年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年04月04日

ドコモのパケット定額制「パケ・ホーダイ」vs.KDDIの新戦略

 6月1日から始まるFOMAのiモードサービスが使い放題になるパケット定額プランは「パケ・ホーダイ」という名称に決まったようです。NTTらしい安易なネーミングのようだけど覚えやすいかもしれないね。

 月額3900円で提供することに決定したのは、やはりauのWIN定額制を視野に入れた戦略だったそうです。「これより安くできるもんならやってみろ」とauに対する挑戦状とも受け取れそう。

 auユーザーのもけもけとしては、auにも値下げを頑張ってもらってパケ・ホーダイと同額程度にしてもらえたらなぁと淡い期待を抱いています。

 ドコモ定額制についての前回の記事で「ドコモのはパソコンと接続した利用も定額制に含まれる」と書きましたが誤報となってしまいました。パケ・ホーダイでは、auWINと同じくPCやPDAでのデータ通信には定額は適用されないそうです。

 う〜む。よくぞ英断されたと感心してたんですが、見送っちゃったみたいですね。WINの場合も「月にいくら分のパケットを利用できるか」の競争をしてるユーザーがいるようで、中には通常料金なら100万円分のパケットを利用したツワモノもいたとか。PCにつないでみんなにそんな使い方をされたら、とんでもないことになりそうですもんね。

 定額制の料金だけを比べると、ドコモはauより月額300円安い点が注目されるでしょうが、端末代ではFOMAの方がかなり高いことを忘れちゃいけません。
どんどんスペックが変わって新機種が発表される携帯電話なだけに、購入から1年以内に機種変するユーザーも増えてきているんじゃないでしょうか。値段だけを比べるならFOMAとWINどちらがお徳かは微妙なところかもしれません。

 また、いまのところ、WINのEZチャンネルのような定額制に向けた新コンテンツの提供予定はドコモさんにはないそうです。でも「いまは必要ない」とか「やるつもりはない」と言ってても、わりと早く方針転換することが多いドコモなので意外に早いうちにEZチャンネルに対抗する何かを始めてくれるかも!?

 「嘘も方便」じゃないけど、期待させないでおいて突然サービスを発表する…それがドコモ流のやり方なのかもしれません。密かにキラーコンテンツの研究実験を進めてるんじゃないかともけもけは予想しますがどうなるでしょう!?

 対するauはEV-DOの次の拡張に着手し始めていることをほのめかしています。ポイントは「放送モード」と「無線LAN」。

 「放送モード」ではマルチキャスト(同胞配信)で1対1の通信ではなく、基地局からエリア内の複数のユーザーに同じデータを一斉に送信することで、テレビやラジオ放送に近いことができるようになるらしい。「無線LAN」では、cdmaOneの上に1X、その上に1x EV-DOが重ねられた上に、さらにワイヤレスブロードバンドを加える予定のようです。

 1Xが発売された頃までは、他キャリアの後追いをしていたauでしたが、純増好調なんだからこれからは強気で先行していって欲しいなぁ。

 ドコモの方向性とauの方向性の違いを分析した興味深い記事を見つけました。一読してみてください。
⇒「パケット料金改訂に垣間見えるドコモの『本音』と『本性』
 by神尾寿,ITmedia

※参考サイト
ITmedia Mobile

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年04月04日 08:21
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?

※名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必須入力です。スパム対策はしてあります。
※メールアドレスはブログ上では表示されません。管理人にだけ通知されます。