年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年04月14日

子供ホームページと大人ホームページ

 前回のもけもけのつぶやきで少し書きましたが、インターネットにおける子供が作った個人ホームページと大人が作った個人ホームページとの違いについて、つぶやいてみます。

 もけもけはついこの前まで、管理者が子供だろうが大人だろうが、ホームページで扱っているコンテンツと読者層が違うくらいのものだろうと思っていました。が、自分でホームページを作っている中学生の娘に尋ねてみると、どうもかなり様相が異なっているようです。

 まず、リンク。大人が管理者の個人ホームページでは、主に自分のサイトの宣伝目的で相互リンクをしたり、サーチエンジンに登録したりしますよね。もけもけも来訪者を増やしたくて、リンク登録したりメルマガまで発行して宣伝活動にいそしんでます。そのわりにアクセス数が伸びないんだけど…(涙)。

 子供が管理者の個人ホームページでは、リンクは宣伝目的ではないんだそうです。仲良しの管理者同士で相互リンクして、サイト同士の横のつながりをリンクで表現しているらしい。宣伝目的はないからサーチエンジンに登録するなんてこともしないし、そのときの交友状態によってリンク先をころころ変えるものなんだそうです。

 大人の個人サイトリンクはいったんリンクを貼れば半永久的にそのまま同じリンクを掲載し続けるけれど、子供サイトのリンク掲載はとても流動的なんだということ。そういえば、アクセスアップ目的でもけもけのサイトへのリンクを娘のホームページに掲載してもらったことがありましたが、しばらくしたら娘はそのリンクも削ってしまったらしい。最近、娘のサイトからもけもけのサイトへ誰も来なくなったから飽きられたかと思ってたら、そういうことだったんだなぁ。

 そんな流動的で宣伝もしないのに、意外に子供たちのサイトはアクセス数が多いのです。娘が運営してる弱小個人サイトで一日平均500アクセスらしい。多い日には最高1500アクセスあったそうです。もけもけアイランドと桁が二つも三つも違うんですけど…(苦笑)。子供が作ってる人気サイトの掲示板を一つ見せてもらったことがありますが、チャット以上にものすごい速さで書き込みが流れていくので驚愕してしまった。子供たちのサイトでは口コミと仲良しサイトの相互リンクが大きな役割を果たしているらしい。まさにホームページが社交の場となっているんですね。

 もうひとつ、お気に入りサイト選びが子供と大人では違うらしい。大人はそのサイトのコンテンツが自分にとって興味ある話題を扱っているかどうかが選択の大きな比重を持ってると思いますが、子供たちの場合はサイトデザインが重要な要素なんだそうです。デザインだけで選んでいる状態と言っても過言ではないらしい。コンテンツは重視しないんだそうです。

 子供たちの間で人気があるのは素材屋サイトだそうで、プリクラのような素材が流行っているそうな。素材屋といっても、自分が作った素材を広く使ってもらうために作ってるんじゃなくて、いかにかわいくてきれいな素材を上手に作れるか、素材屋同士で技術を競い合うことが主目的なんだって。すごいなぁ。っていうか、末恐ろしい気さえする。子供の吸収力はすさまじいからね。

 まとめると、大人のサイトは情報公開と情報収集のためのツール、子供たちのサイトはコミュニケーションのためのツールなのだと言えそうです。

 みなさんのご意見・ご感想も聞かせてくださいね!「コメント」に書き込みしてね。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年04月14日 12:34
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

あー、なるほどって感じすね。
でも、これ読んで気がつきましたが、うちのBBSって分類するなら子供のサイトみたいです。

Posted by: Elan : 2004年04月14日 16:39

Elanさんのサイト見ましたよー。どこが子供のサイトなんですか。子供ネタはあるけど、ちゃんと情報提供してる、まっとーなサイトじゃないですか。

Posted by: もけもけ : 2004年04月15日 02:24
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

※名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必須入力です。スパム対策はしてあります。
※メールアドレスはブログ上では表示されません。管理人にだけ通知されます。