年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年05月08日

囲碁扇子のこぼれ話と本因坊戦第1局結果速報

 今回は「扇子」にまつわるこぼれ話と、本因坊戦第1局の結果速報をお届けします。

【本因坊戦第1局結果速報】

 黒番:依田紀基名人
 白番:張栩本因坊

 いよいよ開幕(?)した本因坊戦です。7大タイトルのうち、優勝賞金は棋聖戦が最高額になっていますが、歴史的権威からすると本因坊戦が囲碁プロ棋戦の中で一番歴史が古い由緒ある棋戦なのです。

 「本因坊」というと頭にすぐ「桑原のじいさん」を思い描いてしまう方がいらっしゃるのでは? 桑原本因坊はマンガ「ヒカルの碁」に出てくる本因坊のタイトルを持ったおじいさんなんですが、どう見ても80歳以上に見えます。実際のタイトル戦では、体力・知力ともに激闘がなされるのでそんなに高齢の棋士がタイトルを獲ることはまずありえません。

 今日行われた本因坊戦でも、若干24歳の囲碁界の貴公子・張栩(ちょう・う)本因坊に、38歳の依田名人が挑戦しています。若いでしょ?

 依田名人といえば、世界棋戦に強いことで有名ですが、その野性的な天才肌とともに数々の逸話(奇行?)があるのをご存知でしょうか。遅刻魔なのでNHK杯の録画にも遅刻して顰蹙を買い、出場を一旦辞退する羽目になったことがあるとか、タイトル戦に羽織袴で颯爽と登場したのはいいものの、休憩時間に一旦脱いだ袴の履き方がわからなくなって対局に遅れて関係者を心配させたり、体力づくりのために自転車で日本棋院まで通うことに決めたけれど、棋院近くの横断歩道で車に轢かれそうになったなどなど。(依田名人の名誉のために書き添えると、いまは自分一人で和服を着脱できるようになってるそうです。)

 どこまでが本当の話なのかは分かりませんが、まあ、話題にはことかかない人物です。もけもけの知り合いのプロ棋士さんから聞いた話でも「彼は野性的で勘がいい」そうで、「捨石戦法」と呼ばれている碁の内容にも天才的なものが伺えます。昨年の名人戦で、依田名人に山下九段が挑戦して以降、山下九段が不調に陥ったのも「依田名人の毒気にあてられたからなんじゃないか」という噂があったくらいです。

 でも実を言うと、もけもけは依田名人ファンなんです。身近にいたらきっと迷惑をかけられてばかりで嫌になりそうだけど、碁の打ちまわしっぷりには感嘆だし、「依田ノート」で勉強もさせてもらったから。それに、もけもけと生年月日がかなり近いのだ!(あ、歳がバレてしまった。)

 そんな依田名人なのですが、昨年の名人戦で笑わせていただきました。それは依田名人の「扇子」。asahi.com囲碁の「七番勝負第4局:依田名人が3目半勝ち」という記事に掲載されている写真を見てください。依田名人が持っている扇子の文字に注目!

自筆の扇子を持つ依田名人の写真

 なんて下手くそな字なんだ! もけもけの息子(当時小6)にも見せたところ「僕より下手だ」と言ってました。

 そういえば、プロ棋士がサインして打っている囲碁扇子は、どれも達筆ですよね。プロ棋士さんは毛筆でサインをする機会が多いそう。だから実際に書道を習っているプロ棋士さんも多いんだそうです。依田名人は習ってないな。この扇子を見れば断言できる!

 でも、依田名人もタイトルを持った一流棋士なんだから、サインした扇子が売られているはず。いったいどんな字で売り物にしちゃってるんだろう…? と、疑問に思って探してみたら売り物のサイン扇子には「心」という字が書かれていました。そうきたか! 心なら字の下手くそさが目立たないもんね。いやはや、恐れ入りました。

依田名人の扇子『心』

 もう一つ発見した「一期一会」扇子も子供のような字で笑えます。でも依田名人ファンのもけもけには、そんなところも依田名人らしくて好きなんですけどね。

依田名人の扇子『一期一会』

 対局中に扇子を持っているシーンはよくありますよね。「ヒカルの碁」の佐為のトレードマークも扇子でした。扇子はカッコ付けで持ってるんじゃないんですね。囲碁を始めてみて、もけもけも分かりました。対局中は脳がフル回転なんで頭が熱しやすい気がします。扇子でパタパタは頭を冷やす役目と、冷静さを取り戻すのに一役かってます。

 強い人ほど扇子の使い方がうまい気がします。扇ぎ方じゃなくて、使うタイミングがね。難しい局面にさしかかってしまった時や、局面がひと段落ついて次の大場を盤上を見渡すときなど、優雅にハタハタと扇子を仰いでいると「いかにも強そう」に見えません? もけもけも扇子を上手に使いこなしたいなー。

 しかし、囲碁の扇子って、なんであんなにごつくて、かわいげがないものをみんな使ってるんでしょ? 確かに羽織袴の和装にはあの白扇子が似合うけれど、今やプロでさえ和装で対局することはめったにありませんからね。時代に合わせて、おしゃれな扇子を使えばいいのになぁ。

 もけもけは囲碁を始めた頃、扇子が欲しくなってネットで探したことがあります。囲碁用のごつい扇子がイヤで、おしゃれな扇子はないかと見つけたのが「京せんす風香扇」。風香扇は扇子の専門店で、本場京都の扇子がいろいろ取り揃えられているからおすすめですよ。男性用も女性用も種類が豊富なので、きっと気に入る扇子がみつかると思います。

京せんす風香扇

 扇子の話ついでに、もけもけが失敗したエピソードも書き綴っておきますね。昨夏、メル友のプロ棋士さんに会う約束の前夜になって、「そうだ!せっかくだから白扇子を買ってサインしてもらおう!」と思い立ち、何も考えずにサインペンを用意して行ったんです。いざ、その場になってプロ棋士さんから「筆の方が書きやすいんだけど」と言われて初めて、ハタと気がつきました。そういえば囲碁扇子に書かれた文字って、みんな毛筆だった! せめて筆ペンを用意しとけばよかったよ。まあ、無理やりサインペンで書いてもらいましたが、扇子はデコボコがあるからペンだと非常に書きにくそうでした。

 教訓:扇子にサインをしてもらいたいときは筆を用意しときましょう!

 本因坊戦の話に戻ります。本日行われた第1局の結果は、白268手で白番張栩本因坊の半目勝ちでした! 内容も熱戦ながら、残り時間も依田名人が11分、張栩本因坊が1分とギリギリの戦いだったそうです。張栩本因坊が初防衛に向け一歩先んじました。でもまだ先は長い! これからが楽しみですね。

 棋譜や対局状況などの詳しい情報は「毎日新聞」ホームページを参考にしてください。

 本因坊戦第2局は5月24日、25日の予定です。

※参考

依田ノート―すぐに役立つ上達理論
依田 紀基

発売日 2003/04
売り上げランキング 9,251


おすすめ平均
技術書というよりも「考え方」を丁寧に書いた名著
アマ待望の囲碁上達理論の超力作!!
依田先生の傑作

Amazonで詳しく見る4062117797

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年05月08日 22:27
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

こちらに書き込ませていただくのは始めてとなりますとうとよです。

Trackbackありがとうございます。

私がプロの対局の様子を見るのはNHK囲碁ぐらいしかないのですが、
皆さんなんか色々動いていらして、その様子を見てるだけでも結構楽しいです。

そのなかでも動きが多いのは趙治勲さんですね。
ハンカチをくわえる他にも、いろいろ動きが多くて楽しいです。

依田さんの扇子、
売り物の方の一期一会の字はどうも大人しすぎますね。
対局風景の一期一会の方が豪快で私は好きです。


どうもまとまらないコメントに…。

Posted by: toutoyo : 2004年05月09日 00:30

トラックバックありがとうございます。

「ヒカルの碁」から囲碁ファンになりましたけど自分じゃ打てません(>_<)。

私はどちらかと言うと,依田名人よりも山下九段や張本因坊の方が好みだったりします。

囲碁の扇子といえば,やはり張本因坊の「詰め碁」扇子はどうでしょう。詰め碁が趣味だと言う本因坊らしいですよね。
http://www.rakuten.co.jp/nihonkiin/427651/432676/433132/

前の投稿は「確認」してから「投稿」したのですが,文字抜けしてしまいました。ごめんなさい。

Posted by: トニイ : 2004年05月09日 07:29

とうとよさん、トニイさん、コメントありがとうございます。

>とうとよさん
趙治勲さんは囲碁を始めたばかりの頃、好きでした。リアクション大きいと見ていて楽しいですよね。
売り物の一期一会は、何度も書き直さされたのかもしれないですね(笑)。私も豪快な方が好きです。

>トニイさん
文字化け投稿は削除しておきました。
トニイさんは若手がお好きなのかな?
将来性があるから、もけもけも山下九段と張本因坊に注目してます。
よかったら「もけもけ流・囲碁入門」を読んで、一緒に囲碁ライフを楽しみませんか。

Posted by: もけもけ : 2004年05月09日 13:05

 こんにちは aquarius385 です。

 本因坊戦の第1局はすごかったですね。まだまだ長い戦いが続きますが、プロというのはその辺も考えて作戦を練るものなんでしょうか。もし、対局場に入れたりしたら、私などは足がすくんで動けなくなってしまいそうです。(入れるわけないけど……)

 ブログをちょくちょく拝見しておりました。これからも遊びにきます。

Posted by: aquarius385 : 2004年05月09日 13:47

aquarius385さん、コメントありがとうございます。読者さんが少しずつ増えてきて嬉しいな。

プロは作戦考えてるのかもしれないですね。もけもけのメル友プロさんも、対局の一週間前から対局に集中できるよう体調や精神面での準備を始めるそうです。

でも内容じたいは相手の手次第だから、細かい作戦は立てられないでしょうね。もけもけも碁会所レッスンに「今日はこういう作戦でいこう」と挑むんですが、すぐに作戦変更を余儀なくされちゃってます。プロと比べられないレベルの話ですが(笑)。

Posted by: もけもけ : 2004年05月09日 18:53

はじめまして。Trackback逆走してたどり着きました。

いやはや囲碁は祖父の影響で小学生の頃打っていただけで、今ではすっかり先を読むこともできないのですが、正に下らない「戯言」にTrackbackいただき恐縮です。

依田名人の逸話、楽しく拝読しました。何かあればコンゴトモヨロシクです。

Posted by: abiyis : 2004年05月10日 09:26

abiyisさん、コメントありがとうございます。

blogのページで囲碁関係の話題をあまり見かけることがないので、嬉しくてついトラックバックしてしまいました。
こちらこそどうぞよろしくです。

Posted by: もけもけ : 2004年05月10日 22:45