年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年08月06日

「楽天アフィリエイトをとりまく妙な噂」に進展が!?

 以前「もけもけのつぶやき」で「楽天アフィリエイトをとりまく妙な噂」という記事を書きましたが、その続報です。

 「楽天アフィリエイトをとりまく妙な噂」では、楽天市場の商品を紹介するアフィリエイト報酬が、楽天直営のアフィリエイトに比べてASP3社(バリューコマースA8.netTG−アフィリエイトプログラム)を介すると承認率がグンと下がることが多いことについて、疑問をまとめて書きました。疑問の詳細については、まず記事を読んでみてください。

 この疑問について、5日、TG−アフィリエイトプログラムを運営しているトラフィックゲート社からメールが届きました。

 届いたメールは、「楽天市場(マーチャントID:188)と提携中のアフィリエイトサイト様より、他社ASPと比較して成約率(売上数/クリック数)や売上承認率が低いとのご指摘を頂きまして、弊社並びに楽天株式会社にて調査を実施致しましたので、調査結果をご報告致します。」という内容でした。

 楽天とトラフィックゲートの両社が動作テストを行い、追跡機能も検証した結果、TG−アフィリエイトプログラムの楽天市場紹介リンクについては「正常に動作している」ことが確認されたそうです。

 また、他ASP2社(バリューコマースA8.net)での状況については、楽天株式会社にて引き続き調査を実施中だそうです。

 この調査報告をどう受け止めればいいのでしょうね。とまどいはあるけれど、個人的には信用したいんですよね。

 こういった調査が行われたからには、TG−アフィリエイトプログラムを利用した今後の成果率に変化があるのか、バリューコマースA8.netにおける調査結果にも注目したいところです。

 どんな結果になるか分かりませんが、ユーザーの不満を拾ってこのような調査が行われたことは、楽天市場を含むASPとユーザーの信頼性を回復する「最初の一歩」になる意義はあると思います。

 …と、思っていたら、「楽天アフィリエイトをとりまく妙な噂」に次のような投稿がありました。

楽天市場アフィリエイトの承認率が低下し始めたのは楽天直営のアフィリエイトが始まって翌々月からです。
それまでは、承認率80〜85%(注文数1000〜1200件/月)であったものが、70%になり50%になり、最終的には15%(注文数はほぼ同じ)まで低下しました。
TGへ問合せたところ、楽天直営のクッキーが優先されるシステムになっているという回答がありました。
2004年1月に、TGのシステムをリニューアルするのでその時に一番最後のクリックが優先されるようになるということだったがいまだに以前のままであり、このことに対する問合せには返事も来ていません。
単に都合よく利用されているだけにしか思えないので今現在は楽天へのリンクは殆ど外しています。
今後、楽天のアフィリエイトに参加される方はASP経由ではなく、楽天直営のアフィリエイトに参加されたほうが得策だと思います。

 むむ、これが事実だとすると、いくらアフィリエイト・プログラムの動作検証をしても意味がないのでは?という新たな疑問が…。

 ASP三社及び楽天は、いまのところ表立って「楽天直営のクッキーが優先されるシステムになっている」と明言はしていません。もし、クッキーの優先順位がASP経由の成果率の低さの原因なら、ASPはシステムを改善するか、ASP経由で楽天広告を掲載することが不利になる旨をアフィリエイターたちにはっきりと伝えるべきです。

 明言しないのは、システム改善の手間を惜しんで、アフィリエイターたちをカモにしてるだけなんじゃないか、「うちを使えば楽天の広告を扱えますよ」と客寄せパンダに利用してるだけなんじゃないか…。と、不信感が募りそうです。

 アフィリエイトプログラムシステムが正常動作しているかどうかを調査することで、アフィリエイト報酬の不正操作疑惑は晴れるかもしれないけれど、アフィリエイターたちが本当に望んでいることは、ASP経由の楽天アフィリエイト成果率の低さの原因をハッキリさせてもらいたいということ。

 そこを楽天さんやASP三社さんには分かっていただきたいですね。「システムに異常はありません」ってだけじゃ納得できないってことです。

 もともと「システムが異常動作してるから成果率がおかしいんだろう」なんて思っているアフィリエイターは少ないと思います。ASPによる報酬不正操作疑惑や、不透明なシステム体系を意図的に作ってるんじゃないかという疑惑の方が多いんですから。

 光明が見えそうに思った「楽天アフィリエイトをとりまく妙な噂」ですが、まだまだ続きそうですね。

 ここ1〜2週間の間に、他のASPでも様々なことが起こっています。

 楽天市場と同じく独自アフィリエイト・システムを採用している「Amazon.co.jp」の「Amazon.co.jpアソシエイト・プログラム」では、SPAMメール騒動がありました。アフィリエイト報酬のAmazonギフト券通知メールが、7月29日夕方から7月30日の夜中まで実に一昼夜以上もの間、同一内容のメールが30分おきに配信され続けたのです。もけもけに届いた同一メールの数は36通! しかも、送られてきたギフト券で早速買い物をしようとしても「ギフト券番号が間違っている」旨のエラーがあって購入もできず! お詫びのメール後には購入できるように復旧しましたが…。

 自動配信メールの誤作動による珍事だったわけですが、まる一昼夜同じメールが配信され続けるなんて、みんなも驚いただろうなぁ。

 さらに「Amazon.co.jpアソシエイト・プログラム」では、いつの間にか商品の画像リンクが生成できないようにシステムが変更されたようです。著作権の問題から、ライブリンクかAWSでしか商品画像を使用できないようにシステムを変更したみたいなのですが、アフィリエイターには未だに何の連絡もありません。

 連絡不足のことは「Amazon.co.jpアソシエイト・プログラム」ではよくあることらしいのですが、配慮に欠けていますよね。こういったことが「ASPは殿様商売だ」と言われる一因になってると思うんだよなぁ。

 また、「電脳卸」さんでも、先日アクシデントがあったんです。

 ある出店社(電脳卸では『卸会員』と呼ぶ)から8月3日の未明に、電脳卸の販売店と思われる方(たぶん、その卸会員さんと提携している販売店?)のサイト名・氏名・メールアドレス等が一覧になったメールが、もけもけの所に送られてきました。

 そのすぐ10分後に「誤った内容のメールをお送りしてしまいました。どうぞお許しくださいませ。」とだけ書かれたメールが届きましたけ。けど、これって、そんな簡単な一言で済ませられることなんだろうか?と大いな疑問を抱いてしまいました。

 もけもけだけに送られたのなら、届いたメールをもけもけが廃棄すれば終わりにできますが、もし一覧に載っていた他の販売店さんにも同じメールが配信されているんだとしたら…。

 なにしろ掲載されていたのは電脳卸に登録した販売店さんたちの本名みたいですし、所有サイト名と連絡用メールアドレスも記載されていたんですから、立派な個人情報だと思います。外部に配布されたわけじゃないけれど、メールを受け取った他の販売員さんに悪用されてしまったら!? とても不安になっちゃいましたよ。

 その夜、電脳卸さんとその販売店さんに、この個人情報流出についてメールで問い合わせをしましたが、両社からの返答なし。数日後に再度、同じ内容のメールで問い合わせし直し、卸会員さんからやっとご返答をいただけました。これまた簡単な返答で「もけもけ様のみに送信いたしました」の一文だけのメールでした。

 原因は販売店さんの単純な操作ミスなのかもしれませんが、内容が内容だけに「間違いでした」の一言で済ませられる問題ではないんじゃないでしょうか。それとも、もけもけの考えすぎ?

 問い合わせの内容は、「もけもけにだけ配信されたのかどうか」「誤配信の原因」「防止策を含めた今後の対応について」などです。結局、上記一文のみの返答で片付けられたため、肩すかしを食らったような感じで気が抜けてしまった。

 電脳卸さんからは未だに反応ありません。クレーマーと思われたのかな? でも、疑問があったり問題があったら、問い合わせしてもいいですよね? 怒りのメールを送りつけたわけでもなく、ユーザーからの問い合わせに素早く応じるのは企業や社会人として当たり前のことだと思うんですが…。

 ユーザーからの問い合わせに対して、定型文の自動返信メールだけですませるところもあって、それはそれでガッカリなのですが、何も返信されないよりはマシなのかも。

 電脳卸さんにはASPとして一番期待を寄せていたので、今回のことは正直とても残念に感じました。

 今までアフィリエイターは、ASPや出店者を信用するしかなく、ASPの言いなりにならざるを得なかった面が多々あります。「無料で登録させてもらってるんだから」と言われればそうなんですが、無料であっても一つの契約締結であることに変わりはありません。

 長々とアフィリエイトプログラムに対する苦言を書いてしまいましたが、アフィリエイトという仕組みは決して悪いものではないし、現状のASPさんたちに失望しきっているわけじゃないですよ。

 むしろ、より健全なビジネスとして成長していって欲しいから、あえて苦言を言わせてもらったという感じです。既存のASPさんも、よりよいシステム作りを頑張ってもらいたい!

 もけもけにとって理想のアフィリエイト・システムは、ASP、出店者、アフィリエイターの三者が信頼しあえて対等に手を結べるもの。現状はASP主導型すぎますね。

 ASPは出店者とアフィリエイターの仲介とサポート役に徹し、両者が協力しやすいようなシステムを提供すればいい。出店者とアフィリエイターの提携は、一般に「アフィリエイターからの申込み」→「出店者の承認」という図式で行われていますが、出店者からも掲載サイトを進んで選べるような仕組みがあったら面白いんじゃないかなぁ。

 主役は出店者とアフィリエイター。出店者は購買者やアフィリエイターに魅力ある商品を提供し、アフィリエイターは販売促進につながるページ作りをする。これが本来あるべき理想像だと思うのですが、実際はそれほどうまく機能しているとは思えないんですよね。

 出店者からも販売促進につながりそうなサイトに掲載申込みができたり、売れ行きに応じて料率を優遇したりできたら…。そのためには両者が信頼し合えるように、お互いの注文や売上の詳細が把握できならなきゃいけませんが。

 そんなことをすると、出店者とアフィリエイターが直接契約してしまうから、ASPはあえて不透明なシステムにしてるんだという噂もありますが、透明で公平な良いシステムを構築できれば、利用してもらえると思うんですよね。

 企業やショップと直接提携しているサイトは今でもありますが、広告掲載料は月極めが大半です。それは、個別の提携でいちいちアフィリエイトプログラムシステムを準備するのが大変だからなんじゃないでしょうか。

 「リンク・スタッフ」という独自紹介システムを採用している企業やショップもあるにはありますが、レポート管理面や信頼性から言って、アフィリエイターにとっても満足のいくシステムのものはまだ無いと思います。これはこれで、リンク・スタッフを募集する企業やショップの主導型になってしまってます。

 販売店とアフィリエイターの両者が満足いくシステムを、個別にそれぞれが準備するのは難しい。特に中小企業や個人アフィリエイターには、資金面からも技術面からも難しいと思います。だから間にASPが入って、両者に公平なシステムを提供し、出会いの場をつくる。販売店とアフィリエイターは、本当の意味で連携・協力しながら売上を伸ばしていく…。

 こういうシステムなら、アフィリエイターの登録を有料にしてもいいと思います。質のいいアフィリエイトプログラムを求める良質な販売店やアフィリエイターが集まるんじゃないでしょうか。う〜ん、我ながらいいアイデアだと思うんですが。理想的すぎるかな!?

 技術的には不可能じゃないと思います。採算をどうとるかは課題ですけど。甘いかなぁ?

■追記

 A8.net経由の楽天直営のアフィリ成果がほぼ確定しました。もけもけのキャンセル率は…なんと8割!!でした。ひどすぎる…。「もしかしたら人によって違うかも」なんて淡い期待を抱いて、様子見なんかしなきゃよかったよ。

 即効で「電脳携帯Life」と「電脳囲碁Life」のリンクを楽天直営のアフィリに貼りなおしましたが、7月分の報酬もパァだな、これじゃ(涙)。

 楽天直営のアフィリに貼りなおしたら、翌日さっそく成果があがってました。A8.netで上がってた日々の成果報酬よりも高く。

 レポートを見てみたら料率の高いショップさんの商品が注文あったみたいです。そうか、ASP経由だと料率も1%固定だけど、直営アフィリならショップによって料率が高い場合があるもんね。料率の面でも楽天直営のアフィリが有利ってこと。

 なんか、もうね、気が抜けてしまいました。いっそのこと、楽天とASPの提携はやめちゃったら?って思ってしまった。

 電脳卸さんからは、9日にやっとご返答をいただけました。電脳卸さんの方でも販売店さんに確認してくださるそうです。

 ただの「確認」だけに終わったらもともこもないので、再発防止策も含めて検討の上、確認後の報告もお願いしておきました。さて、どうなるでしょう?

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年08月06日 21:47
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

はじめまして、もけもけさん。まもゆと申します。
トラックバックありがとうございました。

私もこのところ、楽天のアフィリエイトに関する悪い噂に人事ならざる不安を感じております・・・。
こういうことがあると、楽天のみならず、
アフィリエイターのAPS&提携先に対して信頼のみ、と言う体制をどうにかできる良い案があればと頭が痛くなります・・・。

Posted by: まもゆ : 2004年08月07日 21:16

まもゆさん、コメントどうもありがとう。

6月分のA8.net経由の承認率がほぼ分かりました。
もけもけの場合、6月の中頃から売上が立つようになり、額はそれほどでもないから承認率はそれなりにあるのでは…と、ちょっと期待してたんですが…ガーン!!大半がキャンセルです!

楽天アフィリのASP経由キャンセル率の多さは、噂じゃなくて本当でした!
急いでリンクを全部、楽天直営のものに貼り替えましたよ。まる一日かかった!

クッキーの優先度など、はっきりとした理由があるのかもしれないけれど、それを明示するシステム変更なり告知なりをどうしてしないのか??

アフィリエイト初心者をカモにしてるんでしょうかね。いま、流行だから、これから始めるって人がほおっておいても次々に入会してくれるから、それにアグラをかいてるんじゃないかと思えてしまいます。

一般ユーザーもばかじゃないですから、このままではASPも自分で自分の首を絞めることになるんじゃないかと思うんですが。
健全なアフィリエイト・プログラムの発展を望む者としては、やり切れない憤りを感じてしまいますね。

Posted by: もけもけ : 2004年08月09日 22:14

もけもけさん。はじめまして。

アフィリエイトにはいろいろな不具合があるのですね。
この記事をリンクさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: くろっち : 2004年08月28日 10:06

くろっちさん、こんにちは。
不具合もそうだけど、仕組みが不透明ってのが最大のネックですね。

Posted by: もけもけ : 2004年08月29日 08:33

楽天出店者の本音スレッド http://jbbs.shitaraba.com/shop/54/ が、
ある日「楽天野球団」の私設応援団ページになりました。
出店者の本音どころか楽天の太鼓持ちスレッドと化しました。

阿呆らしいので、有志で新しい本音スレッドを作りました。
http://jbbs.shitaraba.com/shop/960/

Posted by: 新しい本音スレッド : 2004年09月30日 09:17

新しい本音スレッドさん、お知らせどうもありがとうございました。
最近、覗いてなかったんですけど、そんなことになっていたとは。
前の本音スレッドの過去ログももう見られないんでしょうか。残念です。
新しい本音スレッドの充実を期待してますんで、頑張ってくださいね。

Posted by: もけもけ : 2004年09月30日 12:25

はじめまして,私はこれから、アフィリエイトを始める為に本日参考本を買って色々検索して勉強していました。たまたま、もけもけさんの記事に出会い非常に参考になりありがとうございました。
これからも記事を楽しみに勉強させて頂きます。

Posted by: タケタケ : 2004年12月19日 18:28

タケタケさん、はじめまして。コメントどうもありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。

これからアフィリエイトを始められるんですね。頑張ってくださいね。
残念ながら市販されている本では肝心のところが書かれていないものが多く、実際に自分で工夫したり試してみたりしないと分からないことが多いです。
でも、やってるうちにコツがわかってきたり、アイデアが浮かんだりしてきます。
徐々に売上が上がってくると、また励みにもなりますしね。
楽しみながらできるのが一番ですよね。

Posted by: もけもけ : 2005年01月04日 19:00

楽天にメールで問い合わせてみたのですが承認されないのはユーザー側がクッキー非対応環境だからで、ユーザーのPC環境は対応できないとのこと。
所詮無料サーバーですからただで開いてやってるのに、って感じなのか。
メール内容を公開したところ、法的措置に出ることもあるからメール転載部分と"誤解を生じさせる表現"の削除を求められました。
問い合わせる前より不快になりました。

Posted by: たこ麗子 : 2005年07月06日 16:56

たこ麗子さん、情報ありがとうございました!
「ユーザー側がクッキー非対応環境だから」ですか…。でも、これは他のASPでも同じ条件のはずですよね。
大部分のASPがクッキー方式でやってるんですから、やはり楽天だけ承認率が低いことの説明にはならないと思います。
それとも、他ASPでは無効なクッキーでの注文は成果にあげず、楽天では無効なクッキーでも売上に上げてるんでしょうかね?
いずれにしろ、やっぱり楽天のアフィリは特殊で不透明な仕組みに思えてしまいます。

たこ麗子さんのサイト、読ませていただきました。
キャンセル率100%のショップがあるとは、すさまじいですね。しかも、知人さんたちが購入してるのに…。
ショップ側が注文をキャンセルした場合は購入者にもキャンセル通知がいっちゃうそうなんで、勝手にキャンセルはできないそうです。
ということは、楽天側のシステムに何らかの問題がある可能性がやっぱり高いんじゃないかなぁ。
真相究明してほしいなぁ。頑張って!

Posted by: もけもけ : 2005年07月07日 00:51

お久しぶりです。
お店と一緒に楽天に問い合わせ中です。
お店も困惑してるようです。

Posted by: たこ麗子 : 2005年09月14日 12:57

こんにちは。文中の個人情報についてですが、個人名=個人情報ではありませんよ。企業のサイトに書いてある社長名が個人情報でないように。個人情報=個人顧客情報のほうが法律の定義に近いです。では。

Posted by: pon : 2006年08月30日 21:58

初めまして。ヒロシといいます。ASPの対応、承認率や、クッキーの優先順位など疑問点が多いのですが、一向に説明されない状況に怒りを感じています。古い記事のようですが、その後一向に改善されていないようですので、私のブログやポータルでコチラの記事を紹介させていただこうかと思います。
丁寧な調査結果報告、有難うございました。

Posted by: ヒロシ : 2007年10月29日 19:35

わたしのキャンセル率は90%を超えています。
月によっては100%のキャンセル率です。
年間 250万も売り上げて紹介料が640円って
ひど過ぎます。

Yahoo!Shopping、Amazon の方はキャンセルは
殆ど発生していません。実際には売り上げが
発生している筈です。

Cookie の優先順位というのは技術的にありえません。
他のIDがカウントされるのであれば、
一度、アフィリエイトで売れた商品に関しては
一切カウントしない事になります。

システムの問題というかこのような状態を
何年も放置しているのは詐欺ですね。

Posted by: もげこ : 2008年02月09日 18:15