年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年03月29日

都市伝説の定義ってあるの?

 「都市伝説」という言葉、最近すっかり定着しましたね。

 でも、人から「都市伝説って何?」と尋ねられたとき、あなたは簡単に説明してあげられますか? 今回は、都市伝説について、具体例を挙げながら定義を考えてみよう!というのがテーマです。

 有名な都市伝説といえば、「見世物小屋の人間だるま」「猫を電子レンジにかけた話」「ピアスの穴から出た白い糸」「ベッドの下の包丁男」など、誰でも都市伝説のひとつや二つは聞いたことがあると思います。怪談話のようなものから医療や科学的なジャンルのものまで、実に幅広いジャンルに渡っています。

 もけもけ的には「伝承(言い伝え)」や「迷信」「民話」に近いものじゃないかと思っていましたが、どれも都市伝説とイコールではくくれない感じがしますよね。そこでネットで都市伝説の定義を調べてみましたが、簡潔に定義してあるページは見つけ出せませんでした。

 いくつかのページから書き出してみると、

・大半は虚構でありながらも揺るぎ無い真実として流布する、奇怪でありながらもいかにもありそうな話。

・根拠をもたない怪談話や不可解な話。

・「デマ」「噂」「流行している小話、ジョーク」の要素を限りなく含みつつ、一部の人にとっては完全な事実として機能する、社会全般に非活字的に伝わるストーリー。荒唐無稽のようでどことなくありそうな内容、「友達の友達から聞いた」というのが普通の伝搬経路という特徴をもつ。

・事実としての確定は難しいが、いかにもリアリティのあるフォークロア。市井の世人が参加することで、生き生きとしてくる「物語」。カルトな「事実」。利害を意図せず「都市」で流布されている話。

・根拠の無いうわさ、流言の一種。ただし、通常の流言が広まる背景には、扱われている情報の内容の重要性が関係しているのに対し、都市伝説の場合は単に話のタネとして面白いかどうかが強く影響している。

・都市化が進んだ現代に生まれる伝説。

・まことしやかに語り継がれる噂話。実は本当の話ではないのだけれど、かなりの広範囲の人々の間で「本当の話」として広まっている話。

・実話として話され、現在起こっているという話。都市を媒介にして人から人へ伝わり、広い地域または多くの人の間に広まる。世相を反映する。

・どのように発生したか分からず、かつ様々なバリエーションに変化しながら自然に広がる話。ホラーもしくはユーモアの要素を含んでいて、話の種になる。嘘とは限らない。都市伝説はなにがしかの元ネタがある。しかし、その事実がズレてしまい、なにか興味を引くものになる。

・いかにもありそうな、それでいて日常から逸脱した話。口コミで(最近ではネットでも)広がり、『友達の友達(先輩、恋人、家族)』が体験した話であると伝えられる。基本的に、現在(少なくとも戦後)の話。地方ローカルではなく、全国的に、誰もが聞いた事がある。

などなど。いかがですか? なるほどと思ってみても、どれも、一言では言い表せてなかったり、言葉足らずだったりする感じがしませんか? 都市伝説という言葉は、現代に定着した一つの用語ではありますが、どうやら定義はまだはっきりしていないようです。

 都市伝説が人から人へ語り継がれるという性質を持っていることから「うわさ」の一種であることは間違いないようですが、それだけでは他の類義語との区別ができませんね。

 都市伝説の類義語として思い浮かぶのは「迷信」「民間伝承(言い伝え)」「説話(民話、昔話、おとぎ話)」などでしょうか。調べてみると「疑似科学」というのも類義語になりそうです。でも、類義語は類義語でしかなく、同義ではないんですよね。

 これらの類義語と都市伝説との違いは、けっこうハッキリした部分があります。

(1)迷信
 都市伝説との大きな違いは二つ。一つは、都市伝説は現代社会で起こっている話とされているのに対し、迷信は昔のものも含まれるということ。もう一つは、迷信は社会に悪影響を及ぼすようなものが多いのに対し、都市伝説は社会への影響がない類の話であること。

(2)民間伝承(言い伝え)民間伝承は歴史的なことであるのに対し、都市伝説は都市化した現代社会での話に限定されていることが違う。また、民間伝承は過去にあった具体的な事物と結びついているが、都市伝説にはそのような根拠となる事物は存在しない。

(3)説話(民話、昔話、おとぎ話)
 これも民間伝承と同じく過去の話である点が都市伝説とは大きく異なる。

(4)疑似科学
 疑似科学は科学的であることを装っている分、社会に与える悪影響が大きいが、都市伝説は悪影響を及ぼすものではない。

 どうですか? なに? ますます分からなくなったって?

 まあ、いいじゃないですか。都市伝説っていうのはブラックユーモアみたいに娯楽性の高い話なんで、これ以上のかたい話は終わりにしましょう。

 余談になりますが、先日もけもけ愛用のノートパソコンSONY VAIOのハードディスクがお亡くなりになってしまいました。「ソニー製品には『ソニー・タイマー』というタイマーが密かに仕組まれていて、保証期間を経過した直後に故障するようタイマーがセットされている」という話を聞いたことがあります。もけもけのVAIOは保証延長サービスに加入していたので期間内ではあったのですが、通常の1年保証だけだったとしたら…。ゾォ〜…

 この「ソニー・タイマー」の話、都市伝説にならないよう、ソニーさん、頑張っていい製品作ってくださいね!

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年03月29日 08:58
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント

「迷信は社会的悪影響を及ぼすものが多い」とされていますが、これは間違いですね。一部のものには該当しますが。
理由が無茶苦茶なだけで好影響のものはたくさんあります。
もちろん「都市伝説は悪影響なし」というのも大間違いです。都市伝説の流布によって何の罪もない人物が身の危険にさらされたり企業の売上が落ちたり社会がパニックに陥ったりということは決して珍しいことではありません。

Posted by: esto : 2007年05月13日 18:40

estoさんは迷信とか都市伝説にお詳しそうですね。
学者さんかなにかですか?
ご意見くださり、ありがとうございました。
上に書いたものはネットで調べたものなので、私自身は素人なのです。
具体的な事例などを挙げて教えていただければ、より嬉しいです。

Posted by: もけもけ : 2007年05月18日 22:15