年末特別セール100%OFF! オリジナルカレンダー、似顔絵住所ラベルなど VistaPrint
2004年03月12日

もけもけの不思議体験の一部を紹介

 複数のソレ系の雑誌でも紹介されたことのある体験談です。もけもけが小学2年の頃、体験した実話です。

 もけが小学2年生の夏休み中の出来事です。

 忘れもしない8月13日の朝。両親は朝から仕事に出かけていて、もけもけはラジオ体操をさぼって朝10時くらいまで寝坊してまだ布団の中。「ピンポーン」と来客を告げる玄関のチャイムの音で目が覚めたんだけど、眠くてそのまま無視しようと思いました。

 でも、来客は帰る気配がなく、チャイムが休み休みに鳴り続けます。「も〜しつこい客だなぁ」と、あきらめて着替えて玄関前に出て行くと、チャイムの押しボタンの前に、4歳年上の私の姉がぽつんと一人立っていました。

 「なんだ、お姉ちゃん、いたのか」と言った私に対して、驚いた表情の姉が「誰もいないのにチャイムが鳴ってる」と答えました。姉の話によると、来客だと思って玄関に出たけど誰もいない、ピンポンダッシュのいたずらかと思い周りを探してみたけど誰かが隠れている様子もない、おかしいなーとチャイムのボタンの前に帰ってきたら、誰もいないし誰も押していないのに目の前でチャイムが鳴って驚いていたところだったそうです。

 「そんな馬鹿な…」と話していた私たち二人の目の前で、また誰も押していないチャイムが「ピンポーン、ピンポーン」と鳴り始めました…つづく。

 つづきが読みたい人は「もけもけの不思議日記」2003年1月分を読んでね。この話には後日談もあります。他の体験談や不思議雑記も掲載してるよ。

CoRichブログランキング



他の人気ブログを読みたい方はこちらへどうぞ⇒人気blogランキング ブログランキングranQ
投稿者 もけもけ : 2004年03月12日 03:36
★あまぞんブログでAmazonの商品とカスタマーレビューを一覧して読めるようになりました!キーワードを入力して利用してくださいね↓
PR
囲碁用品
携帯電話グッズ
おもしろグッズ
ペットグッズ

コメント