年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年08月01日

速読にチャレンジしてみよう!

 1冊の文庫本を数分で読み終えてしまえるという速読術に憧れたことはありませんか? 読書好きなら一度はマスターしたいと考えたことがあるのでは?

 でも、たいていの人は「自分にできるハズがない」って諦めてたんじゃないでしょうか。もけもけもその一人です。この手の受講料って目玉が飛び出そうなほど高いし、一部の特殊技能がある人にしかマスターできないんじゃないかって思いますよね。

 それが、もしも、手軽な値段で、一日30分から1時間の練習で、3ヶ月程度で身につけられるとしたら…?

 もけもけが速読をマスターしたいと思ったのは、とある資格試験の勉強中でした。大量のテキストや参考書を前にして「速読できれば、同じ時間で何回も復習できるだろうに」と何度も切実に思ったものです。

 当時、速読や速聴の練習講座を実際に資料請求してみたこともりましたが、受講料のばか高いこと! 安いコースで50万円くらい、高いコースだと100万円以上!! 目標の資格試験の予備校代よりはるかに高い!! その上、本当にマスターできるのかどうか分からないものなんですから、受講する気は起きませんでした。

 5年くらい前の話なんで、今でも値段は大して変わってないんじゃないかなぁ。でもね、最近、格安でサポートも良さそうな教材を見つけたんですよ(あとで紹介します)。

 みなさんには、そもそも速読や速聴は本当に可能なのか?という疑問があると思います。

 結論は、もけもけは可能だと思います。速聴については、倍速テレコ(例えばソニーTCM-900iconなど)を使ったことがある人なら、体感でお分かりだと思いますが、2倍速くらいでは余裕で聴けるようになります。

 もけもけも資格試験の勉強のとき、勉強時間を短縮したくて、資格予備校の通信講座テープを倍速テレコで聴いてたことがあります。いきなり2倍速はキツイですが、だいたいの倍速テレコは再生速度が可変式で調整できるので、徐々にスピードアップしていくことができます。最終的には2倍速で聞いていましたが(使っていたテレコの最高速度が2倍速だったため)、慣れるとそれでも「もっと速く聴けたら、もっと時間短縮できるのに」ともどかしく感じましたから。

 速読は、今年2月まで放映されていた科学情報番組「特命リサーチ200X」で取り上げられていて、「速読は誰にでも身につく能力なのか?」の中で以下のように分析されています。

 通商産業省工業技術院の斉田真也博士によると、視覚のメカニズムから考えると、最も早く読む人でも1分間に2000文字、文庫本で約4ページが限度であり、300ページの小説を読むには最低1時間20分は必要という。  マジカルナンバーセブンと呼ばれる瞬間認識力テストでは、人間が瞬間的に見て覚えられる数は数字でも文字でも最大7つといわれ、1分間に読める文字数は60秒÷0.2秒=300回×7文字=2100文字となるのだ。  しかし、佐々木豊文工学博士によると視覚的認知能力では、1分間に5万文字を読むことも可能だという。この能力は、目の前にあるものの形や色を瞬時に認識する能力で、1つの記号などであれば1000分の8秒で認識することが可能となる。 (中略)  誰もが、文字を音声化・文字をなぞるなどの癖があるため読む速度が遅くなってしまう。速読を身につけるには、文字を連続的に速く見て、1回に読み取る文字数を多くし、文字を飛ばさずに読む訓練と、同じ本を繰り返し読んで、1行づつ繰り返し何度も読みイメージする訓練が必要である。

 簡単に言うと、読書のときの視覚を広げ、目の動きを最小限にして、瞬時に文字を読み取る訓練をすれば、速読は可能ということです!

 可能とはいえ、難しそうな訓練に思えますよね。でも、この訓練を楽しみながら簡単にできるソフトがありました。それが「速読術トレーニングソフトSRR for Windows」です。

 実は、もけもけも購入してます。まだ先日届いたばかりなんで、数回しか使っていませんが、ゲーム感覚でできるのでなかなか面白いです。どんな訓練方法があるのか、具体的に一部を紹介してみると…。

◆順番クリックトレーニング
速読・順番クリックトレーニング

 「リラックスと集中のバランス感覚」のトレーニングです。画面上に散らばって表示された文字(または数字)を、制限時間内に順番にクリックしていきます。ゲーム感覚でやっていくうちに、広い視野で文字を認識できるようになっていきます。

◆木森見トレーニング
速読・木森見トレーニング

 小さな文字で描かれた大きな文字が画面に現れます。両方の文字を読み取って、つなげると言葉になります。意識の分散化と、リラックスと集中のバランスをとるためのトレーニングだそうで、「木も見て、森も見る」つまり、細部にも注意を払いつつ、全体像も見損なわないようにする訓練です。記憶力も使うので、これは、けっこう難しい。

◆瞬時記憶トレーニング
速読・瞬時記憶トレーニング

 表示された記号の形・色・配置を瞬時に記憶し、再現します。リラックスした情報の入出力を目指す訓練だそうです。

◆瞬間ピックアップトレーニング
速読・瞬間ピックアップトレーニング

 似たような文字や言葉の中から、正しいものを瞬時に判断して選択します。「文字を見て反応する回路」を脳の中に作る訓練だそうです。

◆瞬間ならべかえトレーニング
速読・瞬間ならべかえトレーニング

 言葉の順番を入れ替えた文字列が表示されるので、それを見て元の言葉が何だったのかを答えます。IQテストにもある問題ですね。これも「文字を見て反応する回路」を作る訓練の一つだそうです。

◆イメージ記憶トレーニング
速読・イメージ記憶トレーニング

 次々に表示されていく単語を順番通りに記憶していきます。文字情報をイメージで連鎖させながら記憶していくトレーニングです。連想記憶術としてもよく紹介される手法ですね。

◆視野拡大トレーニング画面
速読・視野拡大トレーニング画面

 正方形の枠が内側から順番に表示されていきます。一番外側の枠の四隅にある数字のうち、一番大きな数字がどの場所にあったかを、画面をクリックして答えます。視野の広がりをチェックするトレーニングだそうで、見た目より実際にやってみると難しいです。表示される枠の数がランダムに変わるのと、表示時間が短いので、画面全体を一瞬で視野に入れて読みとらないと間に合いません。「視野の広がりをチェックする」のに、なるほどうまい方法だと唸りました(笑)。

 ね、ゲームみたいで楽しみながらできそうでしょ? 正解率が上がるとレベルアップしていけるので励みにもなり、達成感が得られるから飽きずに続けられそうです。

 もけもけがトレーニングしていると、息子が後ろから盗み見してて「ボクもやりたい!」って言ってきましたもん。どちらが早く速読をマスターできるか、競争してみようかな?

 上に紹介した以外にも、リラックス法や早耳トレーニングなど、いろんな訓練ができます。自分の読書のスピードを計ることもでき、トレーニング結果をレポートに変換して気軽に質問ができる専用BBSでのサポートも付いています(しかも終身会員です!)。

 また、このソフトでする訓練は速読トレーニングの一部で、実際の本を使っての速読訓練と並行して進めていくことになるんですが、その訓練メニューも丁寧にガイドブック化されて付いています。

 余談になりますが、このトレーニングガイドp.163〜164に掲載されている○○えもんのカットには吹き出してしまいました。購入された方は見てみてください。他にも随所にユーモアがあって、読みやすく分かりやすいガイドブックになっています。

 この内容で、3ヵ月間のeLearning受講システムも付いていて30,000円(税込)なんですから、お得な超破格値だと思います。

 ただし、気をつけなくてはいけないことがあります。

 ひとつは、速読トレーニングをしても読書嫌いだった人が読書好きにはならない、ということです。当たり前のことなんですが、「速読できるようになる」→「短時間で本をたくさん読めるようになる」→「読書好きになる」と勘違いしてる人も多いんだそうです。

 もともと本を読まない人(読む気がない人)の嗜好や性格まで変えることは出きるはずがない! トレーニングで右脳を活溌化できるからか、本を読まない子供に速読トレーニングを受けさせようとする親御さんもいらっしゃるそうですが、返って読書嫌いにしてしまうかもしれません。

 そりゃ、そうですよね。読書は自ら進んでするものでないと楽しくないし、成果(知識)も得られないでしょう。「小説を読んで感動したい」「仕事でこの本の知識が必要」など、読書する先に何か目的があるわけで、「読書すること」そのものだけが目的で本を読む人はいませんよね。

 また、トレーニングソフトはあくまで補助教材なので、ソフトは3日に一回程度でもいいそうだけど、読書嫌いの人が本を読まずにソフトだけでマスターしようってのは虫がよすぎる話です。こういう人はソフト代をドブに捨てるようなものです。

 二つ目の注意点は、毎日コツコツと続ける覚悟があるかどうかということ。一般的に、速読トレーニングは挫折率が非常に高いんだそうです。

 これも考えてみれば当たり前なんですが、ちょっとトレーニングしただけで速読できるようになるなら、世の中の人みんなが既に速読をマスターできてるはずです。

 「速読術トレーニングソフトSRR for Windows」でも、3ヶ月かけて2,500文字/分レベルになることを第一の目標とされています。冒頭に紹介した記事の中にある「1分間に5万文字を読むことも可能」ということからすると、2,500文字/分は少ない気がするかもしれませんが、そこまでで3ヶ月かかるということです。

 もけもけの現状は500文字/分ですから、2,500文字/分になるだけでも今の5倍の速度で本が読めるようになるってこと。中1の息子なんかは250文字/分でしたから、10倍になる計算! それはそれで、すごいことなんだけど。ちなみに、社会人の平均的な読書スピードは600文字/分なんだそうです。

 自分の読書スピードを計ってみたい人は、「日本速脳速読協会 大分教室」さんの「読書速度測定」というページでも簡単に計測ができますよ。お試しあれ。

 もっとも、速読の修得は個人差が大きいので、3ヶ月かからないうちにもっと速く読めるようになる人もいるらしいのですが、無理のないペースで3ヶ月かけるとしても、この3ヶ月は毎日最低30分トレーニングしなくちゃいけない。とびとびに気が向いたときだけやっても効果は低いらしいので、それなりの根気がいるということです。

 ソフトで楽しみながらトレーニングできるとしても、すぐに飛び抜けた成果があがるわけじゃないから、三日坊主の飽きっぽい人には無理かもしれません。っていうか、無理です。

 ちょっと驚きの話なんですが、実際のところ、速読教室のインストラクターに速読できない人が多いんだそうです。儲け主義の教室で多いらしい。受講料を最初にガッポリ払ってもらえば途中挫折されても関係ないですからね。インチキ教室にはくれぐれも気をつけましょう。

 業界裏話として笑える話があります。ある有名な右脳速読教室のインストラクターは1冊の本を1分で本当に読み終えることができたんだそうです。ところが、そのインストラクターは本を読み終えたあと、1時間くらいかけて今読んだ内容を紙に書き出して思い出さないと、本の内容を理解できないんだって。つまり、最初はイメージとしてだけ記憶してるだけで、意識して言葉に変換しなおさないと内容は理解できていないということ。

 それなら、最初から1時間かけて理解しながら読んだ方がいいじゃん! 意味ないよね、それじゃ。さらに、受講生が目撃したところによると、そのインストラクターは雑誌を読むときは普通のスピードで読んでいたんだそうな…(爆)。

 これらは「速読術トレーニングソフトSRR for Windows」のガイドブックの中で紹介されていた実話です。

 SRR速読教室では、その点も考慮されていて、本の内容をちゃんと理解しながら速読できるようになるトレーニングに重きを置いているようです。だから3ヶ月で2,500文字/分を修得しようというスローペースなんですね。それでも早い人は3ヶ月で10,000文字/分に達することもあるそうですが。

 SRRさんの速読術は、斜め読みとか、単なるイメージインプットではないようです。速読しながら読書の質を落とさないようにしようという、より本格的な速読法とでも言うのでしょうか。

 何をもって「速読」とみなすのか考え方はいろいろあるようですから、「速さ」だけを重要視する速読法もあります。でも、それでは上のインストラクターの笑い話のように、実の無い読書になってしまうかもしれません。読み方が雑になったり、へんな癖がついてしまうこともあるらしい。まあ、本人がそれで満足なら他人にとやかく言われることじゃないですけどね。

 もけもけは、ここ何ヶ月も読書する暇がとれない生活だったんですが、ぼちぼち読書時間をとれるようになってきたので「ここいらでチャレンジしてみるか」って気になったんですよ。で、いろいろ調べた結果、SRRさんのやり方が信頼性が高いと判断しました。

 トレーニングソフト以外にも、SRR速読教室では対面レッスンの教室も行っているそうです。でも個人でされているので、少人数制の上に、先まで予約が埋まっているそうです。遠方の人や、決まった時間に練習時間がとれない人、教室のあきがでるまで待てない人にも「速読術トレーニングソフトSRR for Windows」はオススメです。

 「速読術トレーニングソフトSRR for Windows」を購入したい方は、下のリンクからどうぞ。SRRさんの他のトレーニングソフトも紹介しておきますね。

◆速読術トレーニングソフト e-Learning パック

速読術トレーニングソフト e-Learning パック【SRR速読教室】

 販売価格は業界最安値の30,000円(税込)。希望小売価格は40,790円ですが、上記リンクから注文すると10,790円引き ( 26 % OFF) で購入できます。上記に紹介した速読トレーニングソフトと専用BBSでのサポート、人気メルマガ音声版「縦横無尽の知的冒険」「がんばれ社長」「営業マンは断ることを覚えなさい」から1誌、1年分のダウンロード提供、eLearning受講(3ヵ月間)がセットになっています。もちろん、トレーニングのガイドブック付きです。

◆速耳マスター+人気メルマガ音声版CD-ROM+文学作品朗読集CD-ROM

速耳マスター+人気メルマガ音声版CD-ROM+文学作品朗読集CD-ROM【SRR速読教室】

 販売価格 20,000円(税込)。このソフトは、最近注目されてきた「高速な音声を聴いて脳(前頭葉)を活性化する」というねらいで開発されたものだそうです。集中力を高めたい方、読書のスピードが遅いと感じている方、聞く力が弱いと感じている方、最近物忘れがひどくなったとお感じの方、自分をバージョンアップさせたい方にオススメのソフトです。音声ファイル「日本の名作文学作品朗読集」があらかじめ96本、人気メルマガの音声版40本が付いているので、これらを聴いて楽しみながらトレーニングができます。

◆速読術・脳力開発サポートパック

速読術・脳力開発サポートパック【SRR速読教室】

 販売価格 35,000円(税込)。希望小売価格47,280 円のところ、12,280円引き ( 26 % OFF)で購入できます。上の速読トレーニングソフトと速耳トレーニングソフトがセットになった、お得な割引価格になっているトレーニング教材です。教材数が驚きの約170本(1本あたり10〜20分程度)付いてます!

 いずれも配送料金は全国一律無料です。速読実践者であり、インストラクターである主催者が、ソフトの企画・プログラミング、教材製作などすべて行っているから安心です。

 速読トレーニングは、実は非常に挫折率が高いんだそうです。微妙なノウハウが必要なため、ソフトを購入するだけでは身につかない確率が高いらしい。上のソフトを使えば、実践者からのアドバイスを直接受けることができ、公開のレッスンで他の人が受けているレッスン内容を見て参考にしたり、やる気を出したりもできます。高額で売りっぱなしのソフトとは違い、「継続」が大切な速読トレーニングにとって嬉しい内容だと思います。

 SRRのソフト開発者であり、速読教室のインストラクターである寺田氏とは、ソフト購入時に何度かメール交換させていただきましたが、対応が早くて信頼できそうな、フレンドリーな方でしたよ。もちろん速読実践者さんです。

 個人事業でされているので、アットホームな雰囲気でサポートがしっかりされているのですが、企業でないと信用できないという方は、まずは下の入門ソフトと本をお試しされてはいかがですか?

速読入門

発売日 2003/09/18
売り上げランキング 706


おすすめ平均
小学校低学年の方へ。
きめの細かさが売り
2〜6倍速の速読習得ならこのソフトがピカイチです!

Amazonで詳しく見るB0000BVZZO

 読書やビジネスで役立つ「速読」を手軽に学習できる、初心者向けの速読訓練ソフトです。「SRR速読教室」全面監修のもと、実際に速読教室で教材として使用されている内容をベースに1ページを10〜15秒くらい(300ページの本であれば約1時間)で読めるようになるよう開発された入門用ソフトです。

決定版!超カンタン速読入門―キミもこれで読書の達人
寺田 昌嗣 , 玉城 博正

発売日 2002/11
売り上げランキング 4,057


おすすめ平均
まあまあ
絵がかわいかった。
おかげさまで日本一!

Amazonで詳しく見る4323070314

 今の2〜5倍の速さを目指す、小中学生のためのカンタン速読術の実戦入門書です。速読術の基本がかんたんにマスターできるよう、トレーニング方法がわかりやすく説明されています。

 読書やビジネスで役立つ「速読術」を身につけられたら、読書以外の世界も広がりそうな気がします。読書を暇つぶしの楽しみにしている方は、ゆっくり読まないと暇つぶしじゃなくなってしまいますけど(笑)。

 本が好きで、根気があれば、もう「夢の」速読術ではないんですね。あなたも一緒に始めてみませんか?

■追記その1

 iモード用の速読・記憶アプリも発売されました! ドコモの携帯電話をお持ちの方、いかがですか?

 対応機種はDOCOMO MOVA 505,506以降、FOMA 900,901以降,700以降です。アプリは全部で10種類。

 いつでもどこでも手軽に速読トレーニングをしたい方にオススメです。興味のある人は、IAX速読・記憶アプリのページを見てね。

■追記その2

 リリースが新しめのトレーニングソフトで人気の高いものに以下のものもあります。ご参考までに。

ビジネスに効く速読
ビジネスに効く速読
posted with amazlet at 05.02.27
マグノリア (2005/02/03)
売り上げランキング: 545
通常24時間以内に発送
 忙しいビジネスマンのために、短時間の訓練で2~3倍の速読を達成するトレーニングソフトです。


速読術パーフェクトマスター
マグノリア (2004/12/02)
売り上げランキング: 445
通常24時間以内に発送

 情報処理能力を高め自分をバージョンアップさせたいすべてのサラリーマンと、資格試験合格を目指すすべての学習者に贈る「実践活用型速読術」トレーニングソフトです。


速読 ALL ONE
速読 ALL ONE
posted with amazlet at 05.02.27
ケンテイ・ドット・コム (2004/04/02)
売り上げランキング: 3,520
通常2〜3日以内に発送

 小学高学年からシニアまで、画像を眺めているだけで速読力がアップする速読トレーナーソフトです。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年08月01日 23:15
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

トラックバックありがとうございました!!

中学生のころ、速読の勉強しててそのころは少し速かったんですけど、常に本を読んでるわけではなかったので、速度が落ちてしまいました…
ヒマになったらまた速読の練習しようかなと思うんですけど、毎日は時間が取れないので、なかなか難しいですね

教科書を速く何度も読めたらなぁ〜といいつつ、教科書も開かず本ばかり読んでる、楽しい夏休みです(笑)

Posted by: ぷぅ : 2004年08月03日 14:06

ぷぅさん、コメントありがとう。
本ばかり読んでいるなんて幸せな夏休みですね。

好きな本を読みながら速読トレーニングはできるので、いっそのことチャレンジされてみては?
好きなだけ本が読めるのも大学生のうちだけですよ。
もけもけも「積ん読」にならないよう、たくさん本を読みたいよ〜。

Posted by: もけもけ : 2004年08月03日 23:06