年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年03月14日

ペットのICチップ

 子供は、捨て猫、捨て犬、怪我した小鳥などを拾ってきて飼おうとするけど、ペットを捨ててるのは大人なんですよね。これって、とってもゆゆしきことだと思いませんか?

 テレビゲームの影響で、子供たちが命をリセットできるものと軽く見るようになってきているなんてときどき言われますが、もけもけは違うと思う。大人たちだって、命を軽んじたこといっぱいしてるじゃん!って。手に負えなくなった凶暴なワニガメを川に捨てたり、保健所行きになってる犬や猫は誰が捨てたの? 公園に野生化したノラ鶏が増えていたり、池に捨てられたカメが増えて魚が減ってしまった…なんて話も聞きますよね。

 アメリカの一青年イアン・フィリップスが作った「LOST」という本を知っていますか?

 話題を呼んでニュースや雑誌で紹介されているのを見たことがある人も多いんじゃないかと思いますが、この「LOST」という本は、愛するペットがある日突然いなくなって、町中を探し回った飼い主があちこちの電信柱に這っていた「ペット、探してます」の手作りポスターを世界中から集めて掲載した本です。心をこめてつくられたその素朴なポスター一枚一枚にイアン・フィリップスは「家族のパートナー」を失った悲しみ強い絆といった切ないドラマを見て「ポスターを一枚はがしたら、同じものを十枚コピーしてあちこちに貼っておきましょう」というメッセージを添えています。

 世の中には、ペットを愛する人もいれば、無責任な飼い方をしたり放棄する人がいる。なんだか、やるせなくなりません?

 そこで開発されたのが、固体識別番号入りのICチップです。豆粒代の小ささで専用の注射器を使って犬や猫、その他のペットの皮下に接種して埋め込むんだそうです。埋め込まれたチップは「リーダー」「スキャナー」といった専用機器を使ってチップ内の個体識別番号を読み取り、予めチップ内の番号で登録されているペットや飼い主様の情報を得る事が出来るという仕組み。小さいからペットの負担もないそうです。

 もともとは、天災によって離ればなれになってしまったペットや、雷などに怯えてパニックに陥って家から飛び出してしまったペットなど、迷子になったペットを見つけやすくするために作られたものです。でも、これって、迷子探しだけじゃなく、無責任な飼い主探しに使えますよね!

 日本では、飼い主や里親の見つからなかった犬や猫が毎年60万匹程殺処分されているそうです。この内20%程は逃走による迷子や飼い主様の飼育放棄が原因なのだそう。犬猫だけでこの数なんだから、他のペットも合わせたらもっと膨大な数になるでしょう。

 同じ考えから、すでに欧米諸国やオーストラリアではペットのマイクロチップが義務化されています。血統書には「刺青」または「マイクロチップ」の登録番号が記載されています。

 日本でも少しずつではありますが、マイクロチップを義務化しようという運動が始まりつつあるそうです。都市基盤整備公団が引越しによるペットの置き去りをなくそうと、ペット共生住宅で飼育される猫についてはマイクロチップの接種を義務付けたり、獣医師会がマイクロチップを普及させる運動を始めています。

 でも、日本人は欧米人とは考え方や慣習が違うので、義務化するまでには相当の年月がかかりそうですね。

 例えば、犬や猫が日本では生後まもなく親から引き離されてペットショップの狭い陳列棚に閉じ込められて売られていますが、欧米ではこういったやり方は考えられない販売方法なのです。日本のペットショップでの生体陳列販売はペットの成長に支障があるだけでなく、無責任な飼い主を生じている大きな原因の一つだと思います。

 「どうする?アイフル〜」のテレビCMも、クーちゃんのかわいらしさだけが評判になっていますが、あれは、まさにペットの衝動買いですよね。私は始めて観たとき、ものすごく嫌悪感を感じました。どうやらクレームがあちこちからあったようで、しばらくするとCMの中で「ペットは生き物だから衝動買いはやめましょう」っていう趣旨のテロップが付いていましたが。

 あんなCMを平気で放送し、それをまた受け入れて喜ぶ国民性。わたしゃ、情けなく思いましたね。

 マイクロチップでなくとも他に簡単な方法があるなら、早く法整備して、ペットに責任を持たない「飼い主を監督する」世の中にならないかと願ってやみません。

 もひとつ、できたらペットを飼うのに資格が必要なようにしちゃえばいいとも思います。飼い方の最小限の知識を研修等で学んで単位を取得させ、資格をもらって初めてペットを飼えるようにしたらいいんじゃないでしょうか。そしてその資格は免許みたいにして、たまに飼育状態の抜き打ちチェックを行うのです。いったん資格を取得しても、その後の飼育状態によっては点数減点、場合によっては資格剥奪までしちゃう!ってのはどう?

 ペットを本当に愛して一緒に暮らそうと思う人は、少々の面倒くささや手間をおしまないと思うんですが…。まー、ペット産業に携わってる会社やお店から猛反対を受けそうな案だし、実現可能性は限りなくゼロに近いでしょうね。

 もけもけの戯言です。でも気持ちはマジですよ。

 最後に、上記に出てきた「LOST」という本を購入できるオフィシャル・ショッピングサイトを紹介しておきますね。「LOST」が「FOUND」になるようにという「LOST&FOUND運動」も推進しているサイトです。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年03月14日 03:44
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

はじめまして わたしも全く同じ考えです
とにかくお金儲けだけのペットショップを一日も早くなくして欲しいのと (売れなかったペットは処分なんて まるで商品、生き物なのに)マイクロチップによる飼い主の管理やしつけ教室の義務など 徹底してほしい ほんとに日本が嫌になりますね あまりにも勝手すぎて 法律が一日も早く変わって欲しいです。 

Posted by: 紀伊 亜子  : 2006年05月23日 23:42