだけでなく、入学、卒業、誕生日、結婚のお祝い等のギフトにもご利用ください。
今最も安いです【ロレックス時計コピー】スーパーコピー時計の新作情報満載!
ROLEX ロレックススーパーコピーN級品販売専門店!
偽ブランド http://www.bagtojapan.com

Posted by: 偽ブランド : 2017年08月23日 14:30
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

※名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必須入力です。スパム対策はしてあります。
※メールアドレスはブログ上では表示されません。管理人にだけ通知されます。