年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年06月18日

棋譜並べのススメと本因坊戦第4局の結果速報

 囲碁の二大勉強方法のひとつ「棋譜並べ」のお話と、佳境に入ってきた本因坊戦第4局の結果速報をお伝えします。

【本因坊戦第4局結果速報】

 黒番:張栩本因坊
 白番:依田紀基名人

 囲碁ファン待望の張栩本因坊の本が出版されたのをご存知ですか?

 張栩本因坊は、現在の日本プロ囲碁界の「若きプリンス」と言っても過言ではないお方。若手ながらトッププロなので、本の執筆まではなかなか時間がとれないのだと思いますが、詰碁作りが趣味と聞きますから、アマチュア向けの詰碁本が出版されたらなぁと期待されている方は、もけもけだけではないはず。

 今回出版されたのは「張栩―打碁鑑賞シリーズ」という本です。この「打碁鑑賞シリーズ 」は、掲載されている自分の打碁の一手一手をプロ棋士自身が解説しているものです。よくあるゴーストライター本とは違い、正真正銘の張栩本因坊自身の打碁研究、その手を打ったときの心情などを知ることができます。

張栩

張 栩

発売日 2004/06
売り上げランキング 


Amazonで詳しく見る4818205508

 張栩本因坊のファンならずとも、飛ぶ鳥を落とす勢いのあるトッププロの生の解説で勉強できるのですから、ヨダレをたらしそうなほど嬉しい本です。

 これを機会に、棋譜並べを初めてみませんか?

 棋譜並べとは、囲碁の対局を再現して碁盤に並べてみることです。初心者から高段者まで手軽にできる囲碁の勉強方法です。手軽ながら、最も重要な勉強方法の一つとも言えます。

 もけもけは、囲碁を始めた二年前の当初から、棋譜並べをやってます。そのおかげと「依田ノート」のおかげなのか、5〜6級になった頃から「序盤は初段並み」とよく言われます。4級の現在は、プロに井目(9子)置かせてもらって指導碁を受けると、序盤や中盤でプロが「負けました」と投了してくれるようになりました。終局まで打っていたら、ヨセがへたなもけもけは逆転されて負けるかもしれないのですが(囲碁大会ではそのパターンが多い)、プロは形勢判断が早いから序盤や中盤の石の形を見ただけで「白が悪い」と判断してくださっているのかもしれません。

 「依田ノート」は現在本因坊戦に挑戦している依田名人が書かれた、序盤の構想や大局観を養うためにアマチュア向けに書かれた本です。ついでに紹介しておきますから参考にどうぞ。

依田ノート―すぐに役立つ上達理論

依田 紀基

発売日 2003/04
売り上げランキング 9,251

おすすめ平均
技術書というよりも「考え方」を丁寧に書いた名著
アマ待望の囲碁上達理論の超力作!!
依田先生の傑作

Amazonで詳しく見る4062117797

 棋譜並べの効能は、きれいな石の形を体で自然に覚えられることにあります。プロの碁は、アマチュアにとってみればどれもお手本になりますし、初心者で一手一手の意味が全くわからなくても順番どおりに並べるだけで知らず知らずのうちに良い石の形を吸収していけるのです。

 もちろん、上級者や有段者になっていけば、プロが打った一手の意味を考えたり、次の手を予測してみたりと、もっと詳しく勉強することができますし、打ち碁を暗記する練習にもできます。

 初心者や棋譜並べが初めてという人は、最初の数十手だけ並べることから始めてみるといいでしょう。それだけでも、布石、定石の勉強になります。慣れたら徐々に並べる手数を増やしていけばいいのです。無理してイヤイヤやっても身になりませんから。

 棋譜並べの成果は、すぐに目に見えて表れるものではありません。囲碁の学習方法に即席で成果がすぐに現れる方法はないのです。コツコツ継続することが大切です。楽しんで続けられるよう工夫してね。

 参考にするプロの棋譜はインターネットで手に入れることもできますが、解説つきの方が時間短縮もできるのでおすすめです。というか、プロの思考や打った手の意味はアマチュアにはなかなか分からないですから、解説がついている方が理解しやすいのです。

 また、棋譜には「総譜」といって一手目から最終手までが一枚の棋譜にまとめられたものと、手数がある程度の数ごとに分けられたものとがあります。総譜は、次の手の番号を探すだけでも慣れないと一苦労ですから、初めのうちはなるべく細かく分けられた棋譜を入手された方がいいでしょう。

 もけもけがよく利用しているものや、代表的な棋譜集(打ち碁集)には以下のものがあります。

囲碁 名局細解〈’03〉

囲碁編集部

発売日 2004/02
売り上げランキング 53,190


Amazonで詳しく見る4416704259

 名局細解は雑誌「囲碁」の別冊なのですが、一年分をまとめて購入できます。一冊で一局をあつかっているので、解説がかなり詳細です。とりあげた対局の勝者であるプロ棋士と記者の対話形式で、譜を細かく分けて、一手一手について意味を説明してくれています。検討譜も豊富に解説されているので、この本を読みながら並べるとかなり時間を要しますが、それだけに棋力向上の成果も大きいように思います。薄くて小さいので、満員電車の中で読むこともできます。譜が細分化されているので、見るだけでも棋譜並べの効果がありそう。
囲碁名局年鑑2004

山下 敬吾 他

発売日 2004/03/11
売り上げランキング 62,765


Amazonで詳しく見る4582604293

 年鑑は、その年度のプロの対局がぎっしりたくさん掲載されています。一日一譜ずつ並べても一年以上かかってしまいそうですが、好きなプロの棋譜だけ選んで並べてみるとか、辞書的に利用することもできます。たくさんの棋譜を掲載しているため、解説は要所だけされているなど名局細解に比べれば簡略ですが、使用に耐えうる十分な分量です。
韓国囲碁年鑑〈2003〉

国際囲碁大学 , 韓国棋院

発売日 2003/11
売り上げランキング 78,421


Amazonで詳しく見る4896917766

 韓国の年鑑は使用したことがまだありませんが、韓国は囲碁の研究が進んでいるので新手や最新の研究成果が入手できると思います。囲碁の勉強に熱心な高段者や日本のプロ棋士は、韓国のプロ棋士の碁がいい勉強材料になっているそうです。もけもけもそのうち韓国の棋譜に挑戦したいと考えてます。
第28期 囲碁名人戦全記録

朝日新聞社学芸部

発売日 2004/02/14
売り上げランキング 187,485


Amazonで詳しく見る402330249X

 昨年度の名人戦挑戦手合いを賭けた熱戦、リーグ戦の全36局が2譜分け、解説つきで掲載されています。25世本因坊治勲、林海峰名誉天元、武宮正樹九段のベテランに、柳時熏九段、王銘エン王座、王立誠十段の中堅、山下敬吾棋聖、溝上知親七段、張栩本因坊の新鋭が、熱戦を繰りひろげたリーグ戦。もちろん日本のトッププロたちの棋譜です。
片岡聡―打碁鑑賞シリーズ〈1〉

片岡 聡

発売日 2003/10
売り上げランキング 61,949

おすすめ平均
ほぼ、文句なしのお勧め品!
一桁級から低段者必見

Amazonで詳しく見る4818205370

小林覚―打碁鑑賞シリーズ〈2〉

小林 覚

発売日 2003/11
売り上げランキング 83,336


Amazonで詳しく見る4818205389

工藤紀夫―打碁鑑賞シリーズ〈3〉

工藤 紀夫

発売日 2003/11
売り上げランキング 88,818


Amazonで詳しく見る4818205419

林海峰―打碁鑑賞シリーズ〈4〉

林 海峰

発売日 2004/02
売り上げランキング 36,996


Amazonで詳しく見る4818205427

武宮正樹―打碁鑑賞シリーズ〈5〉

武宮 正樹

発売日 2004/02
売り上げランキング 28,468


Amazonで詳しく見る4818205451

打碁鑑賞シリーズ〈6〉石田芳夫

石田 芳夫

発売日 2004/04
売り上げランキング 


Amazonで詳しく見る4818205486

 最初の方に書いた、張栩本因坊の本以外の同シリーズ本です。もけもけも集めてます。これからも同シリーズは増えていくようなので、チェックをお忘れなく!

 高段者やプロ棋士に「囲碁の効果的な勉強方法は?」と尋ねると、口をそろえて「詰碁と棋譜並べ」という答えが返ってきます。詰碁は死活だけでなく手筋やヨミの訓練に、棋譜並べは布石・定石・ヨセなどの勉強になるとともに「大局観」を養う訓練になるのだと思います。

 「詰碁」と「棋譜並べ」は囲碁の二大勉強方法なので、棋力アップしたい人はコツコツ頑張りましょーね!

 これから囲碁を始めたい人、棋力アップを目指している人は、「もけもけ流・囲碁入門講座・前編」「同・中編」「同・後編」「詰碁と手筋の勉強のススメ」も参考に読んでみてくださいね。

 さて、本因坊戦の方はどうなったかというと…。第2局まで2連勝で好調なすべりだしだった張本因坊、対する依田名人は第3局でが一矢むくいて一勝2敗となっていて、流れがどちらに傾くのか注目の第四局の結果は、287手で終局し、張本因坊が7目半の勝ちで3勝1敗! あと1勝したら本因坊タイトル防衛となります。プロの対局は数目差でも「大差」と言われます。7目半差だとかなり優劣がはっきりした碁だったということですね。

 このまま張本因坊が押していくのか、依田名人が挽回をはかるのか、次回の第5局は今期本因坊戦の大一番になりそうです。

 棋譜や対局状況などの詳しい情報は「毎日新聞」ホームページを参考にしてください。

 本因坊戦第5局は6月24日、25日の二日にわたって行われる予定です。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年06月18日 21:32
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

はじめまして。ももぞうと申します。最近囲碁のブログを始めた囲碁初心者です。
依田名人の碁に興味があります。本屋で「依田ノート」を見かけたんですが、あまりの分厚さにちょっと手に取るのを躊躇してしまいました(^_^;)。もけもけさんや、他の方のレビューを見てもとてもよい本のようですね。買ってみようかなー。

Posted by: ももぞう : 2004年06月19日 10:24

ももぞうさん、はじめまして!
ももぞうさんのホームページを見たら、なんと女性!しかも岡山県!もしかしたら、なにかの囲碁大会ですれ違っていたかも!?

依田ノートは分厚いけど読みやすいですよ。何度も繰り返して読みたくなる本だと思います。もけもけも2回は読み返しました。またそのうち時間ができたら読み返そうっと。

Posted by: もけもけ : 2004年06月19日 15:17

いえいえ、岡山県と言っても生まれは広島県で、今も岡山県の左端に住んでいるもので行動範囲はもっぱら岡山と広島の県境あたりなのです。それに碁仲間もいないしなー。
依田ノート、今度買ってみますね。

Posted by: ももぞう : 2004年06月19日 15:27

碁会所とか囲碁クラブには参加されてないのかな?
碁仲間作ると、さらに面白くなりますよ。
囲碁大会で対局相手と話がはずんだり、なんてこともあります。

県境あたりですか。う〜ん、確かに遠いですね。そちらの方で大きな囲碁大会が催されることはあるのかな?

Posted by: もけもけ : 2004年06月25日 23:07
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

※名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必須入力です。スパム対策はしてあります。
※メールアドレスはブログ上では表示されません。管理人にだけ通知されます。